世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:イベント

2021年01月11日(月)

前を向いて!お互いに頑張ることが大切。

極寒の今年の冬。あまりにも寒く、山で見るような樹氷のような世界が、世嬉の一の敷地内に広がっています。肌に刺さるような寒さの中、静寂の中の美とおもえるような幻想的な世界が広がっていました。

さて、しばらくブログ休んでいました。・・・というのは、あまりにも静かな年末年始で会社の数値を見ているうちに落ち込んでおりました(笑)
自分でも珍しいなぁと思います。打つ手がない・・・そんな気もちでいっぱいになってしまいましが・・・

状況はあまり変わりませんが、意外と復活が早かったです。今日からまた気合いれなおして頑張ります。

・・・というのも、お取引先様から、オンラインイベントをやろう・・・とか、同業者から東北魂ビールPJ再開しようというお声をいただき、落ち込んでもいられないとスイッチが入りなおされた感じです。
ありがたいですね。打つ手がなくても何か動いて入れば活路は見いだせる。それは震災時に経験していたことですが、忘れかけていました。

前を向いて頑張ることが大切と気づき化されました(笑)
そんなこんなでこれからもどんどん活動していきます。

まずは、第一弾!六本木アントンビー様からオンラインイベントを誘われました。

https://www.facebook.com/events/718901888810774

アントンビー様とはお付き合いがすごく長く、実は憧れの(笑)六本木に初めて納品したお店でもあります。岩手から六本木に納品というだけでちょっと興奮するのを覚えています(笑)
初めてお店にお伺いした際にはちょっと緊張しました。テレビでよく見る交差点のすぐ近くにあるお店だったのと、「六本木」というワードに・・・
実際に入ってみると、店長のたこちゃんはじめ、スタッフの皆様が気さくで楽しいお店でした。
そして、東日本大震災の際には、アントンビーの皆様はじめ、お客様からも励ましのフラッグをいただきました。
(2011.3.29のブログ http://sekinoichi.jugem.jp/?eid=281
私たちは力をいただき、震災後も厳しいながらもいわて蔵ビールは継続しているのもこのような方々のおかげだと思い出しました。
今回、1都3県に非常事態宣言があって、飲食店は本当に大変な中、前向きにオンラインバーを実施するアントンビー様に脱帽と尊敬です。
(掲載の写真は、2011年3月にいただいた応援フラッグをもつ世嬉の一スタッフ)

また、スタッフがお客様来ないので・・・ということで、商品開発に力を入れています。昨年は、バレンタインデーにOh!CHOCO(おちょこのチョコ)を創りましたが、今回は升でチョコプリン、マスプリンを試作してくれました。

これからデコレーションも考えるそうです。楽しみですね。金箔をつかうとか・・・

会社のトップである私がモチベーションダウンしていてはいけませんね。
コロナに負けるな?いやWITHコロナでもっともっと創造力を働かせ、スタッフと家族の生活を守っていかねばと思った次第です。
スタッフやお取引様に支えられている社長ですが(笑)

明日からもたいしたことないこともブログに記載するかもしれませんがよろしくお願いします。

今日も世嬉の一は、スタッフが特に元気に営業中です。


—–PR—–

今年も開催します!「まさかの恵方巻ビール!」
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

オンラインイベント開催します!1月15日20時30分~
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd598

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

まさかの国税庁主催のクラフトビールオンラインイベント!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd595



Posted by sekinoichi at 10:51

2021年01月04日(月)

あけましておめでとうございます!年もよろしくお願います。私たちは今年はさらにチャレンジする年だ!と決意しました。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
世嬉の一酒造も皆様のおかげで無事に年を越し、平泉店(The Brewers Hiraizumi)は1日から、世嬉の一酒造は2日から営業してまいりました。

スタッフ一同、2021年はさらにチャレンジしていこうと決意を新たにスタートしております。

…というのも、毎年私は1日から平泉の店頭にて販売しておりました。
初詣に来られるお客様に、玉こんにゃくやあっつい豚汁などです。

200円くらいの販売単価なので、社長が店頭で販売する必要もなく、アルバイトを雇って営業してもいいのですが、かならず私が毎年店頭に立つようにしています。

お客様と直に接する機会をつくりたいのと、今年1年よろしくお願いしますという気持ちでここ数年毎年店頭に立たせていただいております。

今年は、極寒で雪ということもあったり、コロナの影響で店をあけないお店も多数あったのですが、当社においては、平泉町で営業させてもらっているので、少しでもお客様が来られているのであれば、店はあけようと行いました。

結果として、昨年の1/5くらいしか売れなかったのですが・・・通常日よりは売上は立ちました。





そして、この経験から大切な学びをいただいた時間でもありました。

2021年は2020年の延長線上にないということです。
私たちにとって昨対比は意味がなく、去年と同じことをしていても当社にとっていい結果はでないということ。特にこのような情勢には、観光業であったり飲食業態の部門はよりチャレンジし、業態を変え、時流に適応しないとと痛感しました。

スタッフたちとは、「例年は・・・」とか、「昨年は・・・」という言葉は禁止ですね。「これやってみましょう・・・」とか「変えてみました・・・」を大歓迎です。

当社は2021年は、すべての部門において新たらしい取り組みにチャレンジします。
地域に根差し、お客様によりそい、スタッフと共にいい環境をつくれる会社にしていきたいと思います。

年頭にあたり、いい経験をさせていただき、今年の寒さ以上に身が引きまる、ワクワクする年明けを迎えられました。本当によかったです。

お客様にとって今年の世嬉の一は、変化し続ける過程になります。
当社は社長はじめスタッフ一同、まったくスマートではない集団ですので、少しご迷惑をおかけしたり、なにやっているの?と疑問に思ったりするかもしれませんが、ぜひ今年も温かい目で見ていただければと思います。

最初からへんなご挨拶になりましたが、本年も何卒よろしくお願いいたします。



Posted by sekinoichi at 12:36

2020年12月15日(火)

今年も伝統の門松立てを行いました。

世間では、GOTO一時停止や営業時短の要請など、なかなか観光・飲食業には厳しい風当たりになっておりますが、田舎の世嬉の一は、たんたんと毎日が過ごされています。
今日は毎年行っている門松立ての行事です。今年も厳美地区から保存会の方々が来ていただきました。

昨年と異なり、大雪の中の作業です。

昨年は、晴れた状況です。

田舎は、雪が降ろうと雨が降ろうと、たんたんと伝統を引き継ぎ静かに時間がたっていきます。昨今の世の中とちょっと異なりますが、心が落ち着いて過ごせるのでとてもいいです。

大雪の中、保存会の方々としめ縄をとりつけたり、門松を立てたり、杉球を取り替えたりしていると・・・いろいろ大変だったかもしれない一年ですが、スタッフと無事に過ごせたことに感謝しかありません。そして、来年もよりよくなるようにと願うばかりです。

このように伝統を守り、手を合わせたり祈ったりすると本当に安らぎますね。

保存会の皆様に感謝です。

来年の1月15日まで、この鳥居型の門松をたてております。ぜひ地域の方々はご覧にきてください。

「門松」は年神様を迎え入れる為に家の門口に飾られるようになりました。

ちなみに一関の伝統の門松は、鳥居をつくっている材料は、竹、松、栗の木です。
松は一年中葉を落とさない常緑樹としても知られており、「永遠の命」を意味するとも言われています。古代より、年神様が宿る神聖な木として、長寿のシンボルとなっていました。 竹は、とても生長が早く2・3日で身の丈程になり、真っ直ぐ上に伸びることから、生命力を象徴しているとされています。
また、長寿であることから、長寿、繁栄の象徴ともされています。

では、梅ではなく栗なのはなぜでしょう。

家庭でやりくりがよくなるようにという願いがあり栗の木を使用したそうです。

面白いですね。

ぜひ鳥居型門松をご覧ください。

今日も世嬉の一は、伝統の門松を守って元気に営業中です。

※年末年始の営業ですが、31日、1日はお休みさせていただきます。

—–PR—–

最大6000円以上お得!福箱&福袋予約開始!在庫がなくなり次第終了です。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

クリスマスギフト、非常に混雑してきました。お早めにお申し込みください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/xmas_limited_beer

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed





Posted by sekinoichi at 02:41

2020年09月07日(月)

にいがたクラフトビールランドに出店してきました。

9月4日から6日まで、スタッフと2名でにいがたクラフトビールランドというイベントに参加しました。コロナになってから久しぶりの本格的なビールイベントでした。

やはりイベントは楽しいですね。いわて蔵ビールを知らないお客様に飲んでもらい、ぼくらの醸造の方針や考えを伝え、味に感動していただける場・・・そんな感じです。

このイベントは、常に300名以内しか野外会場で入れないようになっており、また、新潟県民だけ入場できるというイベントでした。

台風のフェーン現象もあり、3日間ともとても良い天気です。

1日目爽やかな笑顔で・・
2日目、ちょっと暑さにびっくりした日で
3日目・・・ゆでだこのように赤くなってしまいました。

ソーシャルディスタンスのほか、イベントブースはビニールで囲い、私たち提供者もマスクと手袋をしていました。

35度の気温では・・・正直ダウンしそうになり、一緒に連れて行ったスタッフは熱中症気味になり、いったん近くのファーストフードで休んでもらいました。

夕方になると涼んできていい感じです。

様々なお客様にお会いすることもできました。スタッフともいろいろゆっくり話す時間でもありました。同業者と様々意見交換できました。

新しいイベントの形はまだまだ模索中のところもありましたが、やっぱり楽しかったです。

そして、意外に酒屋さん経由でうちのビールが新潟市内の飲食店で提供されていると知ってびっくりしました。

新潟市の飲食店もそこそこ人は戻ってきている感じがしました。

たぶんここまで来るにはイベント会社の方々、関係者の方々大変だったとおもいますが、僕は参加できて本当に良かったと思います。

今日も世嬉の一は社長不在でも元気に営業中です。

—-PR—

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hiyaoroshi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sanma

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は growlwersbana.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は pilsTopbana.jpg です
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/giftpamphlet2/gd543
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ienomi8hon.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tomatobeer1.gif です

トマトビールはご予約承り中!!!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato




Posted by sekinoichi at 04:59

2020年08月30日(日)

北海道にいったどう~!Atta Maruyamaさんイベント!

しばらくブログお休みしてました。すみません、色々なことを一気になりすぎて・・・フリーズ状態でした。

ひと段落しました。ここからまた、世嬉の一の活動についてお伝えしていきます。また、一気にブログアップしていきます。

8月28日は札幌に行きました。
札幌のビアカフェのAtta Maruyamaさんのイベントにゲストとして参加です。

Atta Maruyamaさんのお店は北海道の円山公園地区というちょっと高級な場所にある素敵なお店です。こちらの店長 宮口様からお声がかかり参加させていただきました。写真は、Maruyamaさんのカメラマンさんがとってくれました。

素敵なお店で、店長の宮口さんやオーナー夫妻も来ていただき、温かいイベントになりました。写真はマスクしていないように見えますが・・・写真用です。
https://facebook.com/events/s/%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%A6%E8%94%B5%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB-tap-takeover/1200158307014804/?ti=icl

実際はこんな感じ・・・

こんな時期にイベントという方もいるかもしれませんが、僕は比較的普通に出張しております。もちろん、コロナを広げたり、もちこまないように細心の注意を払い、また、そのような場を選び出張しています。
僕が出張する理由は、ぼくらのビールを広め、提供しているお取引様が大変な中、僕ができるお手伝いをなるべくしたい・・・僕が行くことでお店にプラスになるのであれば・・・と思い、参加しております。

※一応、微生物を扱う会社ですので、コロナ対策もばっちり!消毒液、消毒用アルコール、マスク、手袋・・・様々もって出張に行きます。ただ、地域によってコロナ後の復興の度合い、感覚の違いなど非常に面白いです。

さて、イベントでは、当社にもう在庫がないけど・・・このイベントのためにとっておいたビールを提供しました。

・One And Only IPA(コロナのドネーションビール)
・岩手三社祭り Hezy IPA
・ピルスナー 蔵シック
・トメィトエール
・ジャパニーズハーブエール山椒
・オイスタースタウト
・自然発酵ビール

密に見えますが・・・違いますよ。写真用です。

お店自体はソーシャルディスタンスを考え、広めに席を取っておりました。

ですので、私の方が一人一人のテーブルに回ってビールの説明やクラフトビールについてお話ししました。

地ビールが売れない時代によくこういくことをやっていたので・・・とても懐かしく思います。

宮口さんとは、その後もご一緒して様々なことを話しました。
プライベートなことなのでここではお伝え出来ませんが、なぜこの業界にはいったのか、これからどうするかなど、若い方ですがしっかりされているなぁと刺激になります。

また、夜の札幌のお店の状況や他のお仲間のお店もご一緒し、非常にいい時間でした。

僕自身、古い人間なので、zoomで見ればわかるだけでなく、直接言って感じ、考えることを必要に思い、参加しました。
また、それぞれの場で生きていくことの大切さを感じています。

当社もサービス部門(蔵元レストラン 世嬉の一、カフェThe Brewers Hiraizumiなど)は、今後どのように生きていくか結構苦境に立たされています。

でも、このように北海道で頑張っている皆様にお会いし、いろいろ話を聞くことで、刺激になりともにがんばろうと思います。

札幌のブルーパブも見学させていただきました。

Atta Maruyama様にきていただいたお客様、そして、企画していただいた宮口店長、スタッフの皆様本当にありがとうございます。

ぜひまたお伺いしますね。

素敵な時間をありがとうございます。

今日も世嬉の一は、現場を大切にし、元気に営業中です。

—-PR—

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hiyaoroshi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sanma

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は growlwersbana.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は pilsTopbana.jpg です
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/giftpamphlet2/gd543
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ienomi8hon.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tomatobeer1.gif です

トマトビールはご予約承り中!!!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato




Posted by sekinoichi at 04:17