世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:東日本大震災

2020年03月13日(金)

梅が咲きました!静かな世嬉の一

春の世嬉の一。今日は最高気温16度の予想。温かいですね。ただ、夜は雪という予報、三寒四温といいますが、温度が一日で大きすぎるなぁ・・・

さて、そんな中、梅が咲きました。

桜も嬉しいですが、梅の花も綺麗で力強いですね。東日本大震災から9年。9年前は、みんなで炊き出ししていました。懐かしい写真を見つけました。

なんか懐かしいですね。今は落ち着いて経営できる喜びを感じています。

さらに、先日全国放送で当社が放送されたそうです。タビフクというBSの放送だそうです。

https://www.tbs.co.jp/tabifuku/next_movie.html

蔵元レストラン世嬉の一の餅食文化が紹介されたそうです。当社のスタッフと相談役が出ていましたね。一関の餅食文化を上手に紹介してくれていました。

よく社長は出ないのですか?と聞かれますが、実は極力、私自身はテレビやマスコミに出ず、スタッフに出てもらうようにしています。もちろん、私が出てくださいと言われれば出ますが、特に要望がなければスタッフを出したいと思います。

なぜなら、スタッフたちが出演すると本人も喜ぶしその家族も喜びます。また、現場で実際にやっているので、私よりより現場的な話ができるからです。

※もう一つ、私自身、服装や身なりをあまり気にしていないので、テレビうつりがよくないのもあります。

今回もタビフクでは餅つきを一生懸命行うスタッフ、料理を説明するスタッフが活躍してくれています。

一人一人がスポットのあたる会社にしたいなぁと思っているのでうれしいです。

よかったらまた見てください。

一ノ関は梅の花が咲き、心も踊る感じです。

世嬉の一は今日もスタッフ一人一人元気に営業しています。



——PR——-

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd486



桜嵐IPA(桜の香りのビール)只今予約受付中
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer

詳細はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer

シードルはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd495

有機無農薬米のお酒はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd491

バーレーワインの販売開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE





Posted by sekinoichi at 02:01

2020年03月11日(水)

震災から9年目を迎えて、皆様への現状のご報告と感謝の思い

震災から9年目を迎えて、皆様への現状のご報告と感謝の思い

いつも世嬉の一酒造をご愛顧いただき本当にありがとうございます。

新型ウィルスの影響で苦労されている方々、大変な思いをされている方々にお見舞い申し上げます。いろいろ大変な世の中ですが、よりよい未来に向かって進めるよう今を大切に共に生きましょう。共に頑張りましょう。

さて、東日本大震災から9年目に入りました。震災時に家内のお腹の中にいた次女も小学低学年。幼児だった長女も小学校高学年になっています。長女は震災時の事を覚えていますが、怖さよりいつも家にいなかった私が家族と一緒に蝋燭の明かりの下で食事をすることが嬉しかったという思い出が強いようです。二人とも今は元気に過ごしております。

世嬉の一酒造も新しいスタッフが入社し、どんどん進化していっております。

9年前は、日々瓦礫の片付け、沿岸被災地の支援、炊き出しと忙しくも、明日はどうなるのだろうと漠然とした不安で押しつぶされそうでした。現在の世嬉の一は、新しい事にチャレンジする会社になっています。当時このようにチャレンジできる状況になるとは夢にも思いませんでした。

震災時、家族の幸せ、スタッフ達の幸せを願い、お客様に支えられ、目の前でできる小さな事をただただ行っていました。また、それしかできませんでした。そこから、多くの仲間や多くの客様から様々な情報を頂き、学び、その時をすこしづつ改善し、今があります。

震災当時12名のスタッフも今は26名、来月は地元の高校を卒業したスタッフが2名入社してきます。パートアルバイトさんも含めると44名の会社になります。すべてがすべてうまくいっているわけではありませんが、新しいことにチャレンジしつつスタッフ一同元気に過ごしております。

このような状態になったことに本当に感謝しかありません。ありがとうございます。

私自身、大きな目標や大きな野望をもって生きている経営者でもないのですが、震災の時に、ある経営者からいただいた詩が支えになっておりました。少し紹介します。

「遠きをはかる者は富み 近くをはかる者は貧す それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う まして春まきて秋実る物においてをや 故に富み有なり 近くをはかる者は 春植えて秋実る物をも尚遠しとして植えず 唯眼前の利に迷うてまかずして取り 植えずして刈り取る事のみ眼につく 故に貧す 二宮尊徳」

 この詩を机の上に置き、毎日見ております。震災でお世話になった人たちへの感謝の思いを心に刻み、お客様のため、地域のため、スタッフのために新たな苗を植え続けたいと思います。

また、私たちは震災の際に、譲り合いや共助の心で生き抜いてきました。そこには日本人としての温かさ、力強さ、心の豊かさがあったと思います。昨今のウィルスで、悲しいニュースが聞こえてきますが、世嬉の一スタッフは『咳する人がいたら「大丈夫ですか」と言ってかけよることのできるような心』を持ち続けたいと思います。

まだまだ頼りない世嬉の一ですが、今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

今日も世嬉の一スタッフ一同、元気に過ごしております。繰り返すようですがこれも皆様が支えてくれたおかげです。本当にありがとうございます。

末筆となりますが、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

令和2年3月11日

世嬉の一酒造株式会社   

代表取締役社長 佐藤 航 

追伸 今年は一関でも梅の花つぼみが大きくなってきております。皆様にとってやすらかで素敵な春になることをあわせてお祈りいたします。機会があれば世嬉の一に遊びに来てください。



Posted by sekinoichi at 09:38

2020年03月10日(火)

今だからこそ前を向く!(蔵元レストラン 世嬉の一)

今日は小雨の降る世嬉の一、花粉症の方には落ち着いた1日になりそうですね。新型さんも雨で流れていってくれればいいですね。

蔵元レストラン 世嬉の一では、毎日が開店休業状態ですが・・・
10年以上勤めている慌てた様子のないスタッフ達です。修羅場のくぐり方が違うから(笑)。今まで経営していて、何度も自分たちの力に及ばないことでお客様が来なくなることは何回もあったので・・・

だから、スタッフたちも今だからできる掃除(梁の上やお客様の見えないところなど)をしてみたり、断捨離してみたりしていました。
ただ、ここ数年当社に来てくれているスタッフ(特にパート、アルバイトさん)たちは不安の様子でした。

当社では、どこまでうちの体力がもつかわかりませんが、パートさん、アルバイトさんには、出社していなくても昨年と同様の給与をだしますよと宣言しています。お客様が来ないので会社で捻出していかないといけないのですが・・・でもこれまで頑張ってくれているスタッフさんは社員もパートさんも一緒なのでピンチの時は一緒に過ごしていこうという考えでおります。

なので、月曜日と水曜日だけ出社していただき、勉強会をすることにしました。

勉強会が終わったら、ビール部門や酒部門のラベル張りなど何か手伝うことをみんなでやろうと決めした。

勉強会の様子です。(写真だといやがるパートさんもいるので最近はまているアプリで加工しています。)当社は、18歳の社員から74歳のパートさんもおります。まさに大家族みたいな様相。パートさんも含めた勉強会は初めて!

今回、行ったのはまずは現状分析。皆が普段思っていることを言ってください。と意見をお互いに出してもらいました。

いろいろ出ます。耳の痛いこともありました。「社長の考えがわからないとか(笑)」リーダーからパートさんに全体像を話していないとか・・・

でもそんな中でも、皆で「蔵元レストラン 世嬉の一」をどうしようかという話はたくさん出ました。

蔵元レストランせきのいちは、郷土料理レストランであり、蔵元のレストランです。もっと地域性を出そう、もっと四季折々の料理を出そうと話し合いました。

細かい課題もでました。衛生管理をきちんとしようとか、前向きな意見もどんどん出てきます。

ホールスタッフも厨房スタッフも分け隔てなく、おばちゃん達だからすぐに話は脱線しますが・・・

最後は、5月~6月のメニューの改善提案を皆で話し合いました。

どんなメニューにするか具体的に行い、実行まで結び付けていくことで、この新型ウィルス騒動が終わったときには、蔵元レストラン世嬉の一は創造力豊かな素敵なレストランに生まれ変わっていると思います。

東北人は震災の際も我慢強いとよく言われました。確かにそうかもしれませんが、ぎゅっとこらえてではなく、明るい未来を想像して、楽しく我慢する力をつけていますよ。

今日も世嬉の一は、お客様が来なくても明るく前を向いて元気に営業中です。

——PR——-

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd486



桜嵐IPA(桜の香りのビール)只今予約受付中
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer

詳細はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer

シードルはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd495

有機無農薬米のお酒はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd491

バーレーワインの販売開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 11:06

2020年03月04日(水)

東北魂ビールプロジェクトイベントと勉強会!

3月2日と3月3日、東北魂ビールプロジェクトの勉強会とイベントを行いました。

今回、新型ウィルスの影響で、イベント自粛要請がございましたので、スプリングバレーブルワリーで開催する100名規模のイベントは中止し、勉強会とビアバー様をお借りして行う店舗の通常営業の範囲内でのイベントを開催しました。

このような情勢の中、イベントを開催するのに戸惑いがなかったわけではありません。ただ、当社もそうですが、飲食店は外出禁止で困難な状況に陥っております。私たちの酒・ビール部門もそうのような飲食店に支えられて今があるので、通常営業の範囲内でのイベントは実施しようと思い、参加しました。

通常営業をメーカーが応援することでお互いの助けになればとの考えからです。もちろん、僕らは食品工場なので、消毒用アルコールもいっぱいありますので、そのような準備もしっかり行い、開催させていただきました!

実際開催したら・・・

大盛況でした。笑顔と楽しい時間は免疫力を高めます。正しく生き、楽しく過ごし、明るい未来にするには、除菌、閉鎖、だけでなく個々人の免疫力が高める生き方も大切なのかもしれません。

これからほぼイベントはなくなりますが、来ていただいたお客様、開催してくれた店舗様、スタッフ様、東北魂ビールのメンバーに感謝です。

【開催したイベント】
3月2日 Craft Beer ServerLand 赤坂見附店
東北魂ビールビールタップテイクオーバー

https://www.facebook.com/events/501268500527886/?active_tab=about

3月3日 I BREW 新橋店 
東北魂ビール7社一斉開栓 

https://www.facebook.com/events/1082050852145824/

また、実は東北魂ビールプロジェクトのメインは勉強会なので、こちらはしっかり行いました。

今回醸造したビールはSMaSHペールエール。シングルモルト、シングルホップのビールで、一種類の麦芽、一種類のホップしか使用しない単純な造りです。

また、全員酵母を一緒にして、糖化プログラム、苦さ、などレシピを共通しました。

これにより、それぞれの醸造の違いがすごく明確になります。美味しいまずいをみるのではなく、それぞれの醸造の癖や考え方を実際に行ったことと、数値と比較して学ぶことになります。

これが本当に参考になります。自分達で計画した数値にビールがきちんと成り立つか・・・ここに技術の向上がつながります。

これが東北魂ビールの本来の意味で、東北には美味しいビールが沢山あると言われるようになりたいと思っています。

今回も本当にいい勉強になりました。

今日も世嬉の一は、明るく正しく元気に営業しています!

——PR——-



桜嵐IPA(桜の香りのビール)只今予約受付中
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer

詳細はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd486


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd489

シードルはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd495

有機無農薬米のお酒はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd491

バーレーワインの販売開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE





Posted by sekinoichi at 05:59

2020年02月28日(金)

困難は世嬉の一酒造を強くする!

雪の世嬉の一。朝粉雪が降っていました。とてもきれいな空気の中いい感じの雰囲気です。

さて、政府が新型コロナの方針発表をして、世の中ざわついているとき、蔵元レストラン世嬉の一には、多くの予約キャンセルの電話が響きました。

1日で250人以上のキャンセルでした。明日の予約分から5月の旅行の予約まで、まちまちです。明日もまた何件かくるでしょう。

普通に考えたら企業として、真っ青になり慌てふためくところですが・・・

実は世嬉の一はこういう事が何回か過去ありました。

最近は、9年前の東日本大震災、数か月お客様0人でしたね。

その前は、岩手内陸沖地震、6か月間くらい観光客が来なかったです。

その前は岩手宮城内陸地震・・・

最初の時は本当に会社大丈夫か?どうしよう?と右往左往して何もできませんでした。岩手宮城内陸地震の際は、みんなで掃除しようって蔵の梁の上まで掃除しました。

東日本大震災の際は、隣町を援助にいったり、炊き出ししたりしていました。

こういう言い方おかしいですが、経営してたら、とんでもないことが起きるのは当たり前、スタッフもそれほど慌てていません。

今回も大幅に時間ができることがわかります。

今回も、今までできなかったことに取り組める時間をいただいたと思い、嵐が去るのをただじっと待つだけでなく、嵐を去るのをまちつつ、新しいことに取り組んでいきます。

例えば、レストランの新商品メニュー開発、インバウンド向けのメニュー表の作成、お客様をお待たせしない受発注システムへの変更。

やらなければいけないことが沢山です。

新型コロナウィルスが落ち着いたときに、世嬉の一がパワーアップして再始動できるために今を大切にいこうと思います。

世嬉の一は、過去の困難を乗り越えながら強くなってきました。まだまだの会社ですが、またいいチャンスをもらったと思い、さらにチャレンジしていきたいと思います。

私自身もこういう時にいつも思い出す言葉があります。故舩井幸雄氏が話していた「過去オール善」。過去に起きたことを未来がよくなるようにとらえ、今を大切に生きるということだと先輩からは教わりました。

こういう時だからこそ「過去オール善」で進んでいきたいと思います。

今日も世嬉の一は、過去オール善で元気に営業していきます。

——PR——-


桜嵐IPA(桜の香りのビール)只今予約受付中
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer

詳細はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd486


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd489

シードルはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd495

有機無農薬米のお酒はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd491

バーレーワインの販売開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE



Posted by sekinoichi at 12:18