世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:ビールの知識

2019年11月12日(火)

スーパーLIFEさんで特別なビール販売しています。

秋晴れの世嬉の一。風が強いですね。
銀杏の木の黄色が美しいです。レストランの前のモミジはまだ紅葉していないですね。場所によって違いがありますね。

さて、以前ブログで謎のビールの説明をしました。
10月28日に出荷の様子です。
http://sekinoichi.co.jp/blog/archives/9323

これがオープンになりました!

スーパーライフさんとの共同企画でフレッシュホップIBUKIを使用した「ホップシャワー」です。

ホップの香り豊かなビールでいわて蔵ビールのラインナップにないスタイルです。

ビール女子さんでも紹介されました。

https://beergirl.net/hop-shower-ipa/

11月5日より、関東圏のスーパー「LIFE」さん限定で販売しております。

飲むと、いわて蔵ビール???と思うくらい待った異なったコンセプトで醸造しています;。共同開発だからできたビールですね。

ビール醸造スタッフたちも大満足!
関東にお住いのみなさん、ぜひお近くのLIFEさんでご購入してみてください。

——PR——-

冬のお歳暮ギフトはこちらから
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/giftpamphlet

バーレーワインの予約開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

クリスマスビール 欧風聖夜麦酒のご予約を開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/xmas_limited_beer

http:// 丸森町寄付のビールはこちらから https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd482





Posted by sekinoichi at 11:07

2019年10月23日(水)

世嬉の一でできること・・・台風19号被害に関して

秋晴れの素敵な空の下、干し柿がいい感じになってきました。

さて、台風19号で被害にあわれた多くのお客様にお見舞い申し上げます。

この被害に関して、特に同じ東北での被害を目にする度に心を痛めておりました。また、同じ街づくり会社の理事長松本さんが丸森町に支援に行くたびに私たちにできることは何かないかと心にざわざわしていました。

私たちでできること、小さいことですが、下記のご支援をしたいと思います。ご賛同される方はご協力いただければ幸いです。

実は私どもいわて蔵ビールは、数か月前にあるオーダーを受けておりました。
宮城県丸森町の株式会社GM7という会社から 丸森町の特産のお米を使用したビールの醸造です。
株式会社GM7様は、丸森町を東日本大震災からの復興や地域の活性化のため、活動している地域商社です。
私たちはご依頼の丸森町のお米を使用したビール「丸森ゴールド」を醸造し、GM7様は9月3日にリリース し、これから販売するところでした。
しかし、先の台風19号で、株式会社GM7様の事務所は水がかぶり、
これから出荷するお米や当社で製造したビールなどすべて泥の中になりました。
また、冷蔵設備やそのほかも泥に埋もれています。


現在、ボランティアの方々も来て泥の掻き出しや清掃を行っている状況です。
彼らは、町の復興のため今日も努力しております。

私たちいわて蔵ビールも何かできないかと思い、彼らから依頼されていたビールを当社で代わりに販売し、売上を彼らに寄付したいと思います。
もしご賛同いただける方がおりましたら、ぜひビールを飲んで応援していただければとおもいます。

丸森町の株式会社GM7様の音羽様からのメッセージです。
『この度の台風19号により、丸森町にある弊社のオフィス・倉庫は全損被害を受けました。
現在、全国からのご支援ご声援を頂きながら、復旧作業に奔走しております。
1日も早く業務を再開し、丸森町の復興のために力を尽くしていく所存です。』

価格は、GM7様が販売する予定だった価格で販売します。
ご賛同いただける方は何卒よろしくお願いします。(こちらのサイトで販売しています)
↓ ↓ ↓
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd482

小さいことですが、私たちでできること、そして、株式会社GM7のスタッフが前のように地域を活性化する活動を行えるよう応援したいと思います。

何卒よろしくお願いします。

——PR——-

冬のお歳暮ギフトはこちらから
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/giftpamphlet

丸森町寄付のビールはこちらから
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd482
季節限定ビールパンプキンエールはこちらです。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/pumpkin_ale


Posted by sekinoichi at 10:59

2019年07月12日(金)

トメィトビール開発中~

今日も雨の世嬉の一。アジサイが綺麗に咲き始めました。過ごしやすい気温でスタッフみんな元気に過ごしております。

さて、今日は一関市のJAいわて平泉の農産物果出荷センターに行ってきました。同じ一関ですが、車で40分くらいかかるところで、久しぶりにその地区まで足を運びました。

大きな出荷センターにびっくりしつつ、以前から頼んでいたトマトをいただきに行きました。

一関のトマトの生産は実は県内でも1番だそうです。

普段、東京とかに出荷するトマトは青いうちに摘果して、移動中に追熟しスーパーなどの店頭で赤くするそうですが、今回は真っ赤に今食べておいしいものを注文しました。

実はこれ、トマトのビールを醸造する原料です。50kg以上あります。

トマトのビールは2年くらいかけて実験をしていました。一関がトマトの産地だからです。これでおいしいビールができるのでは・・・と研究を重ね、工場長の孝紀さんと納得のいく、驚きのビールを開発しました。

今年は初めて本仕込みをする年です。

JAいわて平泉の青果担当の後藤さんにお願いして集めてもらいました。ありがとうございます。

孝紀工場長とおいしいビールを醸造しますね。
トマトビールは、8月中旬に発売予定です。
楽しみに待っていて下さい。
世嬉の一は今日も地域の方々と協力して元気に営業中です!



Posted by sekinoichi at 07:16

2019年03月09日(土)

東北魂ビールプロジェクトに多くのお客様ご来店ありがとうございます。

3月5日 代官山のスプリングバレーブルワリーにて第11回 東北魂ビールプロジェクトのお披露目会を開催しました。

東北魂ビールプロジェクトとは、2013年8月にスタートしたクラフトビールメーカーの勉強会です。この勉強会のきっかけは東日本大震災で被災したクラフトビールメーカーが全国の様々な人にご支援をいただきなんとか復興してきたとき、何か私たちでお返しできないかと悩んでいたのがきっかけです。この勉強会のスタートとなった秋田県あくらビール(醸造長が宮城県気仙沼市出身でご実家が流されてしまいました)福島県 福島路ビール(放射能の風評被害で大変でした)岩手県 岩手県いわて蔵ビール(地震により工場が破壊され2か月操業できませんでした。)そんな3社があつまり、ご恩をいただいたお客様に何を返すか相談した結果、ビールの品質を向上させ、おいしいビールをお客様に提供することしかないと考えました。そこで、3社のそれぞれもっている経験、知識、ノウハウなどをオープンにし3社でビールをつくる勉強会をスタートさせました。

その後様々な東北のブルワリーが参加したいと申し出ていただき、現在は10社程度になった勉強会です。また、当初は東北のブルワリーだけでそれぞれの経験と知識、ノウハウの共有だけでしたが、キリンビール仙台工場様、スプリングバレー様がこの活動に興味を持っていただき、ビールの科学的分析をしていただくことで、カンと経験+数値による客観的な分析も可能になりました。おかげで飛躍的にそれぞれのブルワリーの技術が向上しました。

通常の東北魂ビールプロジェクトの活動は、課題や疑問をもっているブルワリー(ビール工場)に集まりディスカッションしながら1つのビールを醸造し、そのやり方を検証したり、完成したビールを分析したりすることで解決していきます。完成したビールは、東北魂ビール●●として、販売します。

しかし、年に一回だけ、同じビールスタイル、同じレシピ(製法)、同じ原料で醸造し、完成したビールを比較分析します。同じ条件で行うので、それぞれのブルワリーの製造の特徴が出てきます。それが、今回のイベントになります。

このお披露目会は3部構成で行いました。

第一部はブルワー(醸造士)だけの集まりです。ブルワーだけが集まりそれぞれのビールの官能評価と数値分析の結果、それぞれのブルワーの長所と課題を見つけます。それぞれのブルワーは次回からの醸造に活かします。

第二部はマスコミの方々にお伝えする時間です。東北魂ビールプロジェクトの説明、そして各々のブルワリーに脚光があびるようにプレスリリースします。ブルワーは工場に閉じこもりなかなか表に出ないときが多いです。そのため、このような場をもうけました。

第三部はお客様と交流です。お客様にそれぞれのビールを飲み比べてもらい感想を直にお聞きすることでブルワーたちのやる気と課題が見えてきます。もちろん一緒に飲みますので楽しんで行うことでもあります。

昨年から開催したイベントですが、昨年よりさらにお客様がお越しいただき本当にありがたいです。全部で100名以上のお客様がきていただきました。

おかげさまで今年も無事にそして楽しくイベントを行うことができました。

このイベントを企画・協力していただいたスプリングバレーブルワリー様、キリンビール仙台工場様、そして多くのお客様に感謝します。

今日も世嬉の一はみなと協力して元気に営業中です。

—————PR———————-

 

 

春限定商品~桜嵐IPA pinktyhoon~只今予約受付中!

 

復活!周年ビール Dear BABY!!!限定発売

今年はDEARBABY復活して醸造しました。限定1000本です。現在予約受付中
 

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 12:12

2019年02月09日(土)

陸前高田米崎りんごのリンゴエール醸造します!

明日から大寒波くるらしいですが、今日は井戸の水も凍ってないです。

ん・・・夜から寒くなるのかなぁ・・・風は冷たいものね。

さて、今日は隣町、陸前高田から米崎りんごの生産者の方々が来ていただきました。

5tのリンゴをもってきてくれました。王林とふじです。

今日はこの5tのリンゴを搾汁して、りんごエール(りんごビール)を醸造します。

半日かけて5tのリンゴを搾汁します。

生で食べてもおいしいリンゴ

ひたすらリンゴの搾汁をしていると、工場いっぱいにリンゴ特有のさわやかな甘い香りが充満します。

このリンゴをすぐにビール醸造を行いました。

午前中に搾汁、昼からビール醸造なので、夜遅くまでビール醸造を行いました。

昨年は1日おいて次の日醸造したのですが、今年はすぐに醸造したので昨年よりおいしいビールになると思います。

3週間後からビールを出荷できると思います。

このりんごエールは、震災の際に、震災復興に来ていたボランティアと地元の方々が何かをしたい・・・というところから入っております。

その際に、米崎リンゴを盛り立てよう。リンゴを使ってビールを創ろうとなりました。

そのおてつだいができてせきのいちとしてもとても嬉しいです。

世嬉の一酒造は、陸前高田市も応援して元気に営業中です。

※このりんごエールは当社で販売するほか、陸前高田市のふるさと納税でも販売されます。

 

—————PR———————-

2月23日~24日はまさかの真冬のビール祭り!
家族で楽しめる面白い企画一杯です。

おちょこに入った生チョコレート(限定200セット)

お申し込みはこちら

幸せのバレンタインビールも予約受付中。

詳細はこちら

 


新杜氏の新酒ができました。ぜひご堪能ください。

新酒のご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

新酒の酒粕(純米酒粕(板粕))販売しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd455

 

今年も完成しました。バーレーワイン(麦のワイン)

今年のバーレーワイン発売中

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 10:10