世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:季節

2020年06月18日(木)

マスクチャレンジの意味(変なことやるの大好きです(笑))

どこまでも突き抜けそうな青空。梅雨に入ったということですが、雪に続き雨も降らないですね。大丈夫かなぁ~。でも毎日気持ちよく過ごしております。

さて、今回はフェイスブックに記載した記事を転用します。・・・というのも普通に描いただけなのですが、問い合わせが多いので特に意味がなく自戒のために記載したのですが、説明するのも面倒ですのでこちらにも記載しました(笑)

私は3月末あたりから毎日マスクをつけた写真をアップしておりました。
これがマスクチャレンジの日々を動画にしました。

マスクチャレンジ前半です。まだ寒く、マフラーしていました。

マスクチャレンジ後半です。暑くなり、半そでです。季節の変わり目でしたね。

このような写真をSNSに毎日アップしていると、様々なお客様が楽しんでいるというメッセージをいただき私も嬉しく思いました。
ただ、実はこのマスクチャレンジ・・・ちょっとした意味がありました。
下記にフェイスブックに記載した内容です。

—–
なぜ僕がマスクちゃれんじをしたか・・・あまり深くなく、衝動的にやったので気にしないでくださいね~ただ、興味のある人は読んでみてください。

【ご注意】下記に記載しているのは政治的批判でもなく、感じたことを行動で示したらどうなるかということですので、スレッドに政治的なディスカッションはやめてくださいね。
※批判的なものがあったら削除すると思うのでご了承ください。

さて、なぜ、マスクチャレンジをかってにしていたか記載しました。誤解があるようですが、私のアップした写真はすべてマスクではなくハンカチや手拭を折って使っています。

縫う必要もなく、朝起きたら、このハンカチ使おうと思ったものと紐を2つを準備し、折ったハンカチの両脇に通してやればいいのでいくらでもマスクを準備できます。家にあるものを使うのでお金もかからず、家内や自分で縫って作ったわけでもないので、家族に苦労かけさせません。1分で手軽に準備できます。

このマスクチャレンジを始めたのはちょうど安倍首相がマスクを全世帯に配ると発表された時からです。

私たちの会社はレストランの客がいなくなり、月1300万円くらいの売上が一気に100万円もいかなくなりました。ビールや酒の卸もストップし、会社全体でも売上が70%以上減収してしまいました。また自粛要請はあるものの雇用は守れと言われ、補償がないという世の中で、光が見えない状況でした。すぐにお金借りにいってなんとか経営していますが・・・なんだかなぁ~と思う日々でした(笑)

正直マスクがこんなに遅くなるなら全世帯に配る予算をもう少し日本全体の復興につかえないのかなぁと思ったのがきっかけです。私のは2か月半は、マスクを政府が配らなくても自分たちで作れますよ~ハンカチとひもがあれば・・・という無言の訴え(笑)で、欲をいうとマスク配る予算をぜひほかに使ってほしいというメッセージでした。(まぁ誰にも伝わらなかったと思うので大失敗ですが(笑))

僕は表立って批判するのは好きではないし、議員さんもがんばってはいるとは思うので、静かに伝えることはできないかとガンジーをまねてマスクチャレンジをしましたが・・・

やはりコミュニケーションは伝わらないと意味がないと自分の知恵の無さに笑ってしまいました~。

マスク配るのは466億円とか言われていますが、もしそうなら、各県に10億づつ配って各県がそれぞれ現場で考えて使えたらもう少し違っているのではとか・・・いろいろ考えます。

実際にアベノマスクしている国会議員は安倍首相以外みたことがないです。また、自民党系議員さんでつけている人みたことがないなぁ・・・どうしてだろう????疑問も多く残った出来事でした。

さらに届き始めたら熱中症があるので、人が密ではないところではつけなくていいですよ・・・って。

ちなみに社員25名以上いる世嬉の一にも2枚のマスクは届きました。寄付しましたが、寄付先でも使うのかなぁ?今薄手の使い捨てマスク普通に売っているものなぁ・・・ぼくも小さい会社のリーダーですので、このことから次の教訓学べました。
・リーダーが現場を知らないと、時にとんでもない間違った決断をする可能性があるということ。だから常に現場を知る努力をしようと思った。
・自分の周りにはきちんとしたアドバイザーが必要だということ・いったん決めてもだめだと思ったらすぐに方向転換できるようにすること
・物事はスピードが大切等々です。そして残念だったのですが、零細企業がこのコロナ不況を乗り切るのは、自分たち自身でやらなければならないと感じました。
おかげさまでこの2か月の間、新しいことばかりチャレンジできました。

そして、支えてくれるのは、お客様やスタッフなんだなぁと強く感じました。
本当に感謝です。この期間、通販で買ってくれたり、地域の施設が消毒液を買ってくれたりで本当に生き延びたという感じです。

周りで経営をあきらめたり心が折れたりしている経営者をみていると本当に心が痛くなります。
自分がまだまだやれているのは多くの人のおかげだなぁと思いました。

願わくばいい国、いい地域になるように国も県も市も新しいアイディアをだして乗り切ってほしいなぁと思いました。もしよかったらマスクではないという意識で動画見てくださいね~そしてぼくら世嬉の一はマスクして接客しているんで安心してご来店くださいね(笑)今日もよろしくお願いします。
——–

以上ですが・・・魚をあげるより、取り方を教えなさいという格言がありますが、そんな感じですね(笑)

だから世嬉の一スタッフもコロナ下でも何ができるか必死にもがきつつ成長しています。
今日も世嬉の一はマスクをしつつ、元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion


Posted by sekinoichi at 02:14

2020年06月03日(水)

攻めの経営その1「新店舗オープンします」THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzo

天気の良い世嬉の一。今年は猛暑になりそうですね。冬は雪がなくなって、夏は暑い・・・温暖化なのでしょうか?
さて、新型コロナウィルスの影響でまったくお客様が来なくなって早2か月。
世嬉の一も他のサービス業と同様、お客様がおらずどうやって雇用を守ろうと必死にもがいてきた数日でした。

おかげさまで、THE BREWERS Hiraizumiも5月30日から再開し、例年の30%くらいのお客様ですが、なんとか再開し始めました。
蔵元レストランの方はまだまだ難しいので、交代で出社し、清掃や草取り、時々テイクアウト、商品開発などを行っていました。スタッフたちも一生懸命。
でもやはり未来に向けて明るさと安心がないと・・・

そこで、THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoを本格オープンすることにしました。世間にコロナが蔓延し始めた時に、観光客ではなく、地元の方に来てもらえる店に作り替えようとして取り組んでいます。

初めて、チラシを出します!今回は6月13日からオープンしますが、地域の方々に対してオープンしようと思います。

また、席数も広く取ろうと思います(ソーシャルディスタンス?)

自家製チーズケーキセットも創ります。
アンカーコーヒーさんの豆を使用して一杯づつ入れるコーヒーです。

また、壁面には地域の作家さん(戸田幸恵さんの商品、丸山漆器さんの商品)なども展示しております。

はじめはうまくいくかわかりませんが、この時期を世嬉の一の生まれ変わる時期と捉えて、今こそ攻めの経営をしていこうと思います。

実はこれ以外にも商品開発やら、様々なことを企画しています。

コロナや景気や政府行政のせいにしても生き残れない、自分たちで切り開く!

そんな気持ちでスタッフ一人一人が燃えています。

THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoはちょっといい雰囲気のカフェでお客様を和ませれるようにしたいと思います。

今日も世嬉の一は、新しいことにチャレンジして元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi



Posted by sekinoichi at 06:48

2020年05月30日(土)

59日ぶりの営業再開!The Brewers Hiraizumi!!!やったー営業できる!!!


私たちのお店The Brewers Hiraizumiは、平泉中尊寺第一駐車場内にあります。4月10日、突然町役場の方々が来られて、第一駐車場の閉鎖を行いました。世界遺産平泉であるため、県外客が多いため新型コロナウィルスの拡散を防ぐためです。・・・が私たちは、駐車場を閉鎖されるとテイクアウトもできず、11日からお店を締めておりました。

今回、非常事態宣言解除に伴い、駐車場が解禁され、6月1日より県境を越えた移動も大丈夫になります。県境にある町としてはほっとしますね。

そこで、The Brewers Hiraizumiも5月30日(土)から久々のオープンしました。

お客様がどのくらい来られるかわかりませんが、朝から食材の仕込みをしていい香りが店の中を包んでいます。クロワッサンの焼き上げる香り、平泉カレーの仕込みの香り、いいですね。動き出すって!

3蜜防止のためにいろいろ対策もとりましたよ。

基本、暖かいので窓は解放しております。

ソーシャルディスタンス用の線!

カウンターには、一応間仕切り!

そして、再開後初めてのお客様、焼きたてのクロワッサンと出来立てのわんかっぷりんを購入していただきました。再開した~という感じです。

もちろん、テイクアウトも行います。

今日からまた、旅行客、観光客、地元の方々にThe Brewers Hiraizumiのサービスをしていきたいと思います。

すこしづつ日常にもどりつつある日々を喜びをもって感じております。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

ブルワー君ソフトも元気にお待ちしております。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi



Posted by sekinoichi at 10:52

2020年05月27日(水)

愛心幼稚園児たちが田植えに来てくれました。(一関もち食文化の体験)

世嬉の一の敷地内には、様々な小鳥が鳴き、様々な花が咲いております。

さて、今日は毎年恒例の愛心幼稚園の園児の田植え体験です。毎年、園児たちに餅米の稲を植え、稲刈りまで体験を行っています。小さいときから自然と地域の食文化に触れていってほしいですね。
さて、今朝から元気な子供たちの声が敷地内にこだましました。

愛心幼稚園は本当に近所で2ブロック先から手をつないで歩いてきてくれます。かわいいですね。例年よりマスコミの方々も多く、びっくり。聞くと、イベントが中止だらけでコロナ以外のニュースが少ないとか・・・
さて、子供たちはそんなことは関係なく、どろんこの上に入ることが喜んでいます。

どろんこの中に入って、ヒメノモチの苗を一つ一つ植えていきます。

子供たちは一生懸命、そして楽しんでいるのですが、幼稚園の先生はお尻を汚さないように、必死でちょっとそのギャップが面白かったです。

子供たちが苗を植え終わった後には、この地域で恒例の田植え餅を食べていただきました。

小さいうちから地域文化に触れることで、子供たちの人生が豊かになれば嬉しく、世嬉の一がその一助になれれば幸いです。

これからはこの苗を大切に育て、子供たちが、秋に稲刈りに来てくれることを楽しみにしております。

今日も世嬉の一は、小さいお子さんに元気をもらい、地域文化を守り元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 11:04

2020年05月24日(日)

安心してください。普通に営業しております。平泉にあるカフェは5月30日から

世嬉の一の敷地内には野草が咲いてきております。また、お客様が少ないせいか、日中から小鳥やカエルの鳴き声が元気に響いております。

素敵な時間を過ごしております。

さて、昨日ビール会社関係の友人が隣の県宮城県塩釜市から来てくれました。今後のことで打ち合わせでしたが、その際、岩手県は感染者ゼロだから迷惑かけないように気をつけてきました。と言われました。
そして、県外の人を嫌がるのではと思っていました。と話されて、「え!」と思いました。

なるほど・・・岩手県コロナ患者ゼロだから余計、気にする人はいるのでしょうね。当社は特に気にしておりません。というか、もともと微生物を扱う酒造会社ですので、どのようにすれば感染を防げるか、菌に関してもある程度の自信があります。過剰ではないですが、適度に感染防止策をねっているのでお客様には安心してきていただきたいです。

岩手県知事も県外の往来に関して禁止しておりません。

https://mainichi.jp/articles/20200516/ddl/k03/040/052000c

さて、当社ではどのように対策しているか・・・特に蔵元レストラン世嬉の一の場合は・・・下記のようにしています。

まずは、入り口には消毒液!(当社で製造しているアマビエ65%があります)

天井の高いレストランホール、もとは窯場に使われ、天井には湯気抜きがあり、暖房効率超非効率というくらい、天井と換気の多いレストランです。

さらに、さりげなくテーブルの間には衝立を置き、飛沫防止をおしゃれに演出(笑)

そして、ソーシャルディスタンスを保つため、間の席には・・・・

俺の席だといわんばかりの子熊が座っていますので、ソーシャルディスタンスをとりつつ、コロナでイガイガした心も癒してくれます。

スタッフたちも、一回接客したら手を洗うこと、マスク着用での接客をすることなどを決め、安心してお客様にご利用いただいております。

私どもとしては、県境にある地域で100年以上仕事をさせていただいておりますので、どこの地区だから来ないでくださいということはありません。

等しくお客様がご来店されたらサービスをさせていただいております。

ただし、あまりにも咳がひどいお客様や、マスクエチケット等の他のお客様が不安になる場合にはご遠慮していただく場合がありますのでご容赦ください。

現実的に、岩手県の飲食店でも様々なお店があることは存じておりますが、世嬉の一酒造においては、「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」という名の通り、蔵元レストラン世嬉の一も「世の人々が嬉しくなる一番の場づくり」を目指して、営業をしております。

どうぞ気軽に遊びにお越しください。

尚、平泉にあるThe Brewers hiraizumi(カフェ)は、中尊寺金色堂の閉鎖および、当社のお店がある町営駐車場が入場禁止のため、営業を断念しておりましたが、1日から金色堂が空くということで、5月30日(土)より営業を再開いたします。

こちらもなにとぞよろしくお願いします。

どんな状況でもお客様に喜んでいただくため、今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—-PR—–

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 12:46