世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:蔵に関して

2021年12月22日(水)

先代の功績 地域と共に・・・

冬の寒い日が続いていますが、明るい日差しがさしています。冷気で凍った水たまりが光に反射してとてもきれいな朝です。
さて、先日の岩手日日(地元の新聞)を見てびっくりしました。

先代がトップで掲載されてました。

市勢功労賞に当社の先代が選出されました。

確かに、先代や先代の女将はずっともちで町おこしをやろうとか、地ビールフェスティバルやろうとか、その前は地域の企業と町おこしのため地ビールやろうとか・・・さらに前は、地域のために蔵を残すとか・・・

常に地域のために・・・と二人三脚で動いていました。正直30になり、私が家業にもどったとき、会社がこんなに大変(経営的にも資金繰り的にも危機的状況ででした。)なのに常に町おこしや人のためと言っているのがちょっと腹正しく思っていた時期がありました。順番が違うのでは・・・と

先代や先代の女将はそういうときでもまわりまわってよくなっていくからとか、地域と共に生きていくのが世嬉の一だからと言ってあまり変わらない活動をしていました。

私が経営に携わるようになると、ますます仕事以外の事が多くなり、ほとんど会社にいない人だなぁという感覚です。

ただ、先代がこのような賞をいただき周りの人に祝ってもらっている先代をみると地域で生きるため徳積みしていたのかなぁと思ってしまいます。

私は先代と同じようにはできませんが、尊敬と感謝の念をもって先代を誇りに思いたいと思います。

現在は、相談役になってほとんど会社にタッチしておりませんが、今でも地域の様々な会に参加しているようです。80歳過ぎて、商工会議所はさすがに引退しましたが、小学校のために・・・とかなんかやっているようです。

身体だけは無理しないでほしいとは思います。

世嬉の一のスタッフも私も相談役の1/10くらいですが、地域に貢献できるよう日々努力していこうと思います。

今日も世嬉の一は、地域と共に元気に営業中です。

—–PR—–

現在、予約受付中!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

先代と先代の奥様


Posted by sekinoichi at 03:00

2021年12月15日(水)

一関伝統の門松立て、厳美地区保存会(伝承の会)の皆様のお力を借りて完成しました。(正月準備)

去年と異なり、今日はとても気持ちの良い風が吹いています。上空には白鳥が編隊飛行をしていました。もっと近くで撮りたかったのですが、結構スピードが速い白鳥たちでした。
さて、今日は、恒例の一関伝統の門松立てを行いました。

一ノ関厳美地区に残っていた伝統の門松「門」ですが、元をたどると、伊達藩の文化のようです。

心のふるさと創生会議(協力 仙台市博物館、東北福祉大学)様の資料を見ると伊達藩の門松そのものを一関で毎年続けていました。岩手県一関は伊達藩の北の端の方ですので、もち食文化や門松など仙台で失われていった文化がまだまだ伝承されているのですね。

世嬉の一でこの門松を毎年お願いして作り続けていますが、もう25年以上になります。先代の社長と専務(社長の奥様)が地域の文化を伝えていきたいと、一関厳美地区でこの伝統を伝承しようとしている保存会の人にお声をかけ毎年作り続けていました。

枝ぶりのよい、栗・松・竹を山から切りだし、門松を造ります。

大きなしめ縄も制作していただきます。

これを行なうと敷地内の空気が良い空気が入ってくる・・・そんな感じがいつもします。

神棚のしめ縄もいいですね。

世嬉の一は何かと危機が訪れますが、なんとなく多くの人に救われたり、ピンチと思ってチャンスが来たりするのは、こういうことでいい気が入ってくるからかもしれません。

門松も完成し、神事にうつります。

まずは、棟梁から



私・・・来年はいい風が吹きますように・・・

社員代表として後藤工場長。

みなで門松を祝い、新しい年を迎える準備を行いました。

今日から、1月15日まで門松はたたずんでいます。ぜひ、世嬉の一にお越しの際は、門松をくぐって福を呼び込んでください。

今日も世嬉の一は、地域文化を継承し、元気に営業中です。

—–PR—–

クリスマスビール予約残り僅かになりました!

現在、予約受付中!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/xmas_limited_beer

今年の新酒は順調です。お早めにご予約ください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu



Posted by sekinoichi at 06:46

2021年11月30日(火)

醸造家と建築という題名で、記事を記載していただきました。ありがとうございます!

世嬉の一の広葉樹はすっかり葉が落ち、木々の骨格が見え、それもまた素敵です。月夜でみるとすごく雄大な感じがしますよ。

さて、今日は素敵な雑誌の記事を紹介します。業界誌なのでなかなか見ることができないのですのでブログで紹介します。「醸界秋春」という雑誌です。そこに、建築史家・京都華頂大学教授の川島智生先生という方が当社の建物・歴史にスポットして記事を書いてくれました。

その記事が非常にわかりやすくまとまっているので、紹介します。社員研修の際にも使用したいと思いました。

私もあったことがない、創業者であり、私のひい爺さん「佐藤徳蔵」ハンサムだったのですね。

私達世嬉の一の前の「熊文酒造」の時の事や、近くにあるベイシーさんの事、兄弟蔵だった「玉の春酒造」の事も記載しています。よかったら読んでみてください。私はの記事を読んで、より地域や多くの人に支えらえて世嬉の一の今があるのだなぁとしみじみ感じました。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—–PR—–

おせちの早割予約は本日までとなります!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

今年の新酒は順調です。お早めにご予約ください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu


ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop



Posted by sekinoichi at 07:08

2021年10月06日(水)

全国の近代化遺産×活動という文化庁の冊子に掲載していただきました。

秋風が気持ちの良い朝、昨晩は少し長い地震があったようです。夜中だったので、「あ、地震、あ、大丈夫そうだ、寝よう・・・」となってしまい、平和だなあと満喫していました。

さて、今日一関の教育委員会様から一冊の冊子を送っていただきました。
近代化遺産×活動の冊子ができたとのことでした。
近代化遺産?うちにかんけいあるのかなぁ・・・と思ったら、思いっきり掲載されてました。
そっか、毎日ここで活動していますが、すでに100年以上たった建物なんですね。

一関からはそのほかに、千厩の葉タバコ専売公社、東山の旧東北砕石工場が掲載されていました。なんかすごいですね。
全国の近代化遺産が掲載されていて、そこに同列で掲載されることありがたいと思います。

維持するのは大変ですが、やはり次の世代、その次の世代に残していこうと思います。

今日も世嬉の一は古いものを大切に・・・元気に営業中です。



—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop





Posted by sekinoichi at 06:03

2021年10月03日(日)

今を楽しんでいます!酒蔵計画実施中

秋晴れの世嬉の一。雲一つなく、すっきりとした秋の空です。台風がすぎ、気持ちのよい秋晴れですね。空に吸い込まれそうです。
10月1日から全国的に飲食店でもお酒の提供が条件付きで緩和され、私どももビール樽の出荷が少しづつ始まりました。この2か月間(8月、9月)本当に業績が厳しくなり、みんなでびっくりしていたのでちょっとほっとしています。
またコロナウィルスが流行らず、このまま通常に戻ってきてほしいと願うばかりです。一関、岩手では毎日コロナ新規患者0更新ですが、やはりお客様はまだ動かず、レストランもちょっとゆったり営業になっています。
今朝の新聞で一関のワクチン接種率(2回接種)が73.6%、1回接種が全体で86.8%とかなり高く、普通に生活できるような気がするのですが、一関はまだまだ夜は静かな感じです。

さて、そのような感じの一関ですので、私も仕事内容がほぼ創造的なものに変わっています。現場は大変ですが、この期に在庫管理システムや請求システムをすべて変え、お客様にとって利便性があるようにしています。
例えば、お客様がご注文した際にお振込みが郵便振替だけでしたが、NP後払いという仕組みをいれたので、コンビニ、銀行、郵便局などでお支払いできます。また、こちらで入金管理をしなくてよいので、お客様がお振込み忘れたとか、こちらの入金チェックし忘れというのがなくなります。
同時に、飲食店様も似たような仕組みを入れるので、間違いがどんどんなくなる予定です。
在庫も瓶詰めから出荷まで管理できるので、お客様から問い合わせされたら、すぐにお返事できる体制になります。

システム移行でトラブルがあったりして、現場は今は大変ですが、すぐにより創造的な時間がつくれるよう作業時間は短縮されるはずです。

そして・・・酒の工場をつくることに今熱中しています。今は、設計段階なので一番楽しいです。子供の時、プラモデルを造るときに設計図を見ている気分です。

タンクの配置は・・・倉庫はここにつくる・・・甑は、搾り機は、瓶詰・缶詰機は・・・そんなことを考えています。

専門家に聞いたり、保健所に連絡とったり、市役所の上下水道課に聞きにいったり、普段なら面倒なことなのですが、楽しくてしょうがないですね!

実は、当社の日本酒の販売のメインが自社売店と通販がメインだったため、業務店にも卸していないので・・・このコロナ禍で岩手県1位出荷量が少ない蔵になってしまいました。まぁ、売店で7割販売していたので売店に人が来なくなると、酒が売れずどんどん減ってきますね。

いつの間にか岩手で1番小さな酒蔵になるという・・・それなのに新・酒蔵を造ろうという無謀なことを考えています。まったく通常の酒蔵とコンセプトを変えたものですが・・・

思えば、祖父が脳溢血で急逝し、父が倒産しそうな世嬉の一を立て直したのも父が46歳の時、父は一関にあった自動車教習所を売却し、そのお金でつぶれかけた酒蔵に再投資し、郷土料理レストランや博物館、直売所をつくり世嬉の一を存続させました。その際に共同醸造という形をつくり酒ものこしました。

さらに56歳の時にはいわて蔵ビールを設立し、ビール事業に乗り出しています。今の私から見ると無謀の一言ですが、よくやったなぁと思います。

私は50歳で酒蔵づくり・・・しかも県内最小の酒蔵の無謀な戦い?血は争えないというか同じようなことをしてしまいますね。

コロナ禍で観光業・酒造業・飲食業をしている当社としてはとてもしんどい時期ですが、長期的(次の代、その次の代)まで見ると、今はとても必要な時期なのかもしれないと思います。また、必要な時期だったといえるように今を生きないといけないと思います。

いずれにしろ、酒もビールもジンも楽しくてしょうがないですね。

今日の売上にため息つかず、明日のやることを見て日々過ごしていこうと思います。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—–PR—–

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop



Posted by sekinoichi at 04:02