世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:季節

2024年02月20日(火)

新商品開発!梅酒ソーダをつくりました!半年がかりで・・・

久しぶりの雨の朝だった世嬉の一。昼間にはすっかり晴れて、また温かな日々が続いております。

昨日から植木屋さんが来ていただき、庭木の剪定をしてくれております。春に向けてお客様が素敵な中庭をみていただくため、今から整えております。

さて、世嬉の一酒造ではまたまた新商品を開発しました。それは、地元の梅を使用した「梅酒ソーダ」です。

もともとコロナ禍の新事業として廃棄する清酒やビールを蒸留し消毒液をつくっていたのですが、そこから地元の植物を使ったクラフトジン清庵を開発しました。

クラフトジン清庵

クラフトジン清庵・・・山椒・クロモジ・ひばなどを使用して蒸留した商品

そこで、今回も清酒やビールを蒸留し、ジュニパーベリーを漬け込み、もとのジンを作成しました。

そこに、地域の(一つは社長の庭の梅の木、もう一つはビール工場長の庭の梅の木)の梅を漬け込み、梅酒をつくりました。梅は30kg袋に5個、200kg使いました。

ただ、梅酒の原液ではなく、梅酒ソーダに加工し商品化かしました。

みんなで梅のへたを取るのはけっこう至難の業で・・・ひたすら200kgの梅のへたをとりました。雑味を取るためです。(昨年の5月頃に漬け込みました)

そこで完成した梅酒。世嬉の一は、常に地域の素材を活用し、発展させ新しい商品を開発します。

今回も、ビール免許・清酒免許(原酒の元)・スピリッツ免許(蒸留)、リキュール免許(梅酒製造)をすべて自社製造で完成しました。

様々な免許を取得ているので、自由にかつ大胆に商品開発が可能になります。

経営ビジョンにある

「地域食文化の継承と革新」

気持ちの良い仲間と共に、地域食文化の継承と革新を通じて、世界が喜ぶ商品を作ります。

ということに、ちょっとづつチャレンジしております。

さて、そんな梅酒ですが、今年は試験醸造でしたので

今日も世嬉の一は地域の素材を活用し、新たな商品を生み、元気に営業中です。

———PR———–

梅酒ソーダのご注文はこちら

第一弾古酒はこちら

2月の梅酒など、ギフトパンフはこちら

売上金全部寄付!能登恩送りプロジェクト

冷凍通販 つきたてもち はこちら

 

シードル

現在予約受付中!発売は12月から

清酒世嬉の一が新しい清酒です。

WBA2021-2022、二年連続世界1位受賞、特別セット販売中!人気のセットです!



Posted by sekinoichi at 04:29

2024年01月28日(日)

東北魂ビールプロジェクト今年も始動しています!

今日もぽかぽか陽気の世嬉の一。ふきのとう(ばっきゃ)や、たんぽぽが芽を出しています。

今年は雪が少ないですね。

また、海外からのお客様も多くなり、世嬉の一のパンフレットを多言語化しました。そしてレストランのレジの近くに置いておりましたが、手に取る方が少ない・・・なぜ?

気づいて笑いました。北京語、台湾語はその国の人はわかるけど・・・英語はわからないだろうな・・・あとでENGLISHと変更しました。韓国語(한국어)もハングルで書きました。

世嬉の一スタッフらしい間違いでしたが・・・みんなで大笑いでした。

さて、今日は例年の東北魂ビールプロジェクトのビールを醸造しました。

【東北魂ビールプロジェクトとは、】

2011年11月にスタートしたプロジェクト。 東北の醸造所は、震災時に多くのお客様からご支援、応援を頂きました。私たちはそれに対し、品質を向上し美味しいビールを お返しすることでを考えました。そこで、普段ライバル同士である東北のブルワーが集まり、お互いの技術を出し合い、クラフトビール醸造を行っています。当初3社(いわて蔵ビール、秋田あくらビール、福島路ビール)で開催しましたが、年々参加者が増加しており、現在15-6社が集まります。

【今回の東北魂ビールプロジェクト】

昨年10月に遠野ホップ60周年を記念して、各社で遠野ホップIBUKIを60%以上使用して醸造したビールを醸造しました。そして、各社で持ち寄りテイスティング、科学的分析などの勉強会をおこないました。

今回は、その時に飲んだビールを全ブルワリーでこれを作ってみたいというものを投票し、人気のあったスタイルのビールを全社でそれぞれつくるというスタイルです。

今回選ばれたビールは、セッションIPA(あくらビール醸造)のレシピです。そのレシピを元にみんなでディスカッションをして、今回の東北魂ビールができました。

当社もまずはそのビールを醸造しました。セッションIPA(IBUKI&アイダホ7)です。

まずは、麦芽の投入!

糖化のあと、煮沸に入ります。

そこで、ビールにここちよい苦みとベースの香りをつける遠野産IBUKIの投入です。

ペレットタイプですが香りのよいホップになっています。

投入!!!

その後、煮沸、ワールプール(たんぱく除去)、熱交換し、酵母を入れて発酵させます。

発酵が終わるまえに・・・ディップホップでアイダホ7というホップを入れます。

3月1日にはリリースできます。

ぜひ楽しみにしていてください。

世嬉の一は、いわて蔵ビール醸造で今日も元気に営業中です!

———–PR—————

売上金全部寄付!能登恩送りプロジェクト

まさかの恵方巻ビール!

 

素敵なバレンタインビールセット

 

シードル

現在予約受付中!発売は12月から

地酒横屋限定1200本です。

清酒世嬉の一が新しい清酒です。

WBA2021-2022、二年連続世界1位受賞、特別セット販売中!人気のセットです!



Posted by sekinoichi at 04:28

2023年12月31日(日)

今年も1年ありがとうございました。

今年も本日で終わりですね。私は一人蔵に来て、酒造りの作業を行っていました。

しかし、それも終わり、今年1年の世嬉の一酒造としての活動が終了します。

今年は世嬉の一酒造にとってどんな一年だったでしょうか。

大きな出来事をあげると、

まずは、年末に元専務の逝去です。

10月に病院に行った際に、がんとわかり、そのまま余命宣告になりました。11月29日に亡くなりましたので、1か月半のあっという間の出来事でした。

専務は、自分の死期がわかっても慌てず、皆に「ありがとう」いいつつなくなる姿に、専務らしいなぁと感動すら覚えました。いずれ、世嬉の一スタッフにも専務「おもてなし」の精神を引き継ぎ、また地域の文化などを引き継ぎ進んでいこうとスタッフ全員でまとまった1月半でした。
ちょっと大変でしたが、専務が私たちに最後に残してくれた大切な時間でした。

また、大きな出来事と言えば、41年ぶりの酒蔵復活です。

10月にやっと新しいお酒を販売することができました。今年1年の前半は酒蔵をどう復活させるかで、日々奔走した毎日でした。やっとお酒ができてもうまくいかなかったり・・・と四苦八苦しながらも年末にはだんだんコツをつかむことができ、来年は順調に製造していけそうです。

そしてビール部門も良い結果が、WorldBeerAwards2023で3年連続カテゴリー別世界1位を受賞しました。

今年はショコラスタウトです。3年連続で受賞ということ、醸造長の後藤はさらに身を引き締めて醸造にはいったようです。

コロナ過で苦労していた分、その時間を学びにあて、技術が向上したことは言うまでもありません。

また、他部門もがんばりました。

酒粕マヨ

レストラン部門もコロナ明けで非常に混雑しつつも、しっかり接客して多くのお客様に喜ばれました。さらに、酒粕マヨを作り卵が不足していた時期に、代替え品になるものを開発したりと積極的に進んでいきました。

イベントも多数行いました。世嬉の一が全面協力する「全国地ビールフェスティバルin一関」を3年ぶりにリアル開催。炎天下の中みなで協力して頑張りました!

写真はボランティアさんたちと!

さらに・・・

地域貢献も引き続き行った1年です。

あっという間の1年でそして世嬉の一酒造自体が急成長した年でもあります。

新しい仲間も4名も入社してきてくれ、それぞれの部門で頑張ってくれています。

まさに24年飛躍するためのしっかりとした土台をつくった1年だったと思います。

このような1年をすごせたのは、自分たちの力ではありません。お客様や地域の人に応援していただき、支えられ、このような素晴らしい1年を過ごせました。

本当にありがとうございます。

来年も皆様と共に、より良い1年になるよう努力していきます。

今年も本当にありがとうございました。

 

———–PR—————

お得な福箱は早い者勝ち!

限定数で発売開始!

シードル

現在予約受付中!発売は12月から

地酒横屋限定1200本です。

清酒世嬉の一が新しい清酒です。

WBA2021-2022、二年連続世界1位受賞、特別セット販売中!人気のセットです!



Posted by sekinoichi at 04:19

2023年12月28日(木)

もち食文化が高島屋様の情報誌に掲載されました!

温かな日差しの世嬉の一酒造です。昨日、仕事納めを行ったのですが・・・今日もスタッフが出社しています。発送が終わらないようですね。駆け込み需要が多いようです。

また、私も酒造りで毎日きております。

さて、そんな中、高島屋さんからタカシマヤ友の会「ハミングタイム」の冊子が届きました!

冊子をあけると・・・・

世嬉の一は見開き1ページに掲載されていました!

父と母が、長年もちで町おこしをしていったのですが、結構日本で有名になってきました。

ありがたいです。最近では当社をまねて同じような商品を提供するお店が関西の方にできたり、もちの広がりが見えてきています。

ありがたいです。

今回もタカシマヤ様をご利用いただいている方に当社のもち食文化をお伝えできると思います。

ありがとうございます。

世嬉の一は、今日ももち食文化を大切にし、1月1日までお休みです。

よろしくお願いします。

———–PR—————

お得な福箱は早い者勝ち!

限定数で発売開始!

シードル

現在予約受付中!発売は12月から

地酒横屋限定1200本です。

清酒世嬉の一が新しい清酒です。

WBA2021-2022、二年連続世界1位受賞、特別セット販売中!人気のセットです!



Posted by sekinoichi at 03:55

2023年12月22日(金)

お正月の準備が始まりました!一関伝統の門松建て

今年も一関厳美地区の伝統的な門松建てが行われました。

くぬぎの木の柱に、栗、竹、松としめ縄でつくる伝統の門松。

唱和63年から毎年、伝承会の皆様のご協力で続けている行事です。

門松を立てた後に神事も行いました。このような素晴らしい地域らしさですが、すっかり行う場所が少なくなってきているそうです。

世嬉の一酒造では地域の素晴らしいものが少しでも残るよう、今年も開催したわけです。

しかし、この門松かっこいいですね。門になっています。

もともと伊達藩の文化だったようです。

宮城県でもこの伝統を継承しているところはあるようです。

一関市はやはり伊達藩だったんですね。

餅食文化も門松ももともとは伊達藩の文化、仙台が都会化するなかで消えていく文化ですが、支藩だった田村藩(中央から遠かった)場で

まじめに伝統を守り受け継いでいくというこの地域に少しかっこよさを感じました。

世嬉の一スタッフとも、地域の良い文化にスポットを当てて、これからも伝えていきたいと思います。

この門松は1月14日まで飾っております。ぜひくぐりに遊びに来てください。

 

伝統文化を守り世嬉の一は今日も元気に営業中です。

———–PR—————

限定数で発売開始!

シードル

現在予約受付中!発売は12月から

地酒横屋限定1200本です。

清酒世嬉の一が新しい清酒です。

WBA2021-2022、二年連続世界1位受賞、特別セット販売中!人気のセットです!



Posted by sekinoichi at 11:47