世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2017年04月18日(火)

役員退任のご報告・・・ありがとう三代目、でもこれからもよろしくお願いします。

最近、座敷童ちゃんと一緒にいれないので、幼稚園まで40分一緒に歩いていこうということになりました。

通学の間には春の草花の色(写真はムスカリの紫と水仙の薄黄色)、春風による草木の葉がこすれる音、鶯の鳴き声など、一関の自然の豊かさを感じられます。

40分間の通勤通学はとてもよい心地にしてくれますね。

さて、会社の役員に関するご報告です。

3月31日をもちまして、当社の三代目 代表取締役会長 佐藤晄僖が会長職を退任し、取締役 相談役になりましたのでご報告します。

三代目は、専務(すでに退任)と共に、世嬉の一を今の形を創りました。

倒産寸前の世嬉の一を私財をなげうって今の形の原型にし、蔵の活性を行いました。

蔵元レストラン世嬉の一を立ち上げ、郷土料理に特化し、さらに地域と共に餅食文化の普及に奔走しました。

いわて蔵ビールを立ち上げ、現在の礎をつくりました。

そして、多くの素晴らしいお客様とつながっていました。

三代目が今の世嬉の一の基盤を造ってくれたおかげでこれからの世嬉の一があります。

三代目が蔵の再建に取り組んだときは私はまだ中学生でした。

二代目が急折し、事業を辞めるというとき「この蔵を残さないともったいない」という事から再建事業を始めました。

毎月、世嬉の一は来月倒産するのではないかとか、私財を投じて世嬉の一の延命をしていた時はボンボンの道楽と言われていたそうです。

私は中高と両親の昼夜問わず苦労している姿しか見ていませんでしたが・・・

そんな三代目夫妻も75歳を過ぎ、いまだ町おこしや地域の事に時間の大半を費やしている二人ですが、世嬉の一の業務を軽減すべく一度、退任というかたちをとりました。

私が実家に戻って15年、社長になり5年。

三代目とけんかしつつ、相談しつつ、なんだかんだで協力して、様々な課題を乗り越えてきました。

東日本大震災という大変な時期もあり、三代目達の今までの仕事の仕方を評価されたのか、多くのお客様に支えてもらう事ができました。その時に先代の生き様をみせてくれたのだと思います。

四代目についた時、「この蔵をあなたの孫の世代のために借金しても残せるなら残しなさい、蔵のある風景は私たちが管理しているが町の財産だから・・・」と言われました。

なかなか大変な事が条件になったと思いつつも、経営の指針になっています。

三代目は苦労して生きてきたからこそ「人のために・・・」というのが根幹にあるのでしょう。

私はまだまだですので、会長には完全引退ではなく、相談役として残ってもらいました。

力不足で思慮が不足している私に、経験と実績の上で三代目に相談にのっていただこうと思っています。

三代目には生涯現役で頑張ってもらおうと企んでいます(笑)

ただ、三代目も76歳、町おこしの仕事やその他の仕事も多く引き受けているので少しだけ世嬉の一の業務負担を減らしたいという事もあります。

世嬉の一は、新体制になりつつも、三代目の意思を引き続き次の中継ぎピッチャーとして四代目を務めていきたいとおもいます。

ご報告でした。

追伸、数年前に引退したはずの専務は、時間があると会社に来てスペシャルパートさんとして、「餅の町おこし」を行いつつ、さらに今度は「野草で町おこし」をやっています。たぶんこの人も生涯現役なんでしょうね。

二人とも老後を楽しむというより、最初から人生を楽しんでチャレンジしているという感じです。

私はまだまだですが、これからもスタッフと協力して世嬉の一酒造と地域を盛り上げていきたいと思います。

今日も世嬉の一は元気に営業中です!

———— P R —————

■■■イベント開催します■■■

【一関】一蔵祭り開催します!

世嬉の一99周年蔵祭り 世嬉の4月22-23日

蔵祭りが始まります!今回は新しい新商品がどんどん出ていますよ~

詳細はこちら

ーーーー終売近くのお知らせーーーー

10年目になりました、地場産麦芽ビールプロジェクト「こはるホワイトエール」

のこりわずかになりました!

ご注文はこちら



Posted by sekinoichi at 11:04

2017年04月17日(月)

当店の店頭で集めた募金に関してのご報告

座敷わらしちゃんたちと会社を抜け出して花見にいきました。

一関にある、遊水地記念緑地は桜の開花が始まったところです。

春はいいですね~。今週末はちょうど蔵祭りそして花見が楽しめそうですよ~

さて、当社世嬉の一では東日本大震災の復興応援と熊本復興応援のため、店頭募金を行っています。

今年もその集まった募金を「いわて学び希望基金」と熊本の「スーパーウーマンプロジェクト」様へ寄付をしましたのでご報告いたします。

寄付金額は、店頭募金金額

東日本大震災の復興応援 30,121円

熊本震災の復興応援 16,965円

でした。

それぞれに、50,000円づつお振込みいたしましたのでご報告いたします。

「いわて学びの希望基金」の方は、今年で4年目の寄付になりますが、震災の遺児・孤児の教育・生活・就学支援のための基金です。

また、熊本のスーパーウーマンプロジェクト様は、昨年復興チャリティーイベントでご一緒させて頂いたことがきっかけで知った団体です。主に、震災で大変だったシングルマザーの生活向上の為に活動している団体です。

スーパーウーマンプロジェクトとは・・・

↓ ↓ ↓

http://s-woman-kumamoto.com/about

共に、震災後の地域を良くするための活動をされていると思いましたので寄付いたしました。

私たちができることは本当に微力ですが、今後とも続けていきたいと思います。

スーパーウーマンプロジェクト様への義援金の証明は下記です。

↓ ↓ ↓

http://s-woman-kumamoto.com/1173

 

微力ですが、これからも地域のために応援しようと思います。

今日も世嬉の一はちょっとだけ頑張って元気に営業中です。

 



Posted by sekinoichi at 07:26

2017年04月16日(日)

仙台の老舗喫茶店「ホシヤマ珈琲」店様とビアバー「アンバーロンド」さんがコラボレーションしました。

桜がいつ咲くのかなぁ・・・と悩んでいると、なんと夜のうちに雪がふったようです。

寒いなぁと思ったのですが・・・

そんな寒い朝、今日は仙台からホシヤマ珈琲店の専務とアンバーロンドの店主 田村さん、デリリウムカフェ仙台の須藤さんが世嬉の一に来ていただきました。

アンバーロンドの田村さんの提案で、ホシヤマ珈琲店のコーヒーを使用し、コーヒービールを醸造しようという計画です。

そこで、醸造体験に3名で来ていただきました。

当社では以前、アンカーコーヒー店さまとコラボレーションでコーヒービールを醸造していたので、醸造の仕方はある程度確立しておりました。

今回はホシヤマ珈琲店様のご協力で、ふんだんに!!!コーヒーを使用したビールにしてほしいとご依頼され、醸造します。

麦芽を挽き、投入する田村さん。

当社では通常2000Lで醸造するのですが、ミニマム100Lの醸造システムを持っています。

須藤店長も体験です。

お店の方々がビール醸造を体験できるといいですね。

この珈琲ビールは、仙台の二店舗で提供予定です。

1店舗目はアンバーロンドさん

https://www.facebook.com/amberrondo.sendai/

もう一店舗目は、

デリリウムカフェ仙台さん

https://www.facebook.com/dcsendai/?fref=ts

珈琲豆を入れるホシヤマ珈琲店様。

通常100L醸造するにはもったいないくらいコーヒーを使用します。

工場内がコーヒーで本当にいい香りが広がります。

このコーヒービールは来月登場する予定です。

ぜひ楽しみにしてください。

今日も世嬉の一は地域の企業とコラボレーションで元気に営業中です。

———— P R —————

■■■イベント開催します■■■

【一関】一蔵祭り開催します!

世嬉の一99周年蔵祭り 世嬉の4月22-23日

蔵祭りが始まります!今回は新しい新商品がどんどん出ていますよ~

詳細はこちら

 



Posted by sekinoichi at 02:27

2017年04月10日(月)

今年も地場産麦芽「小春二条大麦」を使用した「こはるホワイトエール」が完成しました。

世嬉の一の中庭中央の梅が見ごろです。

桜はこれからですね~。

あたたかな日が続き、嬉しくなります。

いわて蔵ビールではもう一つ、桜の季節に出来るビールがあります。

一関市の舞川地区で生産されるビール用麦芽、「小春二条大麦」を使用したビール「こはるホワイトエール」です。

このビールは10年前から取り組んでいました。

地場産麦芽を生産するという志をもってこのプロジェクト行っています。

日本のビールの99%は外国産麦芽で醸造しています。

これは、日本により良いビール用麦芽が少ないこと、また、クラフトビール用に製麦機が少ないことなどの理由からです。

それでも地元産のビールを醸造したいと思い、東北農研センターさんが品種改良した「小春二条大麦」を地元の舞川アグリパーク様で栽培し、3年かけてビールの試作を行っていました。

小春二条大麦は緑肥(枝豆をつくりそれをそのまま土にすきこむ)を使用し、育てます。

極力農薬は使わず育てるので、穂がとてもきれいです。

刈り取った小春二条大麦は、アグリパーク舞川さんでシイタケ乾燥機、育苗機を組み合わせ、麦芽化します。

専用の機械ではなく、農家さんが持っているものを組み合わせてできないかというのも、このプロジェクトの特徴です。いい香りの麦芽ができます!

私たちは地域の小さい経済循環ができないかなぁ・・・と思い、ビール用の麦芽を農家さんに栽培して頂き、その後精麦していただき、さらにビール醸造を行う。

そんなことを考えています。

その活動をずーっとつづけて、今年もこはるホワイトエールができました。

まだまだ経営的には原価がかかり大変ですので、毎年1仕込み限定で行っています。

こはるホワイトエールは、小春二条大麦の他、オレンジピール、ナツメグ、コリアンダーなどの香辛料を使用し、

爽やかな香りのビールに仕上げています。

麦のうまみとそれに会う香り・・・そこで、ホワイトエールを醸造しています。

農家のおじさんたちと、私たちいわて蔵ビールのコラボレーションビールです。

ぜひご堪能ください。

以前テレビにも取材うけました。

下記のとおりです。

↓ ↓ ↓

http://www.minkyo.or.jp/01/2008/11/004040_1.html#zenkoku

 

今日も世嬉の一は香りのよいビールと共に元気に営業しています!

ご注文はこちら

 



Posted by sekinoichi at 05:39

2017年04月08日(土)

久々に講演を行いました。世嬉の一の働く考え方を熱く語りました。

蔵元レストラン世嬉の一の前でも梅が咲き始めました!

同じ敷地に梅があるのですが、場所によって咲く時期が1週間も変わってくるのですね。

きれいな梅ですね~

さて、昨日は新入社員研修会で講演しました。新入社員80名!!!

もちろん、世嬉の一のスタッフではなく、この地域周辺の企業の人たちです。

80名も新卒入ったらすごいですね。大企業になったらこんな感じなのかなぁ・・・

実は、中学校の同級生が東磐井職業訓練協会に勤めていて、その同級生から頼まれての講演でした。

私の前の講演者は仕事の安全講習で、やはり私の幼稚園からの同級生。

面白い縁ですね~。

80名の新卒はそれぞれ元気で真剣に聞いてくれます。

うちの新入社員3名も講演を真剣に聞いてくれました。

すごくメモをとるスタッフたちだとほめられました。

こちらも思わず熱く語ってしまいました。

真剣に聞いて、メモを取る人が多いと話にも自然と熱が入ってしまします。

地域の新卒かたから熱い気持ちをいただき、こちらがますますやる気になりました。

今日も世嬉の一は地域の新卒に熱い気持ちをいただき元気に営業中です!

 

ーーーー追伸ーーーー

さて、今月は蔵祭りがあります。新商品がどんどんできてきました!

純米吟醸を使用したメロンパン!

蔵祭り限定で販売します。

地域のアップルハウス様と共同で開発しました。今年の蔵祭りはコラボレーションがkWです!!!

https://www.facebook.com/events/270850443331465/



Posted by sekinoichi at 02:20