世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2022年01月14日(金)

夢の酒蔵復活・・・ワクワクと現実との狭間で(笑)

雪がうっすりつもり、その下に氷が張っています。日中気温が上がり、朝夕冷えるため、いたるところがスケートリンクのようです。世嬉の一では毎日通路は氷を取り、お客様が安全に通れるように頑張っています。

さて、嬉しい話がありました。夢の酒蔵復活に向けて、やっと図面が出来上がってきました。

糀室やタンクの位置、蒸かし機の位置、見ているだけでワクワクします。
昔、プラモデルをお小遣いをためて購入し、作る前に設計図みてワクワクしていた・・・そんな気分です。

会社の裏手では、清酒工場用の倉庫も建設しております。

缶詰機も出来上がるので・・・という話や、タンクも出来上がってきたよという連絡が来て、いよいよだと思っています。

もう楽しくてしょうがないですね。
一方、今日は毎月ご指導いただいている税理士・会計士の先生に来て経営を見ていただいています。
ワクワクから一気に現実に戻される気分です。
あれもやりたい、これもやりたい・・・から、これはできる、これはもうちょっと頑張って、これは今のところ後回し・・・急に大人に戻された気分です。

あの小学生の時のワクワク感をもう一度・・・といいたいですが、この困難を解決するのも大人の楽しみと思い、頑張るしかないですね(笑)

スタッフたちはコロナ禍において本当に頑張っていますので、やっぱり私がもうひと踏ん張りしないといけませんね。

酒工場復活に向けて、まだまだ気を抜けない日々が続きますが、努力していくしかありません。今後の動向をぜひ期待してください。

世嬉の一は社長のワクワクと心配をよそに、黙々と元気に営業しています!

—–PR—–

ご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola







Posted by sekinoichi at 05:09

2022年01月13日(木)

今年もリリースしました!恵方巻ビール今年は北北西です。

雪が解け、さらに踏みしめられ、氷になっていました。どこもかしこもスケートリンク場のような感じです。冬らしいですね。いい感じです。

さて、今年も恵方巻ビールを出すことにしました。
え?何?恵方巻ビールってという方もいるかもしれません。
お寿司の味するビールではありません。恵方巻の形のビールです。

なんだ、シール貼っただけじゃないか?といわれるかなぁ・・・
その通りです。シール貼っただけのビールです。

実は、このビールは販売してすでに4年目です。僕らの中で次の考えではじめたビールです。

1.クラフトビール・地ビールは楽しいものである
私達が生み出す商品は「世の人々が嬉しくなる一番の酒造り」という名前の由来のとおり、私たちの商品を通じて、お客様が幸せを感じてくれる商品になってほしいと思っています。アルコール飲料は、人生を豊かにしてくれるという考えです。だから、ちょっとふざけたような感じに見えますが、お寿司(恵方巻ビール)を造ってしまいました。

2.恵方巻の廃棄の特集を見て・・・
食材の廃棄をニュースでみていてちょっと何かできないかなぁと思いました。
現在の恵方巻寿司はなるべく廃棄などないようにしていると思いますが、その時に当社の商品で何かできないかなぁと思いました。

3. 1と2が重なった瞬間完成しました~
ビールを飲んでいる姿って恵方巻を食べている姿に似ているなぁと思い、楽しんで、さらに飲めなかったらおいて置けるので廃棄は少ないなぁと考えました。
そこで、スタッフとシールをつくってやってみたというのが始まりです。



すごいふざけた企画に見えるかもしれませんが・・・ふざけている部分も多々ありますが、実際にはお客様に楽しんでもらいたいと思って作りました。

恵方巻ビールは当社の缶ビールに合わて3種類あります。

作り方は簡単です。恵方巻ビールセットには、説明書と一緒に海苔シールとお寿司シールが入っています。

まずは海苔シールで、お寿司をつくるように巻いてください。

そして、寿司シール(シャリ&中身)を缶底に貼りましょう!

恵方巻ビールが完成です。中身は3種類あります。豪華な食材もありますよ(笑)

今年は北北西に向けて飲むと幸運が訪れますよ!
なぜか、腰に手をあてると美味しさアップするかもしれません。
さらに、これはダメですよ~恵方巻(寿司)は一気食いのようですが、恵方巻ビールはゆっくり飲んでみてください(一気飲み禁止です)

恵方巻きビールを今年もぜひよろしくお願いします。

世嬉の一は、ふざけたことも真面目に考え、元気に営業中です!

—–PR—–

ご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

恵方巻ビール


Posted by sekinoichi at 04:40

2022年01月02日(日)

あけましておめでとうございます。2022年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
旧年中は本当にお世話になりました。昨年ほど皆様に助けられているということを感じる一年はありませんでした。
2022年はそのようなお客様に少しでも寄与できるよう世嬉の一スタッフ一同日々精進してまいります。
本年も何卒よろしくお願いします。

さて、久しぶりに元旦の完全休業。ゆっくり休み、いつもお世話になっている八幡様にむずめとお参りに行きました。人も多く出ていて、お正月という感じです。

その後、娘と2人で世嬉の一の雪かき、2日からお客様がお見えになるので、綺麗に雪かきを行いました。
2日からは、世嬉の一もスタートしました。
昨年と異なり、多くのお客様がお見えになり、ほっとした2022年のスタートです。私も朝から張り切っていたのですが、雪かきをしていたら背中から鈍い感覚が、そして、息苦しくなり、初日からぎっくり腰で戦力外通告でした。

その分、スタッフたちが各部門で頑張ってくれました。
ぎっくり腰は正直つらいですが、いいチームに恵まれていると感謝です。

2022年は、40年ぶりに先代との悲願でこの場で酒蔵復活です(現在は共同醸造で行っており、酒の工場はこの場から20kmほど北上したところで醸造しています)。

気合が入りすぎている初日にすこしeasygoingでいけというお告げなのかもしれませんし、みなと協力してすすめという教えなのかもしれません。

そう考えると世嬉の一にとって本当に良いスタートになったのかもしれません。

世嬉の一は現在、直売所とレストラン部門がスタートしました。酒部門、ビール部門、ネット部門は5日からスタートします。

いずれ、今年はコロナ禍で鍛えられた会社の力を試す時期です。
虎のように力いっぱいかがみ、ジャンプできるように努力します。

今年も危なっかしい世嬉の一ですが、世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指し日々努力します。

何卒よろしくお願いします。



Posted by sekinoichi at 03:58

2021年12月31日(金)

2021年本当におせわになりました!

2021年も無事に終わります。仕事納めは29日でしたが、31日まで結局会社に来てしまいました(笑)
思えば、この1年、コロナ禍にあり酒造業・飲食業・観光業であった私たちは、真っ先に自粛の対象になりチャレンジしがいのあった1年でした。
ただ、この1年間業績は別として、私たちがすごく大変だったかと言われると、震災以来の充実感のあった1年だと思います。常にスタッフたちとチャレンジしていました。

このように過ごせたのも、常にお客様が支えているという事を感じることができた1年だったからです。ありがとうございます。
お客様からのお電話での会話、ご来店での時間、メールで、FAXで、お手紙で様々なところで感じることができ、それが私たちを挫けず前にすすむ結果になりました。ありがとうございます。

思い返すと、
2021年1月~2月、コロナウィルスが一気に全国に蔓延しお客様が飲食店から完全に離れてしまったとき、世嬉の一のThe Brewers Ichinoseki By Tokuzoでは黙食イベントを飲食店でも黙っていても楽しめる空間を演出しました。テストケースでしたが大成功でした。

2月になると、新酒がどんどん出来上がり、今年の出来がよりよくなりました。
さらに、東北魂ビールプロジェクトも再開し、地域のお米を使用し13メーカーが協力し、震災復興からの10年の感謝をビールにのせて皆様にお届けしました。

3月になると、残念ながら飲食部門は3か所営業が難しくなりThe Brewers HiraizumiとIchinosekiの一時閉店、およびレストランの改修工事を行いました。レストランはより餅食に力を入れるため思い切ってメニューの見直し、そして厨房の改修を行い、夜の営業もやめ日中のみに集中し、より「もち・はっと」の郷土料理レストランとしてより専門性を強くしていきました。
そして、ビール部門では、昨年蒸留し、アマビエ65%として開発した消毒液の技術を応用し、地域の植物を使用したクラフトジン清庵-SEIAN-を開発しました。

4月になると、ビール部門ではノンアルコールビール 禁酒時代のヒールの開発、お酒を提供できない飲食店に力になればと提供を開始しました。
清酒世嬉の一では、大吟醸 世嬉の一が、南部杜氏新酒鑑評会において金賞を受賞し、さらに全国8位という好成績を収めました。
そして、蔓延防止法にちんで、マンボー酒を提供したり、エイプリイルフールにちなんで、牡蠣のスタウトではなく、柿のスタウトを醸造、提供しお客様に喜んでいただきました。

5月は、レストランの団体観光客や売店の団体観光客がそれほど来なくなると思い、駐車場の一部を畑として開墾、夏にはレストランに自家栽培の野菜を手狂できるように苗を植えたり、農業を行いました。

6月、JRさん企画のこビールの開発、気仙沼のBTBさんとのコラボでホヤールの開発とビール開発しつつ、ジンを知っていただくため、ジンソーダドライの開発なども行いました。

7月レストランはなかなか改善されない中、果報餅のテイクアウトを開発、さらに、一関ミートさん、新鮮館おおまちさんと酒屋の酒しゃぶ膳の通販商品の開発を行いました。さらに、冬までかかるという予想の下、地域のお餅屋さん「大林製菓」さんと他の会社と共同で一関おせちを企画開発を行いました。

8月。今年も開催できなかった全国地ビールフェスティバルをネットや飲食店各店舗を回るという形で開催し、継続できました。
地域トマトを使用しトマトエールを開発しました。
イギリスのビールの国際大会では、レッドエールと禁酒時代のヒールが部門別で世界1位を受賞し、コロナ禍で改善していた品質改善も結果をみるようになりました。

さらに、第一回の事業再構築補助金の認可を受け、40年ぶりにこの敷地内で清酒製造工場の再開の第一歩が踏み出せました。(これから大変になるのですが・・・)

9月、ジンジャエールや禁酒時代のブラッディヒールを開発しクラフトコーラに続きノンアルコールの商品がさらに充実しました。世の中はより飲食店での酒類の提供に厳しくなり、当社としても精神的にキツイ時期でした。

10月、世の中が反転し始めた時期でした。全国地ビールフェスティバルin一関が、「地域づくり表彰 全国地域づくり推進協議会会長賞」を受賞し、思わぬ表彰に地域がもりあがりました。飲食店様も再開し、ビール酒の出荷が再開し始めました。

11月~12月、一気にネット通販が増え、体制を整え日々出荷に追われつつ、みなやる気に満ちていた感じです。

ドタバタとただ、もがいているだけでなく、確実に変容し始めた世嬉の一。
2022年は次の10年に向けて蛻変(ぜいへん)できるように努力しつづけます。

この1年上記以外にもいろいろチャレンジしております。実はここに記載していないですが、失敗している数が3倍以上あります。しかし、めげずにチャレンジしていこうと思います。

本当に皆様には私どもを支えてくれて本当にありがとうございます。
感謝と共に今年を締めくくりたいと思います。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。



Posted by sekinoichi at 04:26

2021年12月28日(火)

年末年始の営業について(世嬉の一酒造各部門)

こんもり雪が積もった世嬉の一。人の足跡のほか、様々な小動物の足跡が見つかります。夜のレストラン営業をやめてから、さらに地域の小動物(猫、狸、小鳥たち)が歩いているようです。足跡は面白いですね。

さて、世嬉の一酒造の年末年始の営業を再度お伝えします。

まずは、直売所 世嬉の市(せきのいち 売店)

年内12月29日18:00まで営業、年始は1月2日9:30~営業します。

そして蔵元レストラン世嬉の一

現在の営業は11時~15時のランチ営業のみになります。
12月28日、29日まで営業、1月は2日(日)、3日(月)、7日(金)、8日(土)、9日(日)、10日(月)の営業になります。

酒・ビールの業務用出荷は、29日が最終出荷、年始は1月5日から出荷再開になります。

ネット販売は、
https://www.sekinoichi.com
12月28日中のご注文は年内発送、29日からのご注文は年始1月5日からの発送になりますのでご注意ください。

世嬉の一は今年も29日、明日まで全力で元気に営業しております!

—–PR—–

現在、残りわずかです!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 04:19