世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:世嬉の一スタッフ紹介

2021年09月27日(月)

50歳になったので須川岳に登って、紅葉を楽しみました!

昨日、とうとう50歳になりました。自分が子供の時に想像していた時の50歳より、全然異なっておりますが、とても想像より楽しく素晴らしい時間を過ごしていると思っています。
50歳にせっかくだから、携帯もとどかないところで過ごそうと思い、娘を誘って一関の山「須川岳(栗駒山)」に上りに行きました。

写真がきれいではないのですが、紅葉がとてもきれいでびっくりです。

末の娘は登山につきあっていただき、9時半に出発、登庁はゆっくりいって12時半、下山して14時半でした。

山頂はガスがかかり、司会はよくなかったですが、家内が握った栗ごはんおにぎりがとっても美味しかったです。

帰りもゆっくりハイキングしながら楽しんでいきました。
論語で「子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命 」といわれていますが・・・まだまだ40代の惑わずもできず、自立もしていない私に天命をしっているのでしょうか(笑)
登山と一緒でまずは一歩一歩目の前のことをこなして進んでいこうと思った1日でした。

まだまだ人生は登っている途中ですので、皆様に助けていただきながら進んでいきます。また、折り返し地点という言われ方もしますが、進むと同時に自利に走らず、すこし大きな視点で動けるようにしたいと思います。

そして、50歳最初のプロジェクトは、この場に酒蔵復活プロジェクトです。ワクワクが止まりません。30歳で実家に帰って今年で20年目になります。

これからの人生のワクワクも止まらないですが、結局は1日1歩をしっかりと生きていくことを心掛けたいと思った次第です。

スタッフには、日曜日わがまま言って会社休んで登山させてもらいました。ありがたいです。

今日も世嬉の一は、社長不在ですが元気に営業中です。

—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

今年もできました!一関産トマトを使用したトメイトエール!

詳しくはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

まさかのホヤのビール、「ホヤール」みやて蔵ビールから登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hoyal


ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hiyaoroshi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop



Posted by sekinoichi at 11:59

2021年06月13日(日)

お疲れ様です。当社の相談役、商工会議所会頭を退任します。

愛心幼稚園のもち米田んぼが元気に育っています。最近、敷地内で黄色い花が咲いてきました。きれいですね。

さて、先日当社の相談役が一関の商工会議所会頭をやっていたのですが、80歳を機に引退するということになりました。

地元の新聞で1面トップに掲載されていたのでびっくりです。

当社の相談役、そして一関商工会議所の会頭は、私の父親なのですが、ずーっと商工会議所やっているなぁという感じでした。
1989年から2021年までって・・・お疲れ様です。

家族の間では、早く引退するように勧めていました。
副会頭から会頭になるのも反対でした。
身体が強い方ではないのに、自分の会社や自分の事ではなく、街や他の人のために遅くまでずっとなにやら会議をしていたり、陳情だといって出張して帰ってはまた別の会議だと出ていったり・・・家族は父の健康が本当に心配でした。
本当にお疲れ様です。長い間よくやっているとみ身内ながら思います。

そして、結局父は、世嬉の一の仕事より商工会議所や街の仕事を優先に仕事ばかりしている人だなぁと感じてました。
私が経営を引き継いでからは、さらにそちらに時間を取られるようになり・・・この人は「仕事を引退する」とか「ゆっくりする」ということが無いのかなぁと思いつつ、本当に健康を心配していました。

父親からは、田舎の零細企業、特に酒造会社は、地域と共に発展しないといけないから、自社だけ見ていてはだめだというのが口癖でした。いい町にならないとまわりまわって会社もよくならないと・・・

とはいえ・・・時間取られすぎだろう・・・とずーと思っていました。

今回やっと商工会議所は引退することになりほっとしています。
何度か体調を崩し、周りの方にも迷惑をおかけしたこともあったと思います。
この期間に商工会議所の皆様はじめ、多くの人に支えられていたこと感謝いたします。ありがとうございます。

特に、商工会議所の副会頭様、専務様には沢山支えてもらっていたおかげで父も長い間やれたのだろうと思います。本当にありがとうございます。
今後は、父にはすこしゆっくりと過ごしていただきたいと思います。(無理だと思うけど・・・)

ちなみに私はまったくそういうタイプではないのと、自分の会社でいっぱいいっぱいなので、違う生き方なのかもしれません。申し訳ないのですが、商工会議所青年部も会費要員になっています。皆様本当にすみません・・・
少し父を見習いつつ、頑張っていきたいと思います。

今日も世嬉の一スタッフはまだまだ元気に営業中です。

—–PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

父の日ギフト予約受付中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

禁酒時代のヒールをボトリングしました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

全国8位の大吟醸世嬉の一、発売します!
↓ ↓ ↓

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nannbutouji

クラフトジン清庵-SEIAN-4種の味がそろいました!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 01:44

2021年04月18日(日)

ちょっと嬉しかったこと・・・

昨日の雨がうそのように晴れ上がった世嬉の一。中庭のコデマリや雪柳が白いきれいな花を咲かせています。この時期は毎日、何が咲くのだろうと楽しみになりますね。

昨日、社外にでていたらスタッフから電話が鳴りました。
退職してNさんが挨拶に来ていますということです。社長が来るまで待っているそうですが・・・ということでした。Nさんは、12月に退職した子です。
わざわざ挨拶に来てくれたということだけで正直嬉しくなり、社外の用事をすぐに済ませ、事務所に急いで戻りました。

Nさんの私服姿は新鮮でどこか大人っぽくなっていました。
退職後、すぐに大阪に行くと言っていたのですが、このような情勢・・・なかなか行けず・・・本人がしびれを切らしたのか、今月大阪に行くそうです。
若いからチャレンジするのですね。かなり心配ですが、そうやってチャレンジすること自体は嬉しいです。

このような会社をやっているので、スタッフの出入りは少なからずあります。そして、様々な理由で退職する人は必ずいます。ただ、辞め方もいろいろで数か月前に会社に報告して、引継ぎして、他のスタッフから惜しまれて辞めるスタッフ。急に辞めると報告を受け、他のスタッフに負担がかけちゃう辞め方の人。たんかきっていなくなっちゃう人。様々です。

会社としてはスタッフが辞めても辞めなくても状況にあわせて会社を創り上げていかないといけないのでスタッフ一人の退社で右往左往はしないのですが。また、社内規定で2週間前に言えばその人には問題がないということになります。また、最終的には会社に課題があるのだと思い、分析して次に生かそうとはしますので、世嬉の一としてはよりよい会社に変革されていきます。

しかし、心情的にはすごく寂しい気持ちになります。私の信条として、世嬉の一のスタッフとして「良い人生」を過ごしてもらいたいと常に考えています。そうすると、その人の辞め方も大切になるなぁと実感しています。会社に迷惑とかではなく、一緒に働く仲間にとって負担をかけていないか、迷惑していないか、感謝しているか・・・本人にとってとても大切なのではと思います。

Nさんは、綺麗にやめた方の一人でした。1年前から連絡があり、12月に退職してました。以前から大阪にいくと話してくれていたので、そのつもりでもいました。そのため、Nさんに他のスタッフたちも何か大変になったらもどっておいで・・・待っているから、気をつけるのよ、何かあったら連絡頂戴などと話していました。(採用担当はだれ?(笑))

一期一会といいますが、当社に入社してくれたスタッフには、そのような事を極力教えていきたいのですが、なかなか伝わらない子もでてきて悩んでしまいます。結局自分に戻ってくるのですが・・・

Nさんも含め、途中でやめていったスタッフたちもそれぞれ自分が満足する生き方ができればと願うばかりです。

そして、まだまだ零細企業である世嬉の一は、今いるスタッフと共に充実した時間を共有できればと日々努力しています。

今日も世嬉の一は元気に営業中です!

—–PR—–

緊急家のみ企画・・・ゆったりリラックスしてください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/manbou


クラフトジン清庵-SEIAN-4種の味がそろいました!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

エイプリルフール企画、ジャパンーズスパイスエール生姜、ただいま限定発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/APRIL2021


さくら純米酒、さくらスパークリング酒、さくらあまざけはこちら!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakurasake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

ビールのテイクアウト用水筒、味変機能付きバケット搭載!限定100セット

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

今を楽しく、静かにすごしましょう!



Posted by sekinoichi at 10:19

2021年03月27日(土)

3月もあと少し・・・思ったことつづるだけ・・・

3月27日、今月もあと5日で終わり、そして世嬉の一の1年が終わります。
今期は、スタートからずっとコロナウィルスの影響があった1年でした。

天気も温かくなり、いつも近くにある園児たちのお散歩コースでみんなで来ていただきました。金魚を見ていたのですが・・・

園児たちの先に・・・日向ぼっこしていたある動物がいました。狸です。

冬毛が抜けて春の毛が出てきているのか・・・単なる栄養不足なのか・・・ちょっとぼさぼさした感じの狸でした・・・が園児たちは物珍しそうに見ていました。狸もうるさくなったのか・・・寝ていたのをゆっくり起き、当社の神社の裏の方に移動していきました。

さて、今期はコロナが終息に向けて準備をしつつもあっという間に1年がたって、コロナウィルスと一緒に過ごした1年でした。この1年がつらかったかというと・・・資金的にはつらいかもしれませんが、ここ10年で一番楽しい1年でした。ピンチの連続で、それをどう解決するか・・・そんなことにチャレンジしつづけた1年です。

無茶も行いました。商品開発スピード上げたり、コロナ禍でイベントをやるためにどうしたらいいか悩んで実施したり・・・ただ、この1年「コロナだから仕方がない・・・」という言葉と行動だけはしてこなかったと思います。

この1年で、ビール部門でいうと、消毒液をつくり、クラフトジンブランドを立ち上げ、クラフトコーラも行いました。グラウラーというものを知り、蔵ウラーをつくり配ったりしました。また、タップマルシェに参入し、さらに、岩手県の三社祭りイベント、東北魂ビールプロジェクトも行いました。

清酒部門では、杜氏さんと連絡を密にし、酒についていままでと異なり深く知りました。紅葉のお酒、花見の酒、スパークリング酒など開発しました。来期からは酒にもっともっと力を入れるつもりです。

売店部門では、発送所を移転し、売り場を2倍にし、地元の特産品(お菓子、漬物、調味料、缶詰など)を増やし、地域の物産館に変貌しました。

レストラン・カフェ部門では、The Brewers ichinoseki を世嬉の一内に立ち上げ、さらに沈黙カフェイベントや商品開発を行っています。一番の改善は、ホールと厨房に部門を分けていたのですが、全員でできるように体制を変え、調理場やホールの改修工事を始めました。

スタッフにも共有だったらいいのですが、強要していたかもしれません。全員がそのまま残ったわけでなく、ついてこれないと離脱したスタッフもいます。これは私の不甲斐なさですね、反省が多かったです。

ただ、確実にこの1年で世嬉の一はレベルアップしていると思います。

さらに来年はもっとスピード感をもって進められると思います。

スタッフ一人一人がプロ意識をもって商品の製造、接客をおこなっていけるのではと思います。創意工夫・改善・それを早く行う。これが世嬉の一の良さであり、武器なのかもしれません。

あと数日、さらなる進化にむけて努力していこうと思います。

今日も世嬉の一は元気に営業中です!

—–PR—–


さくら純米酒、さくらスパークリング酒、さくらあまざけはこちら!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakurasake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

ビールのテイクアウト用水筒、味変機能付きバケット搭載!限定100セット

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

人財採用のために撮影したその日にいたスタッフ・・・なんか、老舗の植木屋さんに見える



Posted by sekinoichi at 11:08

2021年01月04日(月)

あけましておめでとうございます!年もよろしくお願います。私たちは今年はさらにチャレンジする年だ!と決意しました。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
世嬉の一酒造も皆様のおかげで無事に年を越し、平泉店(The Brewers Hiraizumi)は1日から、世嬉の一酒造は2日から営業してまいりました。

スタッフ一同、2021年はさらにチャレンジしていこうと決意を新たにスタートしております。

…というのも、毎年私は1日から平泉の店頭にて販売しておりました。
初詣に来られるお客様に、玉こんにゃくやあっつい豚汁などです。

200円くらいの販売単価なので、社長が店頭で販売する必要もなく、アルバイトを雇って営業してもいいのですが、かならず私が毎年店頭に立つようにしています。

お客様と直に接する機会をつくりたいのと、今年1年よろしくお願いしますという気持ちでここ数年毎年店頭に立たせていただいております。

今年は、極寒で雪ということもあったり、コロナの影響で店をあけないお店も多数あったのですが、当社においては、平泉町で営業させてもらっているので、少しでもお客様が来られているのであれば、店はあけようと行いました。

結果として、昨年の1/5くらいしか売れなかったのですが・・・通常日よりは売上は立ちました。





そして、この経験から大切な学びをいただいた時間でもありました。

2021年は2020年の延長線上にないということです。
私たちにとって昨対比は意味がなく、去年と同じことをしていても当社にとっていい結果はでないということ。特にこのような情勢には、観光業であったり飲食業態の部門はよりチャレンジし、業態を変え、時流に適応しないとと痛感しました。

スタッフたちとは、「例年は・・・」とか、「昨年は・・・」という言葉は禁止ですね。「これやってみましょう・・・」とか「変えてみました・・・」を大歓迎です。

当社は2021年は、すべての部門において新たらしい取り組みにチャレンジします。
地域に根差し、お客様によりそい、スタッフと共にいい環境をつくれる会社にしていきたいと思います。

年頭にあたり、いい経験をさせていただき、今年の寒さ以上に身が引きまる、ワクワクする年明けを迎えられました。本当によかったです。

お客様にとって今年の世嬉の一は、変化し続ける過程になります。
当社は社長はじめスタッフ一同、まったくスマートではない集団ですので、少しご迷惑をおかけしたり、なにやっているの?と疑問に思ったりするかもしれませんが、ぜひ今年も温かい目で見ていただければと思います。

最初からへんなご挨拶になりましたが、本年も何卒よろしくお願いいたします。



Posted by sekinoichi at 12:36