世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:季節

2021年10月20日(水)

全国地ビールフェスティバルin一関が、「地域づくり表彰 全国地域づくり推進協議会会長賞」を受賞しました!ありがとうございます!

秋晴れの世嬉の一、気持ちの良い朝です。その後、雨が降ってくるのですが、朝晴れるとなぜか気持ちがいいですね。日に日に寒くなってきている一関で本日から事務所で床暖房が入りました。日に日に冬に向かっていますね。

寒い中、とても心温まる情報が市役所から届きました!

国土交通省、全国地域づくり推進協議会、一般財団法人国土計画協会 が主催している、地域づくり表彰に「全国地ビールフェスティバルin一関」が、地域部門で、『全国地域づくり推進協議会会長賞』を受賞しました!!!

https://www.chiikizukuri.kok.or.jp/this_year/

———–

地域づくり表彰とは・・・
 創意と工夫を活かした優れた自主的活動で、広域的な地域づくりを通して、地域の活性化に顕著な功績があった優良事例を表彰することにより、地域間の連携と交流によって地域の個性ある自立を広範囲にわたり促進し、地域づくりの奨励を図ることを目的としています。

また、多様な分野での地域づくりに対して、包括的な観点から優良事例を選定・表彰するものです。表彰の対象は、次のいずれかに該当する地域の活性化に顕著な功績があった地方公共団体・団体・個人です。

  • 創意工夫を活かした優れた自主的活動等を基本とする地域づくりを通して、地域の活性化に顕著な功績のあったと認められるもの
  • 地域づくり行政を通して地域の活性化に顕著な功績のあったと認められるもの
  • その他地域間の連携と交流による地域の活性化に関し、特に表彰が必要と認められるもの

————-

で、私たちのイベントが受賞したのは、地域づくり部門です。
地域活性化を図るため創意と工夫を活かした優れた自主的活動で広域的な地域づくりに係る取組を対象とします。

今回、全国時ビールフェスティバルin一関が受賞した理由として・・・

————

「幅広い関係者間の相互連携と全国各地からのボランティア、地域のこだわりとの調和」
 豊かな水量の恩恵を受けて古くから酒造が盛んな地域の特性を活かし、全国各地のブルワリーが一堂に会するビアガーデンを開設し、県内学生や全国のボランティアスタッフの協力や応援を得て交流人口の範囲を広げ、地ビールの普及を図るとともに、地域の魅力発信に努め、関連産業の発展と地域の振興に貢献し、地域経済に好循環をもたらすなど、地域の活性化に顕著な功績があり、高い評価を受けた。

————

ということでした。

このイベントには、実行委員会として、そしてプロジェクト委員会として、先代の会長からずっと関わってきました。24回目が終了したのですが・・・正直、時々つらくなったり辞めたくなったりしていたことも思い出します。

この選考会の評価にあるように、ボランティアさんやイベントに来ていただく方に喜びのお声を聴くと、また来年がんばろうと思って続けてきました。
一番大変だったのは昨年です。周りから中止依頼、また中止すべきの声が大きく、その中で反対することにも勇気がいりました。形を変えても継続すべきと訴え、実行委員会や市役所とも何度もかけあったのを思いだします。

継続は力なり、昔から信じている言葉の一つです。

この受賞は、イベントに受賞というより、関わってくれている多くの方々の結集ですので、嬉しさもひとしおです。

来年は25周年・・・1/4世紀のたったイベントです。
さらにパワーアップして開催できることを願っています。(新市長!お願いします。)

そして、やっぱり、参加してくれる全国のブルワー、ボランティアさん、お客様、出店者の飲食店様、様々な方々に感謝です。

本当にありがとうございます。少しでも街が盛り上がれば幸いです。

世嬉の一は今日も元気に営業中です。

—–PR—–

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/pumpkin_ale

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop





Posted by sekinoichi at 05:57

2021年10月19日(火)

ハロウィンも近くなり、かぼちゃのビール需要が上がっています~

今朝も曇り空の世嬉の一。ピリッとする寒さが身を引き締める素敵な秋になってきました。須川岳では初冠雪を記録し、徐々に冬に近づいてまいりました。
上空を見上げると、白鳥が編隊を組んで飛んでおりました。

さて、10月はハロウィンの時期ですね。
いわて蔵ビールでは、毎年、一関産のかぼちゃ「南部一郎」を使用してビールを醸造しています。
南部一郎かぼちゃは、まるでひょうたんのような形のかぼちゃで、糖度が高く(メロンと同じくらい)、生でも食べられるかぼちゃです。一関市の骨寺松園地区で栽培されています。


このかぼちゃを使用し、ビールを醸造するのですが、皮と実を使用して醸造します。皮の味はホップと共に、ビールに適度な苦さを与え、実は糖度が高いため、アルコールに転換され、麦芽にプラスされるためすっきりとしたアルコールになります。

まさに、ハロウィンパーティーで飲みやすいビールになります。

いわて蔵ビールでは、毎年、地域の良い食材とビールを合わせて醸造することも多いのですが、かぼちゃの取れるこの季節。
ハロウィン用に醸造し人気をいただいています。

今日も世嬉の一は、ハロウィンビールで元気に営業中です。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/pumpkin_ale

—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop



Posted by sekinoichi at 02:23

2021年10月12日(火)

国際パッケージデザインコンペティション「ペントアワード2021」でKOHARU COLAがシルバーアワード受賞しました!

朝から福島の南相馬や浪江まで車を飛ばしていきました。いくつかの福島県の新しい醸造所をめぐって勉強しようと思ったからです。醸造所の話はまた後日・・・
道中、岩手は曇りでしたが、福島はきれいな青空、暑いくらいです。緑の多いハイウエイを飛ばしているととても気持ちが良かったです。

さて、そんな気持ちの良いお話がもう一つありました。
私どものKOHARU COLAが、

パッケージデザインの世界的な権威である国際コンペティション「ペントアワード2021」のプロフェッショナルコンセプトデザインにおいて、シルバーアワードを受賞しました。

ペントアワードは、世界の優れたパッケージデザインを表彰するため2007年から開催されている国際コンペティションだそうです。

https://pentawards.com/directory/en/page/the-winners

嬉しですね!これは、私たちの努力はまったくといっていいほどなく、デザイナー様のおかげです。ランドーさんありがとうございます!!!!

この国際大会受賞(パッケージ)に負けないくらい、中身もブラッシュアップしていこうと思います。実は、こらるこーらの味も毎仕込みごと変化しており、どんどんお客様の声を聴いて変えていっています。
味でも国際大会で受賞できるように頑張りたいと思います。

このような時期に受賞は嬉しいですね。本当にありがとうございます。

今日も世嬉の一は嬉しニュースと共に元気に営業中です。

—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop

 





Posted by sekinoichi at 06:07

2021年10月06日(水)

全国の近代化遺産×活動という文化庁の冊子に掲載していただきました。

秋風が気持ちの良い朝、昨晩は少し長い地震があったようです。夜中だったので、「あ、地震、あ、大丈夫そうだ、寝よう・・・」となってしまい、平和だなあと満喫していました。

さて、今日一関の教育委員会様から一冊の冊子を送っていただきました。
近代化遺産×活動の冊子ができたとのことでした。
近代化遺産?うちにかんけいあるのかなぁ・・・と思ったら、思いっきり掲載されてました。
そっか、毎日ここで活動していますが、すでに100年以上たった建物なんですね。

一関からはそのほかに、千厩の葉タバコ専売公社、東山の旧東北砕石工場が掲載されていました。なんかすごいですね。
全国の近代化遺産が掲載されていて、そこに同列で掲載されることありがたいと思います。

維持するのは大変ですが、やはり次の世代、その次の世代に残していこうと思います。

今日も世嬉の一は古いものを大切に・・・元気に営業中です。



—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop





Posted by sekinoichi at 06:03

2021年09月28日(火)

愛心幼稚園のもち米田んぼ稲刈りを行いました。

昨日は、愛心幼稚園の園児35名と親御さんが世嬉の一にやってきました。実りに実った、もち米の稲刈りに来てくれました!

愛心幼稚園さんとこのもち米の田植えから稲刈りまでの体験は19年くらい前から継続しています。私が実家に帰ってきた20年前は世嬉の一の新入社員が酒米を観賞用に田植えから稲刈りをしていました。
せっかくなので、一関のもち食文化に触れるようにと、もち米の稲を準備し、近くの幼稚園保育園さんに田植え体験しませんか?とお問合せしたところ、愛心幼稚園さんが協力していただき、19年間くらい継続して行っています。
今年も5月29日に田植えをした園児たちが、稲刈りに来てくれました。

5月の稲刈り風景です。どろんこの感触をよろこんでいました。

そして、あれから4か月、今はこんなに育っています。

園児たちは自分たちで植えたもち米を稲刈りを楽しみにしています。カマで一つ一つ稲をかるので、親御さんも手伝って行います。

子供たちもはじめてつかうカマに驚きながら、喜んでいました。

稲刈りが終わったら、当地の方の稲刈り餅を食べる・・・地域のよい文化ですね。蔵元レストラン世嬉の一では、あんこもちを準備していました。

園児たちは大人になったとき覚えているかわかりませんが・・・一関はもち食文化の街です。もち米を田植えから稲刈りまで体験することで、少しでもなにか地域の文化に触れたことが頭に残っていれば嬉しい限りです。

刈り取った稲は2週間くらい天日干しにします。もち米精米したら幼稚園におとどけしようかと思います。

世嬉の一は今日ももち食文化を伝え、元気に営業中です。

—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop

 





Posted by sekinoichi at 11:48