世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:蔵元だより

2021年03月01日(月)

震災10年目、東北魂ビールプロジェクト「ありがとう10年エール」を醸造しました。

本日から3月ですね。今年の3月は特別な思いで迎えました。震災から2か月たった5月に取材を受けた時の写真です。
2011年5月に次女が生まれ、会社を倒産させないよう努力しつつも、家族を養わなければと奮闘していた時期です。その娘ももう10歳、小学生です。上の子は4月から中学生です。
この10年間いろいろあったなぁと感慨深くなります。

さて、この時期に東北魂ビールプロジェクトの活動を行っております。
東北魂ビール プロジェクトとは・・・
東北のクラフトビールのブルワーが集まり、世界に通用するビール造りをするために技術研鑽し、お互いに高め合うプロジェクトです。 プロジェクトの結果として毎年数本の仕込みを行います。
ただし、今回コロナ禍ということもあり集まることができませんでした。
そんな中震災から10年という節目に、多くのお客様に感謝の気持ちを込めて、東北6県の11のブルワリーが『地元の米』、『ホップ』を使用し、それぞれのブルワリーの自信のあるビールを醸造することにしました。
今回、3月11日に向けて、11社のブルワリーから限定にはなりますが、東北魂ビールプロジェクトビールを出荷いたします。
いわて蔵ビールも東北魂ビール「ありがとう10年エール」を発売します。

東北魂ビールプロジェクトは、2012年11月にスタートしました。
震災で、多くのご支援いただいたお客様、ファンの方々になにかできることがないかと、当時おなじく支援を多く受けていた福島県 福島路ビールさんと秋田県あくらビールさん(あくらビールさんは、ブルワリーは大丈夫でしたが、醸造長の長谷川さんのご両親が宮城県気仙沼で被害が大きかったのです)

この3社で集まり、ぼくらがお返しできることは、ビールの品質をあげることしかないと、勉強会をスタートしました。お互いの経験や知識をオープンし、本音で語る勉強会です。それが東北魂ビールプロジェクトのスタートでした。

最初は小さい集まりだったのですが、徐々に仲間が増え、またキリンビール仙台工場様からも協力を頂き、経験と知識だけでなく、技術共有や分析など様々な活動が行うことができました。

同じく被災した熊本県震災被害へのチャリティーイベントなども行うことができました。

コロナ直前の2019年の活動の際には、東北6県のブルワリー13社とキリンビール仙台工場様、スプリングバレーブルワリー様も参加し、この地域でとれるホップを活用し、地域全体が美味しいビールを提供できる地域になるようさらに活発になりました。

今回、コロナ禍でもあり、各ブルワリーが集まることができないという中で、何かできないか・・・とミーティングを行い、各社で共通条件をつけながらも東北11社で10年目節目のビールを醸造して3月4日にリリースしようと決めました。

クラフトビールはやはり地域に根差す存在なので、共通項として、地域の自然に育まれた「お米」と東北で育ったホップ「IBUKI」を使用し、あとは各ブルワリーの創造性で醸造することになりました。

いわて蔵ビールも遠野産ホップ「IBUKI」陸前高田産「たかたのゆめ」そして自家採取した酵母を使用して醸造しました。

結果として「ありがとう10年エール」の香・味りは、複雑で味わい深くなりました。
遠野産ホップIBUKIを中心としたホップの柑橘系を思わせる香りと自然酵母由来の奥深い香り、そして麦芽の香りが重なりあり、かろやかでありつつ深い味わいがあります。
 香りには、ビールを飲む際にグラスに近づけた時の上立香(うわだちか)では、柑橘系の口に入れた際の含み香(ふくみか)には、酵母由来の香りと麦芽の旨味が重なり複雑な味わいになります。

そして、震災10年目で共通ロゴができました。

第14回目になる東北魂ビールプロジェクト、初めて共通のロゴ『東北魂ビールプロジェクト』のロゴが完成しました。 私たちの勉強会「東北魂ビールプロジェクト」は、今まで共通のロゴなどを持っておりませんでした。 震災から10年たって、このプロジェクトに参加するブルワリーのシンボルとなる共通ロゴがほしいと考えておりました。
 その際に、この活動を外からずっと見てきていただき、かつデザイナーであり、クラフトビール雑誌「TRANSPORTER』を発刊している 田嶋伸浩様のご好意でロゴが完成し、今回のプロジェクトから使用しています。 私たちの熱い思いを組んでいただき、それを形にしていただいたこのロゴを大切に、東北によいビール文化が根付くよう努力していきます。
 田嶋様本当にありがとうございます。 ぜひ皆様にもこのロゴに込められた東北の思いを飲んでいただければ幸いです。

東北魂ビールは今回「ありがとう」の気持ちを込めて、3月4日に販売開始します。
今回、3000本限定になりますが、よかったら岩手からの復興の証としてよい酔いの時間を楽しんでください。

こちらのサイトでご予約を受け付け始めました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year

この10年間どうでしたか?と聞かれたら・・・
本当にしんどい思いや逃げたい気持ちも出た時もありますが、総じてとても良い時間でした。特にこの10年本当によい出会いをいただいた時期だと思います。

3月はその感謝をかみしめつつ、1日1日を大切に過ごしたいと思います。

世嬉の一は今日も「ありがとう」の気持ちで元気に営業中です。

—–PR—–

キャラメルエール予約開始!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/caramel

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year



Posted by sekinoichi at 11:48

2021年02月21日(日)

酒造りも終盤!三浦杜氏いい酒作ってくれています。ありがとうございます。

数日前の磐井川の朝日。ちょうど当社の蔵の上に朝日が昇りました。
先日、早起きして当社の酒を仕込む三浦杜氏の仕事を拝見してました。
この時期朝早くから作業をはじめ、休みなし?のような状態で3月まで走り抜けています。すごいですね。

朝、大吟醸の櫂入れ・・・香りがいいですね。最近、甘みと酸味のバランスの高いお酒を仕込んでくれます。世の中の食生活に合わせてなのか・・僕は大好きなので、その路線でここ数年仕込んでもらっています。

もろみも終盤・・・いい感じです。香りも味もいいので今後が楽しみです。

分析も毎日・・・ビールとは異なるその作業にいつもうっとりしてしまいます。

美味しいお酒をつくる。その1点は、どの醸造でも蒸留でも一緒ですね。

今日も地道に酒造りを行い、元気に営業中です。

—–PR—–

キャラメルエール予約開始!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/caramel

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola





Posted by sekinoichi at 12:16

2021年02月20日(土)

ちんもくカフェ徳蔵人気のため、毎週開催決定!「筆談カフェ徳蔵」としておこないます!

なんとなく春の訪れを感じる今日この頃。ばっきゃ(ふきのとう)が芽を出しています。

さて、先週開催したThe Brewers Ichinoseki By tokuzoイベント「ちんもくカフェ徳蔵」ですが、好評により「筆談カフェ徳蔵」として毎週開催することになりました!

黙食イベントですが、コロナ禍における新たなコミュニケーションでかなりクラシックな筆談ですが、筆談の良さ、心の伝わり方として、世嬉の一スタッフとしても今の時期に必要なことではないかと思い、毎週つづけようと思います。

飲食でクラスターを出さない、消毒、仕切り版は当たり前ですが、黙食の中でも豊かな心をもってすごせる空間を造れればと思います。

今週から筆談カフェ徳蔵をよろしくお願いします。

もちろん、新メニュー数に限りがありますが、お出ししています。

一関野菜をつかったベジバーガーセット

一関の鶏、いわいどりをつかったチキンバーガーセット

筆談でこころ落ち着く時間をお過ごしください。

今日も世嬉の一は、元気に営業中です。



—–PR—–

キャラメルエール予約開始!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/caramel

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola





Posted by sekinoichi at 10:05

2021年02月14日(日)

地震被害に関して・・・本日は通常営業いたします。

今回の地震で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
世嬉の一酒造ですが、

おかげさまで世嬉の一のスタッフには被害がなく、蔵などの建物も今のところ被害は見当たりません。
干売店が吟醸香のいい香りが漂っていますが・・・震災経験スタッフが朝早くからきて、慣れたもので、壊れたものを写真撮り(保険会社や税務署さんに報告のため・・・)、片付け、原状復帰を図っています。
10年たっても経験は生きるものですね。
今日もちょっとだけ片付けに時間かかりますが、通常営業いたします。ちんもくカフェ徳蔵イベントも行いますし、蔵元レストラン世嬉の一も通常営業します。よろしくお願いいたします。
今日も皆様が無事にすごせられることお祈りいたします。

世嬉の一酒造株式会社 代表取締役社長 佐藤 航



—–PR—–

今年もショコラスタウト(チョコレートビール)醸造しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/valentine_2018

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola





Posted by sekinoichi at 09:06

2021年02月11日(木)

ちんもくカフェ徳蔵無事スタートしました!

本日、ちんもくカフェ徳蔵イベント初日でした。
昨日からこのイベントに関してドキドキしていました。
今までのイベントと異なり、集客告知がなかなかできず、PRしていいのかどうかも不安でした。
同調圧力ではないのですが、このようなコロナ禍にイベントをすることで批判がスタッフにまでいくのではないかとか・・・
そもそも飲食は営業していていいのか・・・など正直悩んでしまい、本気でPRできなかったので、お客様がくるかドキドキです。

昨日、めんこいテレビさんがニュースで取り上げていただいたおかげで、オープン10時は誰もご来店がなく本当に不安でしたが、12時に近づくにつれ、徐々に人が増え、ちょうどよい混み具合で常に6割くらいの席が埋まる形で人が入れ替えしてくれました。

スタッフたちと、「ちんもく」を創るため・・・フリップを作成し、「いらっしゃいませ」「お店でお召し上がりですか?テイクアウトですか?」など数種類のフリップを駆使して接客しました。お客様も意外と喜んでくれてよかったです。

また、お食事中、すこしでもリラックスでき楽しめるように音楽や映像も苦慮していろいろ流してみました。

その中で、カフェはお一人様も多いですが、やはり2名様、3名様のお客様も多いかったです。あるお母さんと小学1~2年生のお子様がご来店している際に、食事中ずーとだまって食べてる姿がちょと寂しそうに見えました。

そこで、急いでお店に行ってミニホワイトボードを各テーブルに置くようにしました。そしたら、二人で筆談を始める人もでて、カップルらしい2人の来店のお客様、ご家族でご来店のお客様たちが、筆談をしはじめ・・・、私たちが遠目からですがお客様から幸せオーラがでているのを感じました(こちらの欲目かもしれませんが・・・)。

コロナ禍で会食中の会話が危険といわれていますが、それを避け、沈黙の中でもコミュニケーションをとれる方法があるのだなぁと思いました。そして実験イベント1日目でしたが、スタッフたちとは非常にやってよかったと思えました。

まだまだ改善点はありますが、本当にやってよかったです。

お客様からいただいたホワイトボードメッセージ(お帰りの際に机に置かれてました( ;∀;))

このようなフリップを常に置いておく・・・蔵元レストランでもこのようなサービスをやろうかと思いました。

コロナ禍でも工夫一つ一つでお客様が楽しい時間を過ごせるように明日からも頑張ります!

世嬉の一は、コロナ禍でもみんなで楽しくなるよう、今日も元気に営業中です。

—–PR—–

今年もショコラスタウト(チョコレートビール)醸造しました。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/valentine_2018

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 06:08