世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:レストラン

2020年06月26日(金)

またまたお客様のためにスタッフが商品開発です。

やっと梅雨らしく、雨が降ってきました。毎日ちょうどよい天気になっております。紫陽花も咲きはじめ、これからが楽しみな時期ですね。一関にはマツコの知らない世界で紹介された紫陽花園もあるのですよ。

さて、世嬉の一ではお客様が少ないときは怒涛の商品開発を行っております。
新型コロナウィルスでいただいた時間を有効に使いましょうということで、実際には、会社に出社するスタッフは半分くらいですが、各部門それぞれお客様が喜ぶ商品開発づくりを行っております。

例えば、これです。

ビールを蒸留してアルコール65%の消毒液を作成していましたが、それを応用して・・・

クラフトジンの研究です。山椒や一関でとれる黒文字(高級つまようじ木)を使用したものなど盛んに研究開発をしています。

また、小春二条大麦を使用して、こはるこーら(クラフトコーラ)の開発が大詰めを迎えています。

さらに、地元のお客様との通い瓶として、そして日々三杯飲めるビールとして、「ピルスナー蔵シック」の開発と「蔵ウラー」の開発をおこなっておりましたが・・・

そこから派生して、ビールを入れる水筒、グラウラー (growlers)を開発しています。これは保温(つめたいまま)と 炭酸をキープできるので、飲食店にもっていってビールを量り売りしてもらおうことができます。

来月にはネットや店頭で販売します。

レストラン部門では、土日にすこしお客様がおこしになっておりますが・・・あるお客様がメニューを見て一言・・・「お肉食べたかったなぁ~」と話されていました。当社は郷土料理レストランですので、郷土食「もち」をメインにしたメニュー構成です。また地のものを食材に使用するので、地鶏や豚を使用した酒しゃぶ膳や酒粕焼きなどありました。

でもちょっと違ったようなので、すぐに開発しました。確かにコロナ前でも中国、香港、台湾の方々で牛肉が食べたいという方が多かったです。

そこで、開発したのが・・・

岩手県産ローストビーフ酒樽膳・・・ステーキ膳かなぁと思いつつ・・・ソースが決め手です。

このメニューは今週末から提供開始します。

さらにカフェ徳蔵では、より地元の方々に楽しんでもらえるようにパフェの夏バージョンを作成

真っ白の中に五層もの味の違いがあり、キューイフルーツでさっぱりとしています。実はまだまだ開発しているものがありますが・・・・

とにかく、今の時期はお客様が喜ぶものを見つけてスピード感をもって対応するをこころがけています。

世嬉の一の名前の由来「世の人々が嬉しくなる一番の酒造り」がコンセプトに各部門が頑張っています。

よかったら世嬉の一に遊びに来てください。

今日も世嬉の一は新しいことにチャレンジし、元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly





Posted by sekinoichi at 06:36

2020年06月03日(水)

攻めの経営その1「新店舗オープンします」THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzo

天気の良い世嬉の一。今年は猛暑になりそうですね。冬は雪がなくなって、夏は暑い・・・温暖化なのでしょうか?
さて、新型コロナウィルスの影響でまったくお客様が来なくなって早2か月。
世嬉の一も他のサービス業と同様、お客様がおらずどうやって雇用を守ろうと必死にもがいてきた数日でした。

おかげさまで、THE BREWERS Hiraizumiも5月30日から再開し、例年の30%くらいのお客様ですが、なんとか再開し始めました。
蔵元レストランの方はまだまだ難しいので、交代で出社し、清掃や草取り、時々テイクアウト、商品開発などを行っていました。スタッフたちも一生懸命。
でもやはり未来に向けて明るさと安心がないと・・・

そこで、THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoを本格オープンすることにしました。世間にコロナが蔓延し始めた時に、観光客ではなく、地元の方に来てもらえる店に作り替えようとして取り組んでいます。

初めて、チラシを出します!今回は6月13日からオープンしますが、地域の方々に対してオープンしようと思います。

また、席数も広く取ろうと思います(ソーシャルディスタンス?)

自家製チーズケーキセットも創ります。
アンカーコーヒーさんの豆を使用して一杯づつ入れるコーヒーです。

また、壁面には地域の作家さん(戸田幸恵さんの商品、丸山漆器さんの商品)なども展示しております。

はじめはうまくいくかわかりませんが、この時期を世嬉の一の生まれ変わる時期と捉えて、今こそ攻めの経営をしていこうと思います。

実はこれ以外にも商品開発やら、様々なことを企画しています。

コロナや景気や政府行政のせいにしても生き残れない、自分たちで切り開く!

そんな気持ちでスタッフ一人一人が燃えています。

THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoはちょっといい雰囲気のカフェでお客様を和ませれるようにしたいと思います。

今日も世嬉の一は、新しいことにチャレンジして元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi



Posted by sekinoichi at 06:48

2020年05月27日(水)

愛心幼稚園児たちが田植えに来てくれました。(一関もち食文化の体験)

世嬉の一の敷地内には、様々な小鳥が鳴き、様々な花が咲いております。

さて、今日は毎年恒例の愛心幼稚園の園児の田植え体験です。毎年、園児たちに餅米の稲を植え、稲刈りまで体験を行っています。小さいときから自然と地域の食文化に触れていってほしいですね。
さて、今朝から元気な子供たちの声が敷地内にこだましました。

愛心幼稚園は本当に近所で2ブロック先から手をつないで歩いてきてくれます。かわいいですね。例年よりマスコミの方々も多く、びっくり。聞くと、イベントが中止だらけでコロナ以外のニュースが少ないとか・・・
さて、子供たちはそんなことは関係なく、どろんこの上に入ることが喜んでいます。

どろんこの中に入って、ヒメノモチの苗を一つ一つ植えていきます。

子供たちは一生懸命、そして楽しんでいるのですが、幼稚園の先生はお尻を汚さないように、必死でちょっとそのギャップが面白かったです。

子供たちが苗を植え終わった後には、この地域で恒例の田植え餅を食べていただきました。

小さいうちから地域文化に触れることで、子供たちの人生が豊かになれば嬉しく、世嬉の一がその一助になれれば幸いです。

これからはこの苗を大切に育て、子供たちが、秋に稲刈りに来てくれることを楽しみにしております。

今日も世嬉の一は、小さいお子さんに元気をもらい、地域文化を守り元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 11:04

2020年05月24日(日)

安心してください。普通に営業しております。平泉にあるカフェは5月30日から

世嬉の一の敷地内には野草が咲いてきております。また、お客様が少ないせいか、日中から小鳥やカエルの鳴き声が元気に響いております。

素敵な時間を過ごしております。

さて、昨日ビール会社関係の友人が隣の県宮城県塩釜市から来てくれました。今後のことで打ち合わせでしたが、その際、岩手県は感染者ゼロだから迷惑かけないように気をつけてきました。と言われました。
そして、県外の人を嫌がるのではと思っていました。と話されて、「え!」と思いました。

なるほど・・・岩手県コロナ患者ゼロだから余計、気にする人はいるのでしょうね。当社は特に気にしておりません。というか、もともと微生物を扱う酒造会社ですので、どのようにすれば感染を防げるか、菌に関してもある程度の自信があります。過剰ではないですが、適度に感染防止策をねっているのでお客様には安心してきていただきたいです。

岩手県知事も県外の往来に関して禁止しておりません。

https://mainichi.jp/articles/20200516/ddl/k03/040/052000c

さて、当社ではどのように対策しているか・・・特に蔵元レストラン世嬉の一の場合は・・・下記のようにしています。

まずは、入り口には消毒液!(当社で製造しているアマビエ65%があります)

天井の高いレストランホール、もとは窯場に使われ、天井には湯気抜きがあり、暖房効率超非効率というくらい、天井と換気の多いレストランです。

さらに、さりげなくテーブルの間には衝立を置き、飛沫防止をおしゃれに演出(笑)

そして、ソーシャルディスタンスを保つため、間の席には・・・・

俺の席だといわんばかりの子熊が座っていますので、ソーシャルディスタンスをとりつつ、コロナでイガイガした心も癒してくれます。

スタッフたちも、一回接客したら手を洗うこと、マスク着用での接客をすることなどを決め、安心してお客様にご利用いただいております。

私どもとしては、県境にある地域で100年以上仕事をさせていただいておりますので、どこの地区だから来ないでくださいということはありません。

等しくお客様がご来店されたらサービスをさせていただいております。

ただし、あまりにも咳がひどいお客様や、マスクエチケット等の他のお客様が不安になる場合にはご遠慮していただく場合がありますのでご容赦ください。

現実的に、岩手県の飲食店でも様々なお店があることは存じておりますが、世嬉の一酒造においては、「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」という名の通り、蔵元レストラン世嬉の一も「世の人々が嬉しくなる一番の場づくり」を目指して、営業をしております。

どうぞ気軽に遊びにお越しください。

尚、平泉にあるThe Brewers hiraizumi(カフェ)は、中尊寺金色堂の閉鎖および、当社のお店がある町営駐車場が入場禁止のため、営業を断念しておりましたが、1日から金色堂が空くということで、5月30日(土)より営業を再開いたします。

こちらもなにとぞよろしくお願いします。

どんな状況でもお客様に喜んでいただくため、今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—-PR—–

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/gd539



Posted by sekinoichi at 12:46

2020年05月10日(日)

新人研修~任給は感謝のしるし~

お客様が少ないからか夜になると昨年よりカエルの合唱が早い時間からスタートしてきます。昨日も夕方から大合唱。そのほか、トカゲやカエスなどの小動物や小鳥、草花が咲き誇る、世嬉の一の中庭です。

素敵な時間をいただいていると思い、耐えつつ楽しもうと思う日々です。

そんな中、今年4月入社の子供たちから感想文が提出されました。

今年の子供たちは4月に入社式していらい、数日しか出社しておりません。新型コロナの影響で、ほとんど仕事がなく、研修や出荷の手伝いにちょっと来てくれるだけです。

それで働いた気にもなかなかないかもしれませんが、きちんと初任給はお渡しします。世嬉の一では、初任給は必ず現金払いになります。
そして会社命令として下記の文章をお渡しします。


初めての給与に関して(宿題)
 初めての給与おめでとうございます!生まれて初めて自分自身の力でお金を稼ぐことができましたね。今までは、ご家族に支えられて育ってきました。
 お金を使う事があっても、お金を稼ぐことはない人生でした。これからは違いますね。自分の力で稼いだお金で自分の人生を作っていくのです。もしくは、自分の力で稼いだお金で自分の大切なものを守るために使うのかもしれません。
 さて、今回支給される給与は正真正銘のあなたの人生で初めての給与です。これは人生で1回しかありません。

この記念すべき初めての給与をどう使用しますか?
あなたは、今まで親に大切に育ててもらってきているのです。
この時にしかできない親への感謝を伝えるチャンスです!
この初任給を使って報恩の意を伝えてください!
初任給は下記のとおりにしてください。

  1. ご家族をよぶ
    (ご両親を両方座ってもらってください)
  2. あなたも座ってください。
  3. 次のような言葉をお伝えして感謝の意を表現してください。

「今まで育てていただき、本当にありがとうございます。これは、私が生まれて初めて自分の力で稼いだ初任給です。この給与はすべてご両親におあずけいたします。今まで育ててくれて本当にありがとうございます。」

  • その後、給与をどのようにするかは親に任せましょう。あなたは次の月からも給与はもらえるのですから・・・

感謝の気持ちを伝えたときの気持ちを感想文にして提出してください。
お金以上に得られるものは大きいはずです。この初任給の意味を深く考え、これからの人生の糧にしてください。


これを伝えると・・・社員は最初は「え!?」という顔をします。
だけど、当社のスタッフはみんな素直なので、すぐにわかりましたと言ってやってくれます。
で、実際にやると親が「え!」となるそうです。でも実践するスタッフと親に感謝ですね。親も子供のそのような姿勢に感動しますし、子供(当社のスタッフ)も得ること、感じることが大きいようです。

そして、その時感じたことを忘れないよう感想文にしてもらいます。

今年の新人さんたちも感想文で感謝の心を記載していますが、その中で、今回僕の気にとまったのものは「親を支えるようになりたい」とか、「使ってしまうのは一瞬だけど、稼ぐのは時間がかかるお金を大切に使いたい」という文章でした。頑張ってほしいなぁと思います。本当に素直でいいスタッフが入社してくれたなぁと思います。

この子たちのためにも会社で活躍できる場をつくらないとと思います。最低でもつぶさない会社にしようという意欲がわきます。新型コロナウィルスの影響は大きいですが、その分よりよい会社に蛻変していきたいと思います。

今日の世嬉の一は素敵なスタッフが入社して元気に営業中です。

—-PR—–
初の試み、ビール説明会付き、ビールセット(5月15日19時開催!)
残り5枠になりました!!!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/0515

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood



Posted by sekinoichi at 02:27