世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:カフェThe Brewers

2020年09月26日(土)

わんかっぴくるす進化の予定(心に温かい光を照らそう)

昨日、近所のお母さま、お子様にご協力をいただき、昔話の聞き語りの撮影を行いました。当社のビールなどのデザインを行っている、Landorさんの発案です。

実は、Landor様より、当社のわんかっぴくるすに関してデザイン提案があり、そのための撮影でした。
コロナで心がすさんでいる中、デザインの力で和ませられないか・・・ということもあり、ワンカッピクルスのデザインを変えることで、食べ終わったら、ランタン?蝋燭で影絵が楽しめる商品にできないかご提案をいただきました。

そこで、実際に蝋燭の明かりで、一関の昔話を地域の子供たちに聞いてもらうことを行いました。

一ノ関の昔話を話してくれるのは、一関ボランティアガイドの千葉様です。

youtube世代の子供たちなので、昔話の聞き語りなど大丈夫かなぁ・・・と思ったら、みんな聞き入っていました。

Landor様のスタッフの方と後で話をしていたのですが、昔話を聞くことで自分で想像しながら聞くことになるので子供たちの教育にも非常にいいそうです。

子供たちももっと聞きたいという声もあり嬉しかったです。

では、なぜ「わんかっぴくるす」のデザインを変えるのに昔話の聞き語りをするのか・・・・

デザインがこうなる予定だからです。(予定です)

影絵に見えるのがわかりますか?一つ一つ意味があります。

左はじはおしらさま、左から二番目は座敷童し、右から二番目はタニシとキツネ、右端はかっぱです。岩手は昔話の宝庫ですから・・・


こんな感じです。蝋燭の火は心を休めますね。

私も震災の際に座敷童ちゃんおねえちゃんと家内と父母と祖母で蝋燭一つを囲み食事をしていました。大変だったけどなぜか心温まる思い出でした。

美味しく健康な地元野菜のわんかっぴくるすを食べて、家族で蝋燭の火の下、昔話を聞くひと時ができることを願っています。

世嬉の一の名前の由来は、「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」です。今は酒だけでなく、ビールやジン、そして食品もあります。

このような商品ですこしでもお役に立てれば幸いです。

世嬉の一は、心に温かい明かりをともすために今日も元気に営業中です。

追伸、今からですのでデザイン完成、商品販売は12月~1月くらいになります。



Posted by sekinoichi at 03:44

2020年09月10日(木)

岩手ぅんめぇーもん!!グランプリでThe Brewers Hiraizumiのサンスコ(SANSCO)が特別賞受賞!しました。

鈴虫が鳴き、秋の装いを感じるのですが、事務所内には扇風機が・・・まだまだ暑い。29度だそうです。

さて、The Brewers Hiraizumiが開発した調味料山椒のタバスコ「SANSCO」が岩手ぅんめーもん!!グランプリ2020で特別賞(お取り寄せしたいで賞)を受賞しました!

農商工連携部門で選出され、審査員のコメントが「おいしい!道の駅のお土産で売れることまちがいなし。」・・・と、すみません量産体制に入らせていただきます(笑)

この授賞式が盛岡で本日開催でした。

カフェを休ませることができないので、社長時間があったら参加していただけないかといわれていたのですが・・・すっかり忘れており・・・申し訳ございません。

この章で優等賞を受賞し、近所の老舗菓子企業 松栄堂の小野寺社長が持ってきてくれました。松栄堂様申し訳ございません。美味しそうなごま摺りゆめソフト買います!!!
The Brewers Hiraizumiのスタッフのみんな・・・おめでとう!あと本当にごめんなさい・・・・

なにはともあれ、スタッフたちは一生懸命、商品開発をして頑張ってくれてました。ありがとうございます。

今日も世嬉の一は、社長以外、みんな頑張って元気に営業中です。社長は反省して頑張ります。

サンスコはこちらのサイトで購入できます!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd555

—-PR—

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hiyaoroshi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sanma

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は growlwersbana.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は pilsTopbana.jpg です
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/giftpamphlet2/gd543
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ienomi8hon.jpg です

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tomatobeer1.gif です

トマトビールはご予約承り中!!!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato




Posted by sekinoichi at 05:31

2020年07月23日(木)

GoToキャンペーンに向けて準備万端!ソーシャルディスタンスをとるThe Brewers Hiraizumi(カフェ)

紫陽花が咲き乱れる世嬉の一。でもGotoキャンペーンに合わせたかのように天気が晴れてきました。

さて、当社の平泉のお店「いわて蔵ビールと平泉カレーのお店 The Brewers Hiraizumi」では、お客様の安全と安心のため、ソーシャルディスタンスをとれるよう、色々と工夫をしました。(世嬉の一の方は、建物自体が大きいのでソーシャルディスタンスをとれております。ブログ参照 
http://sekinoichi.co.jp/blog/archives/10340

The Brewers Hiraizumiは、大きな店舗ではないので、レジにビニール仕切り作ったり等はしたのですが・・・

自然とソーシャルディスタンスをとれ、お客様も自然に過ごせる新しい形を作りました。その名も、ソーシャルディスタン子ちゃん、ソーシャルディスタン君、ソーシャルディスタンヨさんの登場です!

もちろんレジ回りや必要なところはビニールで囲っておりますが、あまりやるとお客様が旅行中楽しく過ごせなくなるので、自然とソーシャルディスタンスをとれるように座席をこのような形で埋めました。
いくつかの飲食店では椅子、テーブルを外すお店もあるのですが、がらんとして寂しい。かといって3密になって不安でコーヒーやランチを取るのもお店としては悲しい・・・

で・・・スタッフと考えた案が、コロナにかからないスタッフを採用しようでした。

24時間、無表情に見えて、実は笑顔で接客してくれます。ただし・・・コロナ対策ですので、お手を触れないようにしてください。

入口には消毒液もありますが・・・一緒に写真を撮るときはちょっと離れて取ってくださいね。

新しい生活様式に合わせ、そしてお客様を遮断するのではなく、サービス業として楽しくほっとするカフェの空間を創り上げていきたいと思います。

Go To キャンペーンで岩手県・平泉中尊寺金色堂にお越しの際は、ちょっと不思議なカフェに遊びに来てくださいね。

今日も世嬉の一は、心がほっこりする空間をつくるよう一生懸命努力して元気に営業中です。

—-PR—-

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/growlers

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/giftpamphlet2/gd543

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo h

h

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503





Posted by sekinoichi at 11:35

2020年06月26日(金)

またまたお客様のためにスタッフが商品開発です。

やっと梅雨らしく、雨が降ってきました。毎日ちょうどよい天気になっております。紫陽花も咲きはじめ、これからが楽しみな時期ですね。一関にはマツコの知らない世界で紹介された紫陽花園もあるのですよ。

さて、世嬉の一ではお客様が少ないときは怒涛の商品開発を行っております。
新型コロナウィルスでいただいた時間を有効に使いましょうということで、実際には、会社に出社するスタッフは半分くらいですが、各部門それぞれお客様が喜ぶ商品開発づくりを行っております。

例えば、これです。

ビールを蒸留してアルコール65%の消毒液を作成していましたが、それを応用して・・・

クラフトジンの研究です。山椒や一関でとれる黒文字(高級つまようじ木)を使用したものなど盛んに研究開発をしています。

また、小春二条大麦を使用して、こはるこーら(クラフトコーラ)の開発が大詰めを迎えています。

さらに、地元のお客様との通い瓶として、そして日々三杯飲めるビールとして、「ピルスナー蔵シック」の開発と「蔵ウラー」の開発をおこなっておりましたが・・・

そこから派生して、ビールを入れる水筒、グラウラー (growlers)を開発しています。これは保温(つめたいまま)と 炭酸をキープできるので、飲食店にもっていってビールを量り売りしてもらおうことができます。

来月にはネットや店頭で販売します。

レストラン部門では、土日にすこしお客様がおこしになっておりますが・・・あるお客様がメニューを見て一言・・・「お肉食べたかったなぁ~」と話されていました。当社は郷土料理レストランですので、郷土食「もち」をメインにしたメニュー構成です。また地のものを食材に使用するので、地鶏や豚を使用した酒しゃぶ膳や酒粕焼きなどありました。

でもちょっと違ったようなので、すぐに開発しました。確かにコロナ前でも中国、香港、台湾の方々で牛肉が食べたいという方が多かったです。

そこで、開発したのが・・・

岩手県産ローストビーフ酒樽膳・・・ステーキ膳かなぁと思いつつ・・・ソースが決め手です。

このメニューは今週末から提供開始します。

さらにカフェ徳蔵では、より地元の方々に楽しんでもらえるようにパフェの夏バージョンを作成

真っ白の中に五層もの味の違いがあり、キューイフルーツでさっぱりとしています。実はまだまだ開発しているものがありますが・・・・

とにかく、今の時期はお客様が喜ぶものを見つけてスピード感をもって対応するをこころがけています。

世嬉の一の名前の由来「世の人々が嬉しくなる一番の酒造り」がコンセプトに各部門が頑張っています。

よかったら世嬉の一に遊びに来てください。

今日も世嬉の一は新しいことにチャレンジし、元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly





Posted by sekinoichi at 06:36

2020年06月03日(水)

攻めの経営その1「新店舗オープンします」THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzo

天気の良い世嬉の一。今年は猛暑になりそうですね。冬は雪がなくなって、夏は暑い・・・温暖化なのでしょうか?
さて、新型コロナウィルスの影響でまったくお客様が来なくなって早2か月。
世嬉の一も他のサービス業と同様、お客様がおらずどうやって雇用を守ろうと必死にもがいてきた数日でした。

おかげさまで、THE BREWERS Hiraizumiも5月30日から再開し、例年の30%くらいのお客様ですが、なんとか再開し始めました。
蔵元レストランの方はまだまだ難しいので、交代で出社し、清掃や草取り、時々テイクアウト、商品開発などを行っていました。スタッフたちも一生懸命。
でもやはり未来に向けて明るさと安心がないと・・・

そこで、THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoを本格オープンすることにしました。世間にコロナが蔓延し始めた時に、観光客ではなく、地元の方に来てもらえる店に作り替えようとして取り組んでいます。

初めて、チラシを出します!今回は6月13日からオープンしますが、地域の方々に対してオープンしようと思います。

また、席数も広く取ろうと思います(ソーシャルディスタンス?)

自家製チーズケーキセットも創ります。
アンカーコーヒーさんの豆を使用して一杯づつ入れるコーヒーです。

また、壁面には地域の作家さん(戸田幸恵さんの商品、丸山漆器さんの商品)なども展示しております。

はじめはうまくいくかわかりませんが、この時期を世嬉の一の生まれ変わる時期と捉えて、今こそ攻めの経営をしていこうと思います。

実はこれ以外にも商品開発やら、様々なことを企画しています。

コロナや景気や政府行政のせいにしても生き残れない、自分たちで切り開く!

そんな気持ちでスタッフ一人一人が燃えています。

THE BREWERS Ichinoseki By Tokuzoはちょっといい雰囲気のカフェでお客様を和ませれるようにしたいと思います。

今日も世嬉の一は、新しいことにチャレンジして元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo

ttps://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/papagift

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi



Posted by sekinoichi at 06:48