世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:東日本大震災

2016年04月27日(水)

熊本震災支援チャリティーイベント開催しました。多くのお客様ありがとうございます。

昨晩、恩返しチャリティーイベント、熊本震災チャリティーイベントを急遽開催されました。

今回のイベントでは、東日本大震災で多くの支援をいただいた私達が、何かできることがないか・・・・

ということで、東北の7社のビールメーカーの協力と仙台の2店舗のビアバー様にご協力をいただき、チャリティーイベントを開催しました。

協力していただいたのは・・・

ビール提供:いわて蔵ビール、福島路ビール、猪苗代地ビール、あくらビール、遠野ズモナビール、やくらい地ビール、仙南シンケンファクトリー

会場と運営:アンバーロンド、ベルギービールダボス

そして・・・多くのお客様

このイベントは、ビールを提供し、その売り上げを義捐金として熊本にお送りしようという企画で始まりました。

詳細はこちら

恩返しチャリティーイベントとしたのも、5年前の事がフラッシュバックしたからです。

  熊本震災支援メンバー

チャリティーイベントのスタート前に、アンバーロンドでみんなで記念撮影をしました。

当日来てくれたのは、左から、福島路ビールの吉田さん、アンバーロンドの田村さん、私、ベルギービールダボスの庄司マスター、仙南シンケンファクトリーの岡さん

実は、15日頃企画をし、よびかけ、18日頃決定、わずか一週間でどれほどのことが出来るのか・・・

お客様が来るかとても心配でした。火曜日平日でしたし・・・

熊本震災チャリティー アンバーロンド

お店を開けて早い時間に来て下さったのは、なんと・・・他のビアバーの方々。

グッドビアマーケットENNさんのスタッフやクラフトマンのスタッフの方々。

本当にうれしいですね。

今回、仙台で行ったこと、また、なぜこの2店舗にしかたという理由は、実はよくよく考えての事なのですが、

営業前もしくは終わってから仙台の他のビアバーの方々が来てくれて本当にうれしかったです。

なぜ仙台の2店舗にしたかはこちらに記載しています。

そして実際に始まると・・・・

熊本震災支援チャリティー

すぐに席は満杯!最初一人一人にご挨拶しながらでしたが、ブルワーもサービングの手伝いが必要になりました。

福島路ビールの吉田さんもサービング中。

今回、2店舗で150Lのビールを準備したのですが、ほぼ完売でした。

ベルギービールダボスさんは、4タップだったせいもありますが、5時にスタートして9時半には完売してしまいました。

人が入れず外に人があふれていました。

13083116_837233046409571_6677389851395666729_n

東京の方がわざわざ仙台に出張を入れ、その帰りにこのイベントにもきていただきました。

嬉しいですね~

また、熊本出身の方や九州出身の方も来ていただきました。

ベルギービールダボスさんでは、カウンターの席を外してスタンディングバー状態

熊本震災支援 ダボス

ダボスマスターも一生懸命です。

ダボスマスター

料理も追いついておりません・・・ビールサービングも追いつきません。

そんな中、グッドビアマーケットのENNさんスタッフが、ビールサービング、グラス洗浄など様々な事を手伝ってくれています。

熊本震災支援

素晴らしいですね。みんなで協力してイベントを盛り上げました。

そして少しでも東北から熊本や大分の被災した方々へ応援できればという気持ちで会場は一杯でした。

13096141_1301749989841185_1424982821857041783_n

イベントが10時に終わりアンバーロンドの田村さんと集計中・・・・

田村さんも店の外まで使用して対応していただき、正直最後の最後まで注ぎっぱなしでした。

ビールを注ぐたびに愛情がたくさん注がれる様で、今までで一番美味しいビールになった気がします。

メッセージ

最終的に・・・・

皆様からいただいた、義援金総額は、アンバーロンド様で122600円。
ダボス様で、83405円。計20,6005円となりました。

この義捐金は、当初このイベントきっかけとなった熊本の個人のボランティア様にお送りする予定でしたが、

そちらの方は間に合ってきたとのこと。

中長期的な支援に切り替わるとのことでしたので、熊本県、大分県の行政に直接お送りすることになりそうです。

今回、私達ビール屋が出来る支援ということで、このようなイベントを開催しましたが、多くの協力していただいた、

お客様、ビール会社の皆様、ビアバーの皆様に感謝し、

熊本・大分の皆様に元気になっていただきたいと願っております。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。
 



Posted by sekinoichi at 12:06

2016年04月20日(水)

急遽開催!熊本応援チャリティーイベント(仙台で開催します!)

熊本震災支援チャリティーイベント開催

~東北7社のビール会社と仙台2店舗のビアバーが協力し

恩返しチャリティーイベントを開催します~

IMG_0335

 

東北のビール会社と仙台のビアバーが協力して熊本震災支援イベントを行います。東日本大震災で多くの方々にご支援いただきました。今度は私たちが出来ることをやる番だと思いました。私達ビール屋が今できることを考え、このイベントを急遽開催することにいたしました。

 

■チャリティーイベントの内容

東北のビール会社7社より協賛いただいた樽生ビール1杯500円をビアバーで販売します。1杯飲むことに500円を義捐金とします。


■支援先
今回このイベントでのビール代金、全てを「熊本被災地」に義捐金として寄付いたします。
寄付の先ですが、現状では物資など行き届かないところなど様々あるようです。現地でボランティア活動をされている方もしくは、熊本行政に直接お渡ししようと思います。
ボランティアの候補は私が紹介を受けた、「前畑 佑亮」様、現地の調剤薬局の方で直接ボランティアをされている方です。
もし彼に寄付する場合、もちろん義捐金の使い道などご報告いただくことになっております。
ただ、現地の状況が来週どうなっているか予想出来ません、もしそれまでに公的な機関やNPOなどの活動により、個人的な物資支援が必要ない状況であれば適切な機関を選ばせていただいたうえで、一番早く役に立つ「支援金」として寄付させていただきます。
この結果はフェイスブック、当社のHPで随時ご報告いたします。
 

■イベント開催日時および店舗

平成28年4月26日(火)17時~営業終了日まで

会場1 アンバーロンド

 〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2−5−7 YS51ビル2F TEL: 022-211-5686

会場2 ベルギービールダボス
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区青葉区一番町1丁目6−19 TEL: 022-211-6816
 

■■■協賛企業および店舗■■■
【東北のクラフトビール各社】
あくらビール(秋田)、いわて蔵ビール(岩手)、遠野ズモナビール(岩手)、仙南シンケンファクトリー(宮城)、やくらい地ビール(宮城)、福島路ビール(福島)、猪苗代地ビール(福島)
【ビアバー】
アンバーロンド、ベルギービールダボス
 

 

【問い合わせ先】             

いわて蔵ビール(世嬉の一酒造株式会社)

代表取締役社長 佐藤 航

〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42

TEL:0191-21-1144 

E-mail:staff@sekinoichi.co.jp



Posted by sekinoichi at 08:51

2016年04月02日(土)

今年も皆様からの浄財を「いわての学び希望基金」に寄付させていただきました。

4月2日土曜日。 岩手県からお礼状が届きました。 毎年店頭のレジに置いてある募金箱に入った震災寄付金を今年も「いわて学び希望基金」に寄付させていただきました。 このいわて学びの希望基金は、震災で、親を失った子ども達の独立するまでの息の長い支援を目的としてできた基金です。 主に、両親を亡くした孤児や、片親を亡くした遺児の社会人として独り立ちするために学業や生活を支援するための基金です。 今年も店頭でいただいたみなさまの善意に、当社から少しだけ追加させていただき、学びの基金に寄付しましたのでご報告申し上げます。

領収書

今年は、皆様かの寄付が5995円でした。当社からも5万円お出しし、10万995円を寄付しました。

今年で寄付は3年目、トータル66万1113円寄付しております。

引き続き、店頭募金と福香ビール&酒による恩送りプロジェクトを行っていきたいと思います。

岩手県から届いたものもこちらで掲載させていただきたいと思います。

まずは、活動状況です。

学びの希望基金活用状況

そして、基金を受け取っている子供たちからの手紙もありますので掲載します。

子どもたちのメッセージ1

子どもたちのメッセージ2

子どもたちのメッセージ3

子どもたちのメッセージ5

そして、岩手県知事様から感謝状が来ています。当社にというより、皆様へと思いますので掲載します。

知事の感謝状

そして活動報告もありましたので掲載します。

新聞1

 

新聞2

以上報告になります。

だんだん、震災も忘れ去られてきておりますが、孤児、遺児の方々は力強く前にすすんでいっております。

世嬉の一も微力ながらお手伝いできるように頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。



Posted by sekinoichi at 06:32

2016年03月11日(金)

震災から5年目、お世話になった皆様へ~感謝と決意~

震災から5年皆様に感謝と私たちの決意を手紙の形で記載させていただきました。

つたない文章ですが、お読みいただけれれば幸いです。

1P

2P

3P

4P

5P

6P

7P

8P

9p

10p

11P

—————

3.11あの日から5年が過ぎようとしています。あっという間の5年間のような気もしますし、つい先日のような気もします。

あの日の事をみんなで会話することは、年月とともに徐々に減ってきました。しかし世嬉の一スタッフ一人一人があの時期に経験したことを鮮明に覚えています。

そして、一つはっきりしているのはあの日を境に、あの経験があったおかげで、私達の生き方が変わったことです。

あの日、こうすればよかった、なぜそうしたのだろう、など私自身もいまだに悔いがあったことや反省することが多くあり、時々暗雲な気持ちになります。

ただ、もう一つ常に思うことがあります。故船井幸雄先生の経営の教えで「過去オール善」という言葉です。「過去をすべて肯定して生きていきなさい。」という風に説明されたことがあります。

まだ若い時にその言葉を聞いたときは、不慮の事故にあった人がそのような気持ちになれるわけがないと思っておりました。

だた、実際に震災にあった際に、「過去オール善」という言葉とともに、当時の上司から教わった、『過去オール善とは、未来の自分から見て、あのつらい体験があったからこそ今の成功があるよう今を行動し、生きることだ。』と教わったことも思い出しました。

過去オール善とは、未来志向の言葉だった事を気づき、勇気づけられたことを思い出します。

 

あれから5年間、世嬉の一は今もがむしゃらに走っています。

急ぎすぎて失敗したり、迷惑かけたり、困惑したり、いまだにドタバタな会社ですが、一つだけ変わったのは、スタッフ一人一人がより良い未来に向けて進んでいる事です。

10年後、もしかしたら30年後の自分たちが、震災が一つの分岐点となったおかげで、今より素晴らしい地域ができたのだと言えるようにしたいと思います。

 

このような気持ちになることが出来たのも、この5年間多くの人々に支えられた結果だと思います。

震災の時から支えてくれるお客様、お取引様、アドバイスをいただける多くの先生方、同じ未来を見て学ぶ仲間たち、そしてこの5年間共に世嬉の一を支えてくれたスタッフとその家族。多くの出会いが私達世嬉の一を前に進ませてくれております。

 

この五年間、私たちは多くの人から多くのご恩をいただいてきたと思います。これは決してそれぞれに返しきれるものではない大きなものです。ただ、そのご恩をいただいているだけでなく、次のだれか困っている方におくれるようにしたいと思います。

震災後に当社の復興のために尽力していただいた経営者の方から、二宮尊徳の詩をいただきました。これを常に私の机の前に置き仕事をしております。

 

遠きをはかる者は富み
近くをはかる者は貧す
それ遠きをはかる者は百年のために
杉苗を植う
まして春まきて秋実る物においてをや
故に富有り
近くをはかる者は
春植えて秋実る物をも尚遠しとして植えず
唯眼前の利に迷うてまかずして取り
植えずして刈り取る事のみ眼につく
故に貧窮す

 

 

私は100年先にどのような世界になっているか創造はできませんが、私の子供達世代や孫たち世代がいい街だなぁ、いいところでしょうと自慢できる地域として残っていたら嬉しいなぁと思います。

 

私は多くの事や大きなことはできませんが、孫の世代にせめて『一関の世嬉の一さんっていいところですね』と言われる会社にしていきたいと思います。

 

このような気持ちで今日もちょっとだけ無理して頑張ろうと思います。

そして、震災以前、以降と支えてくれた多くの皆様に感謝したいと思います。本当にありがとうございます。

 

最後に、いまだ震災の影響で大変な思いで生活している方が少しでも幸せになることをお祈りいたします。

東北が日本の中で魅力ある地域になるよう、そこに住む一人として努力し続けたいと思います。

 

平成28年3月11日

 

世嬉の一酒造株式会社

代表取締役社長 佐藤 航



Posted by sekinoichi at 10:07