世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:蔵元だより

2020年07月05日(日)

怒涛の一週間、岩手三社祭~岩手ブルワーズプロジェクトの仕込み終了しました。

緑生い茂る世嬉の一です。裏の磐井川も静かに流れております。

今週は30日、2日、4日と一日おきにビールを仕込ました。30日は花巻ブリュービースト、2日は遠野ズモナビール、4日はいわて蔵ビールでそれぞれ初めての仕込を行いました。

昨日は3回目の最終日です。
3社で飲んだときに、岩手三社祭~岩手ブルワーズプロジェクトとしてスタートしました。ビールが完成したら三社でイベントも行う予定です。

今回醸造したスタイルは、私たちは普段醸造しない、今最も流行しているビールスタイル、ヘイジーIPAを醸造しました。なぜいままで醸造していないか・・・というと、流行しているものはみんな醸造するので僕らは醸造しないというのが「いわて蔵ビール」のスタイルです。ただ、このようなご時世で時間があるので、なんでもやるというのもいいのかなぁと思い、ヘイジーIPAを醸造してみました。

ヘイジーIPAとは大量にホップを使用するのですが、本来ホップはビールの苦みと香りを出すのですが、このスタイルは、ほぼ香りをビールに使用し、苦くなくジューシーでフルーティーなビールスタイルです。

ホップを大量に入れるため、ホップのポリフェノールで濁ったビールになります。

朝早くから三社で麦芽を投入し、1日かけてビールを仕込みました。

いい感じの麦汁ができ、おそらく素晴らしいビールになるのではないかと予想しております。

昼休みには、カフェTOKUZOのパフェで休憩。まぁ三社で楽しんでおりました。

さて、3回の醸造を振り返ってみましょう。

1回目、花巻市のブリュービーストで畠山醸造士の元、キウィフルーツを使用したサワーエールを醸造しました。

2回目、遠野市のズモナビールさんで坪井醸造士中心に地場産ホップIBUKIを使用したSMASHIPAを醸造しました。
3回目は一関市いわて蔵ビールで後藤醸造士中心にヘイジーIPAを醸造しました。

これを1週間、同じ岩手の移動といいつつ広いなぁと思いながら移動して醸造しました。さて、3回終わったので懇親会。

いわて蔵ビールの他のメンバーも加わり懇親会という名の大試飲会を行いました・・・というのもネットで他社さんのビールを大量買いしていたことと、クラフトジンの試作もできあがったので、それをみんなであーだこーだ技術はこうしたほうがいいなどと遅くまで楽しい時間を過ごせました。

岩手の夜は静かに楽しく進んでいました。

今後ビールが完成したら、3社でイベントも行う予定です。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd503



Posted by sekinoichi at 03:41

2020年06月30日(火)

とにかく時間があるのでチャレンジ~岩手三社祭・・・岩手ブルワーズプロジェクト~

今日は少し雨模様の世嬉の一。草花が喜んでいるようで、どんどん育ってきます。愛心幼稚園のもち米田んぼもすくすくと育っております。

さて、今日は朝早くから花巻に完成した新しいビール会社「ブリュービースト」さんにお邪魔しております。またまた新しい取り組み、「岩手三社祭 ~岩手ブルワーズプロジェクト~」をスタートさせました。かなりハードな取り組みで、1週間のうちにそれぞれのビール会社で醸造することで、お互いの知識と技術を高めようという取り組みです。

第一回は、本日6月30日 花巻市 ブリュービスト様でサワーエールの仕込み

第二回は1日あけて7月2日に遠野市でズモナビール様でIPAの仕込み

そして第三回は7月4日でいわて蔵ビールでヘイジーIPAの仕込みを行います。

怒涛の1週間ですね(笑)
さて、今日はブリュービスト様でサワーエールというのですが、サワーエールというのは、通常ビールは糖分を発酵させてアルコールにしますが、その前に乳酸菌やヨーグルトで乳酸発酵をさせ乳酸をつくり酸っぱくしたビールになります。

今回は、ヨーグルトを使用し、副原料にキューイフルーツを使い、酸味も乳酸の酸味と果物の酸味を使ったビールになります。初めての試みです。

JR花巻駅の目の前にあるブリュービスト様、1回はパン屋さんになっていました。

ブリュービーストの畠山さん中心で今回のPJを行いました。
事前打ち合わせも行い、きれいな麦汁が出来上がりました。

美味しそうな一番麦汁です。

さらに、その後、麦汁を45度に覚まし、今回はヨーグルトを入れます。

これで24時間放置・・・明日にはPHが下がり、酸っぱいビールの原料が出来上がります。これを煮沸し、ホップと果汁を加え、ビール酵母で発酵させます。

どんなビールができるか楽しみですね。

明後日ズモナさんよりお伝えします。

3社のビールが出そろったら、お店でミニイベントをおこないたいと思います。

よろしくお願いします。

とにかく、今の時期は時間があるので、どんどん挑戦です。また、当社だけでなく他社と協力することで生まれる何かもあると思い、今回のPJがスタートしました。ぜひ楽しみにしてください。

今日も世嬉の一は元気に挑戦して営業しています。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK

仕込を終え、みんなで記念撮影、たまたま来られていたトレジオンレポートの社長と和君も一緒に撮影しました。



Posted by sekinoichi at 08:36

2020年06月28日(日)

いわて蔵ビールもったいないプロジェクト~アベノマスクの活用~

梅雨の一関。世嬉の一のアジサイもきれいに咲いてきました。日々健やかに過ごしている世嬉の一スタッフです。

さて、いわて蔵ビールでは「もったいないプロジェクト」をスタートさせました。以前、マスクチャレンジに関して、ちょっとブログで記載しましたが、アベノマスクに関して反対ではないのですが・・・もったいないなぁと思っていました。

「マスクチャレンジの意味」詳細はこちらhttps://sekinoichi.co.jp/blog/archives/10239

私たちは、このもったいないアベノマスクで何かできないかなぁと思い、「もったいないプロジェクト」アベノマスク活用プロジェクトを立ち上げました。


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK

皆様のおうちで、アベノマスク届いてSNSに届きました~と投稿したあとそのままになっているものありませんか?

いわて蔵ビールでは、アベノマスクとビール1本を交換するプロジェクトを行います。

ビールをお送りするのに送料がかかってしまいますので、当社のサイトで何かご購入する際に、通信欄に「アベノマスク交換希望」と記載し、ご希望のビールを記載していただければ、商品と一緒に1本もしくは一缶をつけてお送りします。

もし、購入する予定がない方は、アベノマスクを当社までお送りください。お送りする際に、お客様のお名前、ご住所、お電話番号、ほしいビールを記載していただければ、ビールを郵送します。ただし、ビールの送料はご負担していくため、送料分の代引き郵便にてお送りします。

このプロジェクトは、8月20日まで行う予定です。

集まったマスクは最初市内で必要なところ(一時一関市役所で手作りマスクを集めていたので・・・)と思ったのですが、現在本当に必要なところは少ないようです。そこで、NPO法人もったいないジャパン様で募集しているようですので、こちらに寄付しようと思います。

せっかく多額の税金で取り組んだアベノマスクですが・・・地方ではそれほど必要なものではなくなり、それこそもったいないので、この企画を行っています。

細かい詳細、禁止事項は下記のとおりです。

~ご注意ください~
・プロジェクトの期間:2020年6月28日(日)~2020年8月20日まで
・ご利用できるのは未使用・未開封のアベノマスクに限ります。
・交換できるビールは330ml入りボトルビール(定番商品・季節商品)もしくは、350ml缶ビールになります。
 限定商品や他のチャリティー商品との交換はできない場合があります。
・マスクの当社までの郵送料はご負担お願いいたします。
・商品をご購入ではなく、マスク交換だけのお客様は、大変恐縮ですが、ビールの送料もご負担お願いします。

このプロジェクトは、お客様はアベノマスクをお送りいただくことで当社のビールを楽しめます。飲んでいただいたお客様がもし当社のビールを気に入ってくれれば当社にとってはプラスになります。 また、集まったアベノマスクをまとめてNPO法人など必要とするところに寄付することで、寄付先で有効に活用できる そんなことができるのでは・・・と思い、このプロジェクトを立ち上げました。

もしこの企画にご賛同いただけて、おうちで眠っている使用していないアベノマスクがございましたら、ぜひご活用ください。

アメリカではオバマ大統領ビール(クラフトビール)があるそうですが、日本にはないなぁ・・・
いつか様々な人が飲んでさらに感動するビールになりたいと精進してまいります。

今日も世嬉の一はもったいない精神で元気に営業中です。
#ビールで明日を幸せに

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ABEMASK


Posted by sekinoichi at 06:59

2020年06月26日(金)

またまたお客様のためにスタッフが商品開発です。

やっと梅雨らしく、雨が降ってきました。毎日ちょうどよい天気になっております。紫陽花も咲きはじめ、これからが楽しみな時期ですね。一関にはマツコの知らない世界で紹介された紫陽花園もあるのですよ。

さて、世嬉の一ではお客様が少ないときは怒涛の商品開発を行っております。
新型コロナウィルスでいただいた時間を有効に使いましょうということで、実際には、会社に出社するスタッフは半分くらいですが、各部門それぞれお客様が喜ぶ商品開発づくりを行っております。

例えば、これです。

ビールを蒸留してアルコール65%の消毒液を作成していましたが、それを応用して・・・

クラフトジンの研究です。山椒や一関でとれる黒文字(高級つまようじ木)を使用したものなど盛んに研究開発をしています。

また、小春二条大麦を使用して、こはるこーら(クラフトコーラ)の開発が大詰めを迎えています。

さらに、地元のお客様との通い瓶として、そして日々三杯飲めるビールとして、「ピルスナー蔵シック」の開発と「蔵ウラー」の開発をおこなっておりましたが・・・

そこから派生して、ビールを入れる水筒、グラウラー (growlers)を開発しています。これは保温(つめたいまま)と 炭酸をキープできるので、飲食店にもっていってビールを量り売りしてもらおうことができます。

来月にはネットや店頭で販売します。

レストラン部門では、土日にすこしお客様がおこしになっておりますが・・・あるお客様がメニューを見て一言・・・「お肉食べたかったなぁ~」と話されていました。当社は郷土料理レストランですので、郷土食「もち」をメインにしたメニュー構成です。また地のものを食材に使用するので、地鶏や豚を使用した酒しゃぶ膳や酒粕焼きなどありました。

でもちょっと違ったようなので、すぐに開発しました。確かにコロナ前でも中国、香港、台湾の方々で牛肉が食べたいという方が多かったです。

そこで、開発したのが・・・

岩手県産ローストビーフ酒樽膳・・・ステーキ膳かなぁと思いつつ・・・ソースが決め手です。

このメニューは今週末から提供開始します。

さらにカフェ徳蔵では、より地元の方々に楽しんでもらえるようにパフェの夏バージョンを作成

真っ白の中に五層もの味の違いがあり、キューイフルーツでさっぱりとしています。実はまだまだ開発しているものがありますが・・・・

とにかく、今の時期はお客様が喜ぶものを見つけてスピード感をもって対応するをこころがけています。

世嬉の一の名前の由来「世の人々が嬉しくなる一番の酒造り」がコンセプトに各部門が頑張っています。

よかったら世嬉の一に遊びに来てください。

今日も世嬉の一は新しいことにチャレンジし、元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly





Posted by sekinoichi at 06:36

2020年06月23日(火)

 世嬉の一酒造ができること・・・ONE AND ONLYキャンペーンに参加します

世嬉の一では、あじさいが咲き始めました。

一ノ関には、マツコの知らない世界でも紹介された日本一のアジサイ園があるのですよ。よかったら一関にお越しください。
さて、このコロナ下で世嬉の一酒造ができること・・・その一つに、ONE AND ONLYキャンペーンに参加するというのがあります。
これはクラフトビールを飲むことで、コロナで被害を受けている方や医療関係者に義援金を贈るチャリティーイベントです。
友人のトランスポーターの田嶋さんから熱いコールをいただき、よろこんでいわて蔵ビールも参加することになりました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly

主催者から・・・以下HPより抜粋
ONE AND ONLYキャンペーンとは、
新型コロナウイルス「COVID-19」の影響により、クラフトビール業界も飲食店も、大変な忍耐を強いられていること、さらに先の見えない状態であることに、連日心を痛めています。医療の現場も、これ以上COVID-19が蔓延すれば、オーバーフローの状態になるでしょう。ビール業界のみならず、その影響は多方面にわたり、甚大な被害をもたらしているのは、皆さまご存知のとおりです。 自分たちには、何がやれるのか。 何か力になれることがあれば、行動したい。 ひとりでできることはどうしても限られます。 そのため、ぜひ力をお貸しいただきたいのです。

想いは一つ,願いは一つ.皆で一つ 『ONE AND ONLY』

ビールを購入する事でお客様が笑顔に、ビールを飲む事で支援(募金)できます。

【ONE AND ONLY キャンペーンとは】

◆「ONE AND ONLY」キャンペーン用のビールレシピをもとにクラフトビール会社がビールを造り提供。 4社がビールのレシピを考案し、それを参加ブルワリーが醸造して販売する形式。 または 通常商品を販売支援。利益の一部を、任意の場所に寄付してもらいます。 利益の一部を医療基金や飲食店のサポート、コロナの影響を受けた人々に支援寄付致します。 (寄付先は参加ビール会社にお問い合わせください。)

★支援募金額ですが、ボトル、缶ビールを購入すると1本20円、生ビール1パイントあたり約20円の支援金として募金されます。

参加のイメージ 『ONE AND ONLY』ブランドの『ビール造り』および『パッケージング(缶/瓶/KEG)』 『販売(店舗/通販)』『消費』『支援』造り手、販売していただける方、飲み手など、どこか一つでもお力になれる方を求めています。
——————-

これを受けて、当社も参加することにし、さっそく4社のレシピのうち、三重県にある伊勢角屋麦酒様のIPAのレシピをいただき、醸造しました。

当社のラインナップにはない美味しいビールになっております。

このキャンペーンに当社が参加することで、何かの手助けになればと思う一方、私たち自身も多くの学びがあります。また、私たちが入っているクラフトビール業界が単なるビールを楽しむだけでなく、仕事を通じて社会をよりよくする活動も行えるということがとても嬉しく思います。

お声をかけていただいた、トランスポーターの田嶋さんに感謝とともに、東北の1ブルワリーとして努力したいと思います。

今日も世嬉の一は元気に営業中です。

—-PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gift2/gd543?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohoku4collabo?utm_source=blog&utm_medium=social&utm_campaign=200612

h

今年で最後になってしまう、こはるホワイトエール
通常4400円のセットを3500円で限定200セット販売します。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/syoudoku/Alc65

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ienomi

夏限定ビール発売開始!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion

支援ビール発売します!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/oneandonly


Posted by sekinoichi at 04:37