世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:クラフトジン

2021年04月11日(日)

クラフトジン清庵-SEIAN-もつかめてきた。もったいないから活かす商品づくり(SDGs)

今朝、世嬉の一の中庭をみると、日本たんぽぽが咲いていました。ここ数年、頑張って育っていますね。西洋たんぽぽに負けないで、種を広げてほしいです。もちろんスタッフにもこれは取らないでね・・・と伝えています。西洋タンポポと日本たんぽぽの違いは、花の裏のガク片です。ガクが開いているのが西洋タンポポ、ガクが閉じているのが日本たんぽぽです。
ちょっと嬉しくなりました。

さて、クラフトジン清庵-SEIAN-も蒸留回数が増え、徐々に経験値が増えてきました。担当の二名も記録を取り、めきめきと腕を上げています。

以前は、岩手の木や草を使用して、そして桜の葉を入れて、桜のジンを造りました。基本型、杉のジン、りんごのジンでいろいろなやんで、桜のジンである程度形が決まった感じです。まだまだ工夫しますが、いい香りです。

さらに、ある酒飯店から、どうしてもビールが余るのでジンにできないかとの相談を受けました。緊急事態宣言、蔓延防止法、県独自の自粛要請・・・飲食店が厳しい中、酒販店も行き場のなくなった生ビールが大量にあり、それをジンにできないかとの相談でした。
ジンにすると1/10の量になりますが、アルコール度数40%で日持ちがします。また、香り豊かで新たな商品価値が生まれます。もともときれいに醸造しているお酒・ビールですから美味しいジンになるのですね。

果物の他に様々なものが入って香りをつけているクラフトジン・・・さてどんなブランドでどこで販売されるかはまだ内緒です。

でも、ビールが生まれ変わり、より美味しい飲み物として循環する。もったいないとSDGSを組み合わせたような商品です。

ジンで、世嬉の一は、もったいないを形にして今日も元気に営業中です。

—–PR—–


クラフトジン清庵-SEIAN-4種の味がそろいました!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

エイプリルフール企画、ジャパンーズスパイスエール生姜、ただいま限定発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/APRIL2021


さくら純米酒、さくらスパークリング酒、さくらあまざけはこちら!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakurasake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

ビールのテイクアウト用水筒、味変機能付きバケット搭載!限定100セット

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer



Posted by sekinoichi at 02:11

2021年03月13日(土)

怒涛の商品開発2 桜嵐!

今日も朝8時からレストランの工事に大工さんが来てくれております。
このレストランはもともと窯場(酒の醸造で米を蒸かしていた場所)なので、床が土間でその上にカーペットを敷いていました。30年以上たち、毎冬床から冷気が上がってお客様が寒い思いをするので、この機に床をつくってもらいます。床も石油系のビニールのカーペットではなく木製・・・楽しみです。

さて、そのため、世嬉の一は商品開発にいそしんでおります。

怒涛の桜関連商品開発!

お花見に行けない方のために・・・お花見気分になる清酒。

桜純米酒。ボトル自体、さくら満開です!この商品あまり作っていなくて・・・360本限定になります。

そして、桜純米をベースに醸造した、スパークリング酒「さくら泡酒」

さくらの香りのスパークリング酒 アルコール度数8%です。限定600本です。

そして・・・ノンアルコールもつくりました!「さくら甘酒」!こちらも限定500本です。さくらの香りがほのかにするノンアルコール甘酒

これで、ビールの桜嵐IPAがありますので・・・

当社のもっている製造免許をフルに活用して商品開発しました!
清酒免許・・・桜純米酒
リキュール免許・・・さくら泡酒(さくらスパークリング)
ビール・発泡酒免許・・・桜嵐IPA
スピリッツ免許・・・クラフトジン清庵-桜-
清涼飲料水免許・・・さくら甘酒

これで、すこしでもご家族で花見気分になっていただければ幸いです。
世嬉の一は元気に営業中です!

—–PR—–


さくら純米酒、さくらスパークリング酒、さくらあまざけはこちら!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakurasake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

キャラメルエール予約開始!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/caramel

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 09:56

2021年03月09日(火)

怒涛の商品開発を始めています。第一弾は桜のジン!

今朝も会社のわきを流れる磐井川堤防を散歩しておりました。須川岳(宮城県側から見たら栗駒山)が綺麗に見えています。河原はすっかり雪がとけ冷たい風が吹いていますが、とても気持ちの良い朝です。

さて、世嬉の一酒造は怒涛の商品開発を行っています。
先日、東北魂ビールプロジェクト ありがとう10年エールを開発してリリースしました。これは震災でお世話になった方々を思い、岩手の素材を使用して醸造したビールです。

そして、もう少ししたら、全国で桜が咲きますね。以前のように花見はできませんが、花見気分は味わえるでしょう。そこで、これから世嬉の一は怒涛の桜を連想した商品開発を行います。

いわて蔵ビールでは、例年の桜嵐IPA~Pink Tyhoon~は今年も醸造しました。

そして新商品は、第一弾!クラフトジン清庵-SEIAN-から桜を使用してクラフトジンを蒸留しております。

ジンの以前開発した初代は、ジュニパーベリー、山椒の実、ひば、クロモジなど使用しました。その後、杉やリンゴのジンを醸造しましたが、シンプルにジュニパーベリーと杉、ジュニパーベリーとりんごとちょっと穏やかな感じのジンでした。

今回はより複雑に様々なものを入れてジンを蒸留しています。

この写真は蒸留機の中のものです。植物の下には一時蒸留した液体が入っています。

二次蒸留が終わり、スタッフがもってきた原液の香りと味は・・・複雑!そして桜を感じる・・・

いい出来です。

いい感じの香りに出来上がったと自負しています・・・・

販売はもう少し先です。皆様楽しみにしていてください。

世嬉の一は今日も地元のものを使用し、新商品開発で元気に営業中です。

—–PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

キャラメルエール予約開始!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/caramel

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola





Posted by sekinoichi at 07:26

2021年01月23日(土)

新しい蒸留を始めました!

新酒ができた時に、杉玉(酒林)を毎年蔵に吊り下げます。
今年もきれいな杉玉が吊り下げられました。これは、杉の葉を集めてつくるものです。
その時からこれをクラフトジン清庵-SEIAN-につかえないかなぁと思っていました。私たちのクラフトジンは、現在、蒸留するためのの基になるアルコールがビールでした。

1回目はビールを蒸留し、ジュニパーベリー、クロモジ、山椒の実、ヒバを混ぜて香りづけしました。

今回のバッチは、日本酒を基のアルコールとして、ジュニパーベリーと杉の葉で蒸留しました。蒸留担当の大立目さんと今野さんが持ってきてくれましたが、いい香りです。3回くらい試作して修正していたので、いい感じです。

杉の香りとジュニパーの香りのバランスがよく、日本酒蔵らしいジンになりました。いい感じですね。

2月には販売できるように今ボトリングと最終調整しています。さらにその次は、リンゴのジンを蒸留しています。1か月に1回新しいジンをリリースできるようにしたいと思います。ぜひ、新しい香りを楽しんでみてください。

世嬉の一は今日も新しい商品を開発して元気に営業中です。

—–PR—–


今年も開催します!「まさかの恵方巻ビール!」
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

まさかの国税庁主催のクラフトビールオンラインイベント!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd595

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

今年もショコラスタウト(チョコレートビール)醸造しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/valentine_2018



Posted by sekinoichi at 05:56

2021年01月04日(月)

あけましておめでとうございます!年もよろしくお願います。私たちは今年はさらにチャレンジする年だ!と決意しました。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
世嬉の一酒造も皆様のおかげで無事に年を越し、平泉店(The Brewers Hiraizumi)は1日から、世嬉の一酒造は2日から営業してまいりました。

スタッフ一同、2021年はさらにチャレンジしていこうと決意を新たにスタートしております。

…というのも、毎年私は1日から平泉の店頭にて販売しておりました。
初詣に来られるお客様に、玉こんにゃくやあっつい豚汁などです。

200円くらいの販売単価なので、社長が店頭で販売する必要もなく、アルバイトを雇って営業してもいいのですが、かならず私が毎年店頭に立つようにしています。

お客様と直に接する機会をつくりたいのと、今年1年よろしくお願いしますという気持ちでここ数年毎年店頭に立たせていただいております。

今年は、極寒で雪ということもあったり、コロナの影響で店をあけないお店も多数あったのですが、当社においては、平泉町で営業させてもらっているので、少しでもお客様が来られているのであれば、店はあけようと行いました。

結果として、昨年の1/5くらいしか売れなかったのですが・・・通常日よりは売上は立ちました。





そして、この経験から大切な学びをいただいた時間でもありました。

2021年は2020年の延長線上にないということです。
私たちにとって昨対比は意味がなく、去年と同じことをしていても当社にとっていい結果はでないということ。特にこのような情勢には、観光業であったり飲食業態の部門はよりチャレンジし、業態を変え、時流に適応しないとと痛感しました。

スタッフたちとは、「例年は・・・」とか、「昨年は・・・」という言葉は禁止ですね。「これやってみましょう・・・」とか「変えてみました・・・」を大歓迎です。

当社は2021年は、すべての部門において新たらしい取り組みにチャレンジします。
地域に根差し、お客様によりそい、スタッフと共にいい環境をつくれる会社にしていきたいと思います。

年頭にあたり、いい経験をさせていただき、今年の寒さ以上に身が引きまる、ワクワクする年明けを迎えられました。本当によかったです。

お客様にとって今年の世嬉の一は、変化し続ける過程になります。
当社は社長はじめスタッフ一同、まったくスマートではない集団ですので、少しご迷惑をおかけしたり、なにやっているの?と疑問に思ったりするかもしれませんが、ぜひ今年も温かい目で見ていただければと思います。

最初からへんなご挨拶になりましたが、本年も何卒よろしくお願いいたします。



Posted by sekinoichi at 12:36