世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:新聞切抜き帖

2019年03月29日(金)

JALの機内誌AGORAに「はまゆりエール」を掲載していただきました。

世嬉の一の裏手の磐井川の堤防工事が終わり先日桜の植樹も終わりました。2mかさ上げしたので、須川岳まできれいに見えます。

川の近くの風景ってきれいですね。

さて、今日は先日取材いただいた方から冊子を送ってきていただきました。

JALの機内誌のAGORAという冊子です。

この冊子にいわて蔵ビールで製造している「はまゆりエール」が掲載されています。

はまゆりエールは、北里大学海洋バイオテクノロジー研究所と一緒に開発したビールです。

釜石市の浜百合から酵母を採取して醸造したビールです。

当社では販売していません。釜石市でのみ販売でしていますので、お問い合わせしてみてください。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—————PR———————-

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/kessann

 

春限定商品~桜嵐IPA pinktyhoon~只今販売中!

 

復活!周年ビール Dear BABY!!!限定発売

今年はDEARBABY復活して醸造しました。限定1000本です。現在予約受付中
 

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 10:09

2019年03月14日(木)

おさんぽジャパンで親子共演!?

先日、世嬉の一酒造に国分太一さんがやってきました。「おさんぽジャパン」という番組に当社が取り上げられたからです!!!

国分さんが当社に来た時、ざしきわらしちゃん達はあ!ダッシュ島の人が来た!!!と喜んでいました。

ただ、おねえさん座敷童ちゃんは恥ずかしくて出てこなかったのですが・・・・

妹座敷童ちゃんは私と遠藤さんが撮影しているところに、ちゃっかり前掛けして出てきました。私もびっくり!!!

国分さんが気づいて声をかけていただいて、テレビにちゃっかり出てしまいました。

初めての共演です。

国分さんはやさしく、撮影をすすめてくれて座敷童ちゃんたちにもいい思い出になったと思います。

取材は、当社のお酒や、ビール、お餅でした。

とてもいい記念ですね。

スタッフ達も大喜び!

番組スタッフの皆様、ありがとうございます。

放送は、3月6-7日にフジテレビで放送されました。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

 

—————PR———————-

 

 

春限定商品~桜嵐IPA pinktyhoon~只今販売中!

 

復活!周年ビール Dear BABY!!!限定発売

今年はDEARBABY復活して醸造しました。限定1000本です。現在予約受付中
 

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 02:19

2019年03月02日(土)

蔵元レストラン 世嬉の一がずいぶん掲載されました。ありがたいことです!広がるもち文化

新幹線に乗ったら、当社「蔵元レストラン 世嬉の一」特集か!!!と思うくらいの記事にびっくり。

まず表紙が当社の果報餅膳ではないですか!!!

JR東日本のトランヴェールで一関のもち食文化を取材していただいた記事です。

この絵欲しいですね~

中の記事も当社の果報餅膳、もちフォンデュや、餅つき体験、餅本膳体験など掲載されております。

ぜひ東北新幹線に乗ったらご覧ください。

 

また、もう一冊!

AirDOの機内誌にも掲載されました!

もち、ジャズ巡礼ということで、蔵元レストラン世嬉の一とジャズ喫茶ベイシーが掲載されています。

すごいですよね。

当社の先代(三代目 佐藤 晄僖とその妻 紘子)は、一関に名物がすくない、一関の人が自慢是できるものをと考え、この地域に残っていた文化、もち食文化に注目しました。

それから30年、この雑誌にも掲載されている佐藤育郎先生や、農協さん、もう引退した市役所の方々の皆様とずーっと餅で町おこしをしてきました。

最初は、もちなんか・・・という人も大勢いたそうです。

餅でレストランやるなんて・・・という人も多かったです。

また、当社のレストランは当初懐石料理だったのですが、餅料理を出すと行ったときに料理長はじめみんなが総上がり(退職)したそうです。

それでも先代紘子が中心となり、調理場を切り盛りし、郷土料理・餅料理のレストランとして続けていました。

今はもち食文化がさまざまなところに掲載され、広まっています。

そして町が活性化しています。先代やその仲間の方々に感謝です。

私たちはそれを受け継ぎさらに大きくなるよう努力しようと思います。

今日も世嬉の一はもち食文化を伝え元気に営業中です。

—————PR———————-

 

春限定商品~桜嵐IPA pinktyhoon~只今予約受付中!

 

復活!周年ビール Dear BABY!!!限定発売

今年はDEARBABY復活して醸造しました。限定1000本です。現在予約受付中
 

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 04:48

2019年02月03日(日)

ビール王国に山椒エール、そして私が・・・・

天気の良い世嬉の一。太陽が非常に温かい・・・雪が少ない、今年は暖冬なのですね。

さて、そんな中、毎回購読している「ビール王国」の記事をみて感動です。

ビール王国は、クラフトビールを中心に様々な記事が掲載されて勉強になります。

その中でも、今回様々な角度で私たちいわて蔵ビールを取り上げていただきました。

「スタイルを超えた先にある新しいビール」では、当社の山椒エールが最初のページに・・・

さらに、〆のビールというページには私の似顔絵と共に、記事が・・・

似顔絵がすごく似ているのに、本人よりかっこいい。

私はすごく気に入っています。

なんかいいこと書いていますよ(笑)

なんか素敵でしょう(笑)

ぜひ書店で見つけたらビール王国ご購入ください。

この度は取材してくれたビール王国様、イラストと取材してくれた磯貝様ありがとうございます。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

 

—————PR———————-

おちょこに入った生チョコレート(限定200セット)

お申し込みはこちら

幸せのバレンタインビールも予約受付中。

詳細はこちら

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 02:16

2015年12月28日(月)

当社の会長が長年行っている活動が記事になりました。(文学の蔵運動)

東北全域に記載されている、河北新報。

この河北新報に、当社の会長も参加しており、自社の蔵の一角にある、文学の蔵の運動が掲載されました。

一ノ関には、様々な蔵があります。当社は酒の蔵です。そして、当社から5分もしないところに、タモリさんもくる

ジャズ喫茶ベイシーという蔵のカフエがあります。こちらは音楽の蔵。

そうして、当社の一角に小さい文学の蔵があります。

当社の会長と地元の作家 故三好先生や及川和男先生と一緒に立ち上げた文学の蔵です。

一ノ関には、三好先生や及川先生の他に、島崎藤村、井上ひさしさんや阿佐田哲也さんなどゆかりのある人がたくさんいます。

そんな方々を伝えていく活動をされていました。

とても心地のいい場所です。

河北新報2015.12.27

世嬉の一は、地域の資産を活かし今日も元気に営業しております。

 

※年末の営業は30日までとなっております。新年は2日から営業しております。



Posted by sekinoichi at 10:17