世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:イベント

2020年07月06日(月)

全国地ビールフェスティバルin一関は形を変えて開催します!

夜も素敵な世嬉の一ですよ。写真ではわからないのですが、月の光が瓦屋根に反射して幻想的な雰囲気になります。

さて、多くの方々から今年の全国地ビールフェスティバルin一関の開催に関してご質問が多く寄せられました。毎年3万人以上集まる一関市のビックイベントとなっておりますが、やってほしいという声と、やらないでほしいという声がありました。かなり辛辣なメールもいただき、なるほどネットでは激しくなるなぁと実感したのもあります。
(基本、気にしていないのでいいのですが、削除はさせていただきます。また、見てあまりにも酷いものはそれなりに対処します。)

結論としては一か所に集まるイベントはせず、形を変えて開催します。一か所に集まらないので、期間も3日間ではなく長くなる可能性もあります。

ここまで来るのに大変でした。知らないところで中止になりそうだったり、開催できるとわかったときには一時、プロジェクト委員会では、新しいイベントを創ろうということで、三密をさけ、ソーシャルディスタンスも取れる、よりよい安全安心なまったく新しいイベントにしようと試み盛り上がりました。
結局、前回の実行委員会で、一関市役所の方針で8月までは人が集まるイベントは自粛という方針が決まったので、いままでのようなイベントは開催しないことに決まりました。

ただし、『全国地ビールフェスティバルを中止』という発表だけはやめていただくよう、諸先輩方にお願いし、なんとか「中止」ということだけは阻止できました。ご協力いただいた諸先輩方にすごく感謝でした。

なぜ、ぼくが「中止」とい発表にこだわったのか・・・
私たち世嬉の一酒造がこのイベントにかかわり、23年たっています。私が積極的にかかわり18年以上です。一部誤解があるようですが、世嬉の一の利益のためにはやっていません。正直、かなり僕らはこのイベントにスタッフも費用も持ち出ししておりますので、利益などはないです。当日もビールは岩手から遠いブルワリーから売れていきますので「いわて蔵ビール」が最も売れているわけでもありません。

ただ、このイベントにかかわってきた先輩方の熱意と祭りの盛り上がりが好きで本気で取り組んできました。

目的は、『一関市を盛り上げるという1点』です。

昔のこのイベントは県や市から補助金をもらい、大赤字のイベントでした。委員は手弁当で参加し、視察にいき、計画し、盛り上げ、今にいたっています。今は市から予算もほぼいただいておりません。
みなで工夫し、一関スタイルを創造し、徐々に多くのお客様が来ていただき、現在に至っています。
※市役所主催ではなく、あくまで民間の集まりが主催しているイベントです。

今回『中止』の阻止にこだわったのは、全国をみると、20年以上続いている地ビールフェスティバルはほぼなくなっています。新しいところはありますが、続けることに一関の意味がでてくると思っています。アフターコロナの町おこしにも寄与できると思います。

正直町の観光業・サービス業は疲弊しています。いくつかの仲間は続けることをあきらめたところも出てきています。

そのため、右にならえで『中止』というのは考えを放棄したと一緒で私は大嫌いでした。中止=安全と考えるのは今しか見ない生き方にしか思えないのです。

そういう点で、実は大阪府知事の考えは結構好きです(笑)コロナで命を落とす人もいるが一方経済で命を落とす人が増えるので両立を考えるという点です。

怖いから・・・万が一・・・とおびえ、おそれ、よそから来る人を拒絶する地域になってはいけないと思っています。

今回も、心配される方々は、『一か所に集まっては危ない』『コロナがでたら困る』という1点でした。だから中止ではなく、まったく新しいことを創造しようということです。
私たちは未来に向かってまったく新しいことを創造しないといけないと思います。特に若い世代(私はもう少しで終わりですが・・・)が中心に新しい生活様式を提案されているのであれば、その中でどう創り上げるか。辞めるのは楽で、創るのはしんどいですが、未来の幸せは創るほうが数千倍あると思います。

来週、第五回のプロジェクト委員会が開催されます。

コロナゼロの県にコロナを持ち込むようなイベントはするなとか、ちょっとでも危ないなら何でも中止とか、思考の停止する判断しかできないような形にならないよう・・・みなで話し合いたいと思いますし、全国のブルワリー様には協力をいただきたいと思います。

基本的には、街のお店、お店の中が小さいビアフェス会場になるようなイメージです。町全体が会場になるようなイメージです。安全と安心とイベントの楽しさという、一見矛盾した新しいイベントを創り上げようと思います。

アフターコロナはコロナがゼロだったと自慢する地域より、コロナのおかげでどんどん新しいことが生み出され、地域の若者たちが明るい未来を創造できる世界になってほしいと思います。

ご批判もたくさんあると思います。僕も実行委員会のはじっこの一人でしかありません。僕に決定権はありませんがよりよいイベントになれるように努力はしつづけようと思います。

とにかく私自身もチャレンジし続けようと思います。

今日も世嬉の一は、新しいことに挑みつつ元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503





Posted by sekinoichi at 08:04

2020年06月30日(火)

とにかく時間があるのでチャレンジ~岩手三社祭・・・岩手ブルワーズプロジェクト~

今日は少し雨模様の世嬉の一。草花が喜んでいるようで、どんどん育ってきます。愛心幼稚園のもち米田んぼもすくすくと育っております。

さて、今日は朝早くから花巻に完成した新しいビール会社「ブリュービースト」さんにお邪魔しております。またまた新しい取り組み、「岩手三社祭 ~岩手ブルワーズプロジェクト~」をスタートさせました。かなりハードな取り組みで、1週間のうちにそれぞれのビール会社で醸造することで、お互いの知識と技術を高めようという取り組みです。

第一回は、本日6月30日 花巻市 ブリュービスト様でサワーエールの仕込み

第二回は1日あけて7月2日に遠野市でズモナビール様でIPAの仕込み

そして第三回は7月4日でいわて蔵ビールでヘイジーIPAの仕込みを行います。

怒涛の1週間ですね(笑)
さて、今日はブリュービスト様でサワーエールというのですが、サワーエールというのは、通常ビールは糖分を発酵させてアルコールにしますが、その前に乳酸菌やヨーグルトで乳酸発酵をさせ乳酸をつくり酸っぱくしたビールになります。

今回は、ヨーグルトを使用し、副原料にキューイフルーツを使い、酸味も乳酸の酸味と果物の酸味を使ったビールになります。初めての試みです。

JR花巻駅の目の前にあるブリュービスト様、1回はパン屋さんになっていました。

ブリュービーストの畠山さん中心で今回のPJを行いました。
事前打ち合わせも行い、きれいな麦汁が出来上がりました。

美味しそうな一番麦汁です。

さらに、その後、麦汁を45度に覚まし、今回はヨーグルトを入れます。

これで24時間放置・・・明日にはPHが下がり、酸っぱいビールの原料が出来上がります。これを煮沸し、ホップと果汁を加え、ビール酵母で発酵させます。

どんなビールができるか楽しみですね。

明後日ズモナさんよりお伝えします。

3社のビールが出そろったら、お店でミニイベントをおこないたいと思います。

よろしくお願いします。

とにかく、今の時期は時間があるので、どんどん挑戦です。また、当社だけでなく他社と協力することで生まれる何かもあると思い、今回のPJがスタートしました。ぜひ楽しみにしてください。

今日も世嬉の一は元気に挑戦して営業しています。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK

仕込を終え、みんなで記念撮影、たまたま来られていたトレジオンレポートの社長と和君も一緒に撮影しました。



Posted by sekinoichi at 08:36

2020年05月27日(水)

愛心幼稚園児たちが田植えに来てくれました。(一関もち食文化の体験)

世嬉の一の敷地内には、様々な小鳥が鳴き、様々な花が咲いております。

さて、今日は毎年恒例の愛心幼稚園の園児の田植え体験です。毎年、園児たちに餅米の稲を植え、稲刈りまで体験を行っています。小さいときから自然と地域の食文化に触れていってほしいですね。
さて、今朝から元気な子供たちの声が敷地内にこだましました。

愛心幼稚園は本当に近所で2ブロック先から手をつないで歩いてきてくれます。かわいいですね。例年よりマスコミの方々も多く、びっくり。聞くと、イベントが中止だらけでコロナ以外のニュースが少ないとか・・・
さて、子供たちはそんなことは関係なく、どろんこの上に入ることが喜んでいます。

どろんこの中に入って、ヒメノモチの苗を一つ一つ植えていきます。

子供たちは一生懸命、そして楽しんでいるのですが、幼稚園の先生はお尻を汚さないように、必死でちょっとそのギャップが面白かったです。

子供たちが苗を植え終わった後には、この地域で恒例の田植え餅を食べていただきました。

小さいうちから地域文化に触れることで、子供たちの人生が豊かになれば嬉しく、世嬉の一がその一助になれれば幸いです。

これからはこの苗を大切に育て、子供たちが、秋に稲刈りに来てくれることを楽しみにしております。

今日も世嬉の一は、小さいお子さんに元気をもらい、地域文化を守り元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 11:04

2020年05月20日(水)

大好評によりリモート工場見学付きZOOM飲み会! #ビールで明日を幸せに

ここ2日間、雨が降っている世嬉の一。なんか、いろいろなものを流してくれそうで、気持ちの良い雨です。様々な音も吸収して、雨の音だけが静かに聞こえてきます。

さて、そんな静かな時もいいのですが、31日に久しぶりにイベントを開催します。第一回のZOOM飲み会で大人気だった「東北のブルワー」と一緒に楽しむに時間です。今回は、宮城県の仙南シンケンファクトリー様と一緒に開催することになりました。また、当社では私だけでなく、ビール工場長の後藤さんにも参加していただき、お客様に工場見学やビールの紹介などを行います。
毎回4種類のビールを紹介するのですが、今回のビールのいわて蔵ビールのコンセプトは「コラボレーション」です。
どんなコラボレーションだったのか、ぜひイベントに参加して知ってもらいたいなぁと思います。

https://www.facebook.com/events/266364844740227/


ZOOM飲み会付きビールセット(3000円税込・送料無料)

様々なコラボレーションで生まれた「いわて蔵ビール」のビールたち

・ヨイツギIPA
・マサジビールプロジェクト R-IPA
・三陸牡蠣のスタウト
・ジャパニーズハーブエール山椒

このようなビールを説明します。
仙南シンケンファクトリーさんも様々なビールをお送りします。

—–
参加条件は3000円の商品(税込・送料込)をご購入のお客様が対象になりますのでよろしくお願いします。
【いわて蔵ビール】
・ヨイツギIPA
・R-IPA
・ジャパニーズハーブエール山椒
・三陸牡蠣のスタウト
↓ ↓ ↓
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd539

【仙南シンケンファクトリー】
仙南クラフトビールの商品は
・ピルスナー
・ヴァイツェン
・ササニシキIPA
・スタウト
ご注文アドレス
↓ ↓ ↓
zao36.zao36@outlook.jp

ご注文の際は
①お名前
②ご住所
③電話番号
④メールアドレス
⑤生年月日
ご注文はメールにて承ります。
——

最近、コロナウイルスの影響で人と人のつながりが薄くなっている部分もあります。一時期は咳コム人がいたら、「大丈夫ですか?」と背中をさすったり手助けしたりしていた世の中でした。今は、人はよけていってしまうでしょう。

でも本来のつながりをネットを通じて様々なできればいいと思い、企画しました。また、東北にはいわて蔵ビールのほかにもたくさん頑張っているビール会社がありますので、一緒に紹介しようと企画しました。

よかったらぜひ参加して楽しみましょう。

あえて、日曜日の昼間に設定しました。家族で参加してもOKです。

ぜひぜひ今後ともよろしくお願いします。

このセットをご購入のお客様に、後ほどZOOM飲み会のアドレスとパスワードをお送りします。

様々なつながり、絆でたのしい家ノミを

今日も世嬉の一は新しいことに挑戦して元気に営業中です。

—-PR—–

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 08:23

2020年05月14日(木)

ちっちゃな改善の積み重ね・・・今のうちにできること・・・

今日も天気のよい世嬉の一。大蔵の前のミニ田んぼに水が入りました。来週幼稚園児が来て田植えを行います。
さて、今日からレストランお客様が来なくても通常営業をしようと決めました。
先日、ビジネスホテルの支配人とお話したら、夜お泊りの方が食事するところがないとのこと。宿泊されている方はどんな方ですか?とお聞きすると、企業のシステムエンジニアさんとかメンテナンスの方とか、一度東京に帰ると戻ってこれなくなるから岩手にずーーと泊っているそうです。それを聞いて・・・やはりサービス業としてやるべきことはやろうと思いました。
もちろん、三密を避けるや消毒液(当社で蒸留しているのであるのですが・・・)を準備したり、蔵なので換気がよかったりという点も準備しているので、スタッフと相談して営業することにしました。
しかし、お客様は来ないですがね(笑)
意地ですね・・・・

さて、お客様が少ない中でもやれることはある、今後のために小さいことから様々取り組んでいます。

その一つに包装紙作成。実は世嬉の一、いままで独自の包装紙がありませんでした。既製品をつかっていました。

今回、いろいろなご縁で知り合った、地元のイラストレーター、作家の戸田さちえさんにお頼みしました。そして、一関出身のデザイナー 白澤さんにお願いして試作をつくってもらいました。

戸田さんの絵は優しく温かいので私が好きだったからです。

新しいカフェのコーナーにも戸田さんの商品を置かせてもらっています。商品ですが、カフェのインテリアにもなっています。

戸田さんといろいろお話し、また戸田さんからご紹介をしていただいた一関出身の白澤さんにデザインしてもらいました。

コンセプトはもらってほっこりする包装紙。「世嬉の一」や「いわて蔵ビール」をめちゃくちゃアピールしなくてもいいです。蔵の中の植物や楽しさ、温かさが伝わるように・・・とお願いしました。

サンプルが出来上がったのですが、なんか嬉しいです。

世嬉の一はじまって以来のオリジナル包装紙です。意外ですね・・・いままでその金銭的余裕と心の余裕がなかったのかもしれません・・・

このような時期ですが、心の余裕は失わず、楽しくいきたいと思います。

今日も世嬉の一は緑の豊かな蔵で元気に営業中です。

—-PR—–

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood



Posted by sekinoichi at 06:52