世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2020年05月09日(土)

大きな努力で小さな成果を・・・蔵ウラー第一弾、お届けします。

大きな努力で小さな成果を・・・世嬉の一酒造の働き方の考え方です。ある先生から教わりました。小さな努力で大きな成果を得ようとするな、地道にいきなさいという指導だったと思います。
世嬉の一は、この考え方がすごくあっているので、いつもドタバタ、へとへとな部分もあります。

さて、そんな中、何か、お付き合い先様(特に飲食店様)へ貢献できないかと考えたのが、グラウラーならぬ、クラウラー(蔵ウラー Kurawler)

お取引様が元気になるように出荷するいわて蔵ビールスタッフ

その「蔵ウラー」第一陣300本が旅立ちました!
土曜日出荷いたしましたので、月曜日もしくは火曜日にはあるのではないでしょうか?

正直、300本作製して発送するのしんどかった・・・けどその割に完成度は?
また、ビアバー様に多大な影響を及ぼすかというと、ほんのちょっとの支援なのでは・・・そんな感じです。1店舗あたり10本~20本ですので、全然お力添えになっていません。「まさしく大きな努力で小さな成果」ビアバー様すみません・・・

でも、お客様、ビアバー様にお伺いして、ビールのテイクアウトやお食事のテイクアウトをしてください。
僕も、コロナが終息したら各お店にお伺いしたいと考えております。

『蔵ウラー』お取り扱い店舗 第一弾 20店舗は下記の通りです。
コロナの影響で、お店が空いているかどうかもお客様でご確認ください。
ボトルだけ下さいなんていうお客様はいないと思いますが・・・やめてくださいね。僕が悲しくなります。ぜひ、いわて蔵ビールとともに(笑)
第一弾でお届けした蔵ウラーは北は北海道~大阪まで・・・

【北海道・札幌市】
Cider&Beer KALAHANA
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西7丁目
電話: 011-251-1087
belog.com/hokkaido/A0101/A010103/1029790/

【宮城県・仙台市】
グッドビアマーケット エン Ichibancho
〒980-0803 仙台市青葉区国分町1-6-1 ルナパーク一番町ビルB1F
電話:022-762-7703

【長野県・長野市】
Craft Tap & BBQ Station 生麦 みなみ風
〒 381-0000 長野県長野市鶴賀上千歳町1350
電話: 026-217-5885

【新潟県・上越市】
Smoke&beer ORION
〒943-0831 新潟県上越市仲町4-4-1高田556ビル1F
電話:0255-20-5454

【東京都・国分寺】
Beer Cafe Gambrinus / 東京国分寺 ビアカフェ ガンブリヌス
〒185-0021 東京都国分寺市南町3丁目16−5
電話: 042-325-0484

【東京都・池袋】
エールハウス(Ale House)・池袋
〒170-0013 東京都豊島区 西池袋1-16-8 山口ビルB1
電話: 03-3980-4845

【東京都・池袋】
Nonsuch
〒171-0021 東京都 豊島区西池袋5丁目1-6 矢島ビル2F
電話:03-3981-4811

【東京都・六本木】
Craft beer BAR Ant ‘n Bee Roppongi
〒106-0032 東京都港区六本木5丁目1−5 地下1階
電話: 03-3478-1250

【東京都・麻布十番】
The Tipplers Arms
〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目8−8−12 ウェステル麻布十番1F
電話: 03-3505-8278

【東京都・神楽坂】
Craft Beer Server Land
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2丁目9 大川ビル B1F
電話: 03-6228-1891

【東京都・八王子】
Craft Beer Cafe PROST
〒192-0085 東京都八王子市中町8−9
電話: 042-649-7708

【東京都・目黒】
目黒のBeerPub Scent ビアパブセント
〒153-0063 東京都目黒区目黒1丁目6−15
電話: 03-6417-0806

【神奈川県・鎌倉市】
レストランバー213
〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1丁目20−5 エスポワール
電話: 0467-81-3155

【千葉県・千葉市】
Beer O’clock
〒260-0027 千葉県千葉市中央区新田町1−4 江沢ビル
電話: 043-215-8426

【石川県・金沢市】
香林坊ジビルバ
〒920-0981 石川県金沢市片町2丁目7−3
電話: 076-231-1239

【静岡県・富士市】
BEER JAM
〒416-0914 静岡県 富士市静岡県富士市本町5ー4
電話:0545-64-3325

【静岡県・静岡市】
STANDOUT
〒420-0032 静岡県静岡市葵区両替町2丁目1−15
電話: 054-255-2290

【大阪府・茨木】
レーズン堂
〒567-0816 大阪府茨木市4 大阪府茨木市永代町4
電話: 072-620-8266

【大阪府・大阪市】
YELLOW APE CRAFT / イエローエイプクラフト
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋2丁目4−9
電話: 06-4963-3838

【大阪府・大阪市】
Craft Beer Spot Hathor
〒534-0024 大阪府大阪市都島区東野田町都島区7 5-7-14 ファイン第2ビル
電話: 06-6928-6565

蔵ウラーがお店に届く日にちは岩手からの出荷なのでそれぞれ違うと思います。また、お店によっては都合もあるので、届いたからすぐにということもないかもしれません。お手数ですが、ご自身で各店舗にご確認後お伺いください。
ぜひ、各店舗応援してくださいね。
第二弾も『蔵ウラー』作成中ですので、少々お待ちください。少々へとへとになってしまいました・・・
#ビールで明日を幸せに
#蔵ウラー
#グラウラー

今日も世嬉の一スタッフは大きな努力をすべく元気に営業中です。



—-PR—–
初の試み、ビール説明会付き、ビールセット(5月15日19時開催!)

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/0515

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood






Posted by sekinoichi at 06:30

2020年05月08日(金)

どんどんチャレンジ新しいこと・・・コロナで忙しいのでは?

すごく天気のよい世嬉の一。今日もお客様がほとんど来ないので全体的には暇なはずなのですが、とにかく何でもチャレンジ。
各部門、忙しい人は忙しい(笑)まぁ7割減で連番性で会社に来てもらっているので人がいないから忙しいというのもあるのかもしれません(笑)

さて、そんな中、ある別のビール会社からお電話が来ました。

「どうですか?航さん」「うちはなかなか・・・」ちょっと元気がない。
当社も激減ですが、元気はあります(笑)
震災の経験があるのか、結構前向きにチャレンジしている集団です。
元気がないブルワリーもありますが、その中で、「ZOOM」飲み会ってどうですか?と聞いてくるビール会社もありました。
ぼくは結構ZOOM飲み会やっています。飲みすぎて家内や座敷童ちゃんにあきれられています。今までなかなか会えないかたと画面越しですが、お会いできたり話ができたり非常に面白いです。
先日は南京に赴任している人や島根のビール会社の社長と一緒に飲めたりしました。こんなことなかなかできないので面白いよ~と話していました。

でも話しているだけではつまらないので、では一緒にやろうと企画しました!!!

たまたま名前が似ているビール会社ですし、東北魂ビールプロジェクトというのを震災の際に立ち上げて勉強する仲間でもあります。せっかくだから、僕らのビールを造り手がきちんと紹介しようと・・・
そこで、あくらビールの工場長と私で、各自のビールの説明や様々な質問に答えたりしようと思い企画しました。

参加条件は、どちらかのビール会社のお試しセットを購入することです。

いわて蔵ビールのはこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/0515

そしてあくらビールさんのお試しセットはこちら

http://aqula.shop-pro.jp/?pid=150824209

どちらも乾杯用グラス付き4本セット3000円送料無料です。ただ、どちらも30セット限定です。こちらの商品をご購入いただいた方に、ZOOMのアドレスとパスワードを後日ご連絡します。

当日は、福島路ビールさんもゲスト出演するかもしれません。ご注文は12日までになっておりますので、ご注意ください。コロナの中でも異なった形で皆様にお会いできること嬉しく思います。

今日も世嬉の一は新しいことにチャレンジし、元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/0515



Posted by sekinoichi at 07:30

2020年05月07日(木)

いわて蔵ビールができること・・・蔵ウラーの制作

素晴らしい天気の世嬉の一。昨年でしたら忙しくて大変だった時期です。

今年は、このまま経営できるのかと不安になる毎日です。岩手は感染者0だから普通の生活しているだろうと思われる方もいるかもしれませんが、実際には、飲食業や宿泊業、観光業は全国と一緒で、いつまでもつか・・・というような大変な時期を過ごしています。
そんな中、私たちは大変心配しているのは、ぼくらより固定費がめちゃくちゃ高い東京や大阪、その他大都市で営業されている飲食店のお取引先様です。

ビアバーと言われる全国にあるクラフトビールを提供するお店が今すごくピンチになっています。東京では夜19時までしかお酒を提供できないですし、基本テイクアウト。その中でどうやって社員の給与を支払い、どうやって家賃を払い、どうやって生活するのでしょう。国からの補助金はしくみはできましたが、実際には手に届かない。雇用調整助成金も震災の際も忘れたことに会社に入ってきます。借入金をどんどんしないと生き残れないのが現実なのです。

わたしたち、いわて蔵ビールは、多くのビアバーさんに育てられてきました。1995年に立ち上がったいわて蔵ビールは誰にもしられず、地ビールはまずいということだけでまったく売れない時代が続いていました。2010年ころからビアバーが増えはじめ、その1店、1店のスタッフの皆様が当社のビールを僕の代わりに説明してくれ、いわて蔵ビールのブランドを共につくってくれました。

よくカウンターごしにクラフトビールの魅力、いわて蔵ビールの事を話している店主の方々の光景を思い出します。

そんなビアバー様たちが、あと一か月の自粛延長で本当に危機に瀕しています。

ビアバー様たちも生き残れるように酒販免許などが給付されていきました。ビアバー様もビールをボトルだったり、樽生を別な容器にうつしテイクアウトという形で販売し生活の糧を得れるチャンスをもらえるようになりました。

そこで、いわて蔵ビールも何かできないかと考えました。

海外では、テイクアウトビールにグラウラーという仕組みがあります。

グラウラーとは、日本酒の通い瓶みたいなものでサーバーからの樽生ビールを水筒のほようなものに入れて持ち帰ることができるます。

こんな感じのものです。意外と高くて、5000円~2万円くらいします。ただ、これを持っている方も少ないので・・・ビアバーでは、ペットボトルや他の容器に入れてお持ち帰りしていることをお聞きしました。

そこで、いわて蔵ビールでもグラウラーの代わりになるものがないか考えました。

当社では毎年、クリスマスビールを特別なボトルで出荷していました。


今年の分も実は倉庫にありました。クリスマスビールの出荷はできなくなるかもしれませんが、」これをグラウラーの代わりにつかえないかなぁ・・・

時間はたくさんあるので考えました。だってGWは過去最高の時間をいただいたので・・・

ロゴマークの型を作り、プリントしてみました。

素人の手作りなので、あまりかっこよくないのですが、意外と反応が良かったです。当社としても売上が少ないので、最初はビールを詰めて売りたいとも思いましたが・・・

アフターコロナになった時に、いわて蔵ビールを提供していただいているお店がなくなってしまったら・・・そんな恐怖は考えたくありません。

そこで、このボトルは一切当社では販売しません。

当社のお取引あるビアバー様に配ろうと思いました。すこしでもお客様が各ビアバー様に通っていただければと思いました。

残念ながらそんなに多く持っているわけではないので、数に限りがありますが、来週から全国の当社のお付き合い先のビアバー様に提供しようと思います。

今日もボトルを一生懸命制作していました。



よく見るとロゴが曲がっていたり、にじんでいたりちょっと離れてみたほうが素敵ですよ(笑)

グラウラーに対抗して「蔵ウラー」と名付けました。蔵ウラーにサーバーから入れる技術も公開しました。(けっこう実験したよ)

カメラの取り方は、一人夜会社に残ってやっていたので、うまくないのはご勘弁・・・

さて、この僕が1個1個つくった「蔵ウラー」あまり見た目はよくないですが、いわて蔵ビールの思いが入っています(笑)この蔵ウラーがすこしでも全国のビアバー様への一助になればと思います。

後日、蔵ウラーを提供するビアバー様を公開します。

ぜひ、皆様お近くにいればこの「蔵ウラー」でビアバーさんのビールを購入し、ビアバーさんを応援してくださいね。

アフターコロナになったら、ぼくもビアバーさんを回り、リアルに皆様と乾杯できるよう今は耐えて頑張ります。


今日も世嬉の一はとにかくやってみるで元気に営業中です!

————PR———–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/ZOOM/0515

消毒用アルコールは下記のサイトからご予約できます。
ナンバーで管理するため、万が一転売目的で購入しても追跡できますのでご遠慮ください。
医療関係・学校関係・福祉関係など急を要するところに優先的にお出しすることをご理解ください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood





Posted by sekinoichi at 10:04

2020年05月04日(月)

消毒用アルコール(スピリッツ)製造開始、5月中旬出荷予定

世嬉の一の桜の木も青々としてきました。昨日は一関の気温が30度を超え、びっくりしておりました。さて、先日国税庁より、連絡が各酒造会社にきました。内容は、消毒用アルコールがひっ迫しているので、高アルコールエタノール(高アルコールな飲料)を 手指消毒用エタノールの代替 品として用いることは差し支えないこと。 ということです。

世嬉の一酒造の名前の由来は、「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」です。こういう時にお役に立てなければ・・・
クラフトジンの醸造はちょっと後ろ倒しにし、今は消毒用アルコールになるよう、65%の蒸留を開始しました。

スタッフたちも人に役立つ仕事ができるということですごく張り切っております。

当社の蒸留酒の造りは、基本ビールのように麦芽を糖化し、アルコール化したもの(ビール)を蒸留しつづけ、濃度を濃くします。そのまま出荷すると原料用アルコールという他の酒造免許になるため、エキス分2%以下になるようレモン果汁を入れます。
間違って口に入っても体に悪くないように蒸留しております。

ビール醸造の2名のスタッフが担当することになりました。

消毒用アルコールの出荷はGWあけの5月中旬(11日~13日)に出荷いたしますが・・・

ただ、最初は一関地区の学校関係に出荷いたします。
この醸造が始まった際に、まずは市役所や一関医師会に問い合わせをいたしました。その際に、現状では大丈夫という回答を5月1日にいただいております。
その後、一関市学校薬剤師会様よりご連絡があり、市内の学校関係が不足しているとのことで、そちらに最初に出荷する予定です。

ラベルも自社のスタッフがアマビエを書いてくれたので、そのようなラベルにしました。使う方もすこしほっこりしてほしいということで、人魚のようなアマビエちゃんです。

今日もスタッフが蒸留しております。香りがいいので、木樽に入れてウィスキー免許とって・・・といいたいところですが・・・まずはみんなの健康ですね。

みなさんと一緒に大手を振って外や飲食店で会話できる以前の生活にもどれるよう、私たちも頑張っていきたいと思います。

世嬉の一は人の役にたてるよう、スタッフ一人一人ががんばり、元気に営業中です。

消毒用アルコールは下記のサイトからご予約できます。
ナンバーで管理するため、万が一転売目的で購入しても追跡できますのでご遠慮ください。
医療関係・学校関係・福祉関係など急を要するところに優先的にお出しすることをご理解ください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Alc65

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood






Posted by sekinoichi at 11:27

2020年04月30日(木)

日々葛藤とともに・・・学び?スピリッツ免許獲得!

正直、ちょっとしんどかった4月が終わります。お客様が来ないので・・・私の神経が月末になると擦り切れてきます。スタッフの給与も支払った・・・お付き合い先も支払った、大丈夫・・・すべての支払いが終わるとほっとします。

震災の時の3月4月も月末が嫌だったなぁ・・・経理のスタッフと話して銀行に行くのが仕事だったなぁ(笑)
あまりスタッフには心配させないようにしているつもりですが、日々の状態や経理スタッフと話す僕の顔で伝わっちゃうようです。私は、まだまだですね・・・

それを知ってか、各スタッフ一生懸命です。社長が頼りないとスタッフが育つのですね(笑)
カフェ&レストラン部門のテイクアウトは第一弾はほぼ安定してきて、改善、改善に取り組んでいます。毎日利用された方のアンケートを見て、必死に分析しています。

そして、ビール部門ではせっせと蒸留にいそしんでいます。

そうです、本日、スピリッツの限定免許の限定が解除されました!
平成18年以前に酒造免許を持っているところには自然とスピリッツ免許が付随していたのですが、それを今回の高アルコール消毒液やクラフトジンを醸造するために限定解除が必要でした。

一関税務署様が異例の処理で、最速で許可がでました。ありがとうございます( ;∀;)
東日本大震災の際に、炊き出しのストーブを囲んで、ビールが売れないので、高アルコールにして燃料にしようかと話していました。あの時はガソリンがなく長蛇の列になっていたので・・・

今回は、病院、訪問看護、保育園、老人ホームなどで消毒用アルコールが少なくなっていると聞いていました。自分たちができることは何か・・・

「世の人々が嬉しくなる一番の酒造り」当社の名前の由来です。

そう考えると・・・今は消毒用アルコールを供給することが世の人々が嬉しくなることなのでは・・・そう考え、様々な計画を変えて今回取り組みました。

ラベル作成も進んでいます。すべて同時進行。善は急げですね(笑)

日々、資金繰りでの悩みや雇用調整助成金の申請の難しさに格闘しているときと異なり、前向きな悩みはすごく楽しいですね。

地コーラ(クラフトコーラ)に続いて、行うのは飲める消毒用アルコール製造・・・その先にはクラフトジン製造です。

今回、飲食業を長く経験していて、アメリカ留学から帰ってきたスタッフが2月に入社してくれました。彼はジンにも詳しいのでそのまま担当になってもらいます。

日々、正直経営は大変ですが、コロナウィルスのこの状況に適応して、世嬉の一酒造がスタッフとともにできることを目指していきたいと思います。

世嬉の一は、静かな中でも元気に営業中です。

※注意:レストラン・カフェ営業に関して・・・
当社、蔵元レストラン 世嬉の一にとって、このような時期にお客様がお越しいただけること本当に嬉しく思い、正直助かります。ただ、自粛要請が出ている中、万が一お客様が遠方からお越しの場合、知らないうちにお客様の周りの大切な方を不幸にしてしまう可能性もあります。サービス業として、お客様を分け隔てるというのは大変遺憾なのですが、自粛要請もかんがみ、岩手県内、一関市内、近郊の市町村(栗原登米地区や気仙沼地区など歴史的、文化的同一地域の方々)のご来店のみにさせていただきたく思います。申し訳ございません。
遠方からのお客様、もしGWに向けて帰省や旅行に来てみたいとお考えのお客様、お互いに今は我慢することで、今は大変ですが、近い将来、お客様も私どもスタッフも幸せな気分で接客サービスできると思います。
今回はご入店をお断りする場合もございます。本当に申し訳ございません。ぜひ、この騒動が収まったときには何卒よろしくお願いいたします。
                   世嬉の一酒造株式会社 スタッフ一同

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomibeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/foodienomi

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomifood



Posted by sekinoichi at 07:06