世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:季節

2017年11月23日(木)

チャレンジすること・・・感謝

秋と冬が混在する一関。世嬉の一の裏手の川、磐井川はとてもきれいです。

遠くの須川岳を見ると雪がかぶり、近くの山々はまだかろうじて紅葉の葉がきれいに彩っています。

上空には朝夕と渡り鳥が編隊を組んで飛んでいる姿を見にすることができます。

今日は勤労感謝の日、世嬉の一や周辺の工事の方もお休みのようです。

世嬉の一スタッフは元気に頑張っています。

さて、今日は新しいチャレンジしているスタッフたちに感謝です。

このブログで紹介していなかったかもしれませんが、8月末に平泉中尊寺金色堂の真下に物件を借りることになり、

気仙沼のアンカーコーヒーさんとコラボレーションしてビールとカフェのお店「The Brewers Hiraizumi」を立ち上げました。

こんな感じのお店です。

その時期は、スタッフが急に3名辞め(20人の会社なので大変!)

地ビールフェスがあり、ビール工場の計画が難しい課題を解決しなくてはならず、さらに、座敷童ちゃんが入院し・・・と私は個人的に心も身体もハードな時間でした。

そんな時に、弊社若手スタッフ2名と当社では初めてとなるカフェ業態を立ち上げたので、ちょっと大変・・・

その後素敵なスタッフ1名加わり、9月、10月と順調に営業してくれています。

私から見るとなんか子供たちが遊んでいるような雰囲気のカフェですが、3人とも一生懸命です。

本当に経営者としてはありがたいです。

しかし、平泉という観光地は紅葉が終わるとすっかりお客様が来なくなり、閑散期になります。

ずーーーと暇になるなぁ・・・と思っていたらスタッフたちは自分達で考え、夜カフェやりましょうと提案してくれました。

実はカフェ業態を始めたのは、私としてはスタッフに日中で帰れるようにしたいと思っていたからです。

蔵元レストラン世嬉の一のスタッフは、飲食業なので朝早く、夜遅くまで頑張ってくれています。

一応8時ラストオーダー9時閉店ですが、お客様が気持ちよく飲んでいると帰りが23時という時も多々あります。

当社のスタッフは介護の問題や子育ての時期の方もおり、できれば早く帰れる業態を・・・と思っていたのでカフェにしました。

でも、正直経営が成り立たなければ早くかえれても意味がありません・・・

そんな中、スタッフ自ら発案して実行しようとするのは嬉しくなります。

その名も「夜カフェ」おお~!って思いました。

スタッフからは前の日予約したら受けるようにします!と言われましたが、一応3日前までにしなさいと私の方からお願いしました。というのは、明日は休めると思っていたのに・・・明日は出勤となると疲れるだろうと思うからです。(お客志向でなくてスミマセン)
でも自ら考え、自分たちの職場だという意識で頑張ってくれるスタッフに感謝です。

来年は、もう一店舗Brewersを出店する予定です。

こういうスタッフが育ってくれているので安心です。

もし、平泉に行かれる機会があれば、Brewersのスタッフたちと会話を楽しんでくださいね。

世嬉の一は若い子たちの新しいチャレンジで元気に営業中です!

□□□□□□

店舗名:The Brewers Hiraizumi

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関34-13 中尊寺第一駐車場内

TEL:0191-34-4044

HP:brewers-cafe.jp

営業時間:9時30分~17時

メニュー いわて蔵ビールとアンカーコーヒー、カフェランチ

□□□□□□

今日も世嬉の一はスタッフたちのチャレンジで元気に営業中です!

———–PR———-

 

お歳暮ギフト大好評受付中です!

あのバーレーワイン2013年(オーク樽熟成)を300本限定で販売しています。

予約受付中です!

あの欧風聖夜麦酒の予約販売を開始しました!

こちらもなくなり次第終了です!



Posted by sekinoichi at 03:12

2017年08月11日(金)

花の力・・・やすらぎ。鷺草の花言葉は「夢でもあなたを想う」

当社にガスを供給して頂いている会社「森燃」の社長さまより、毎年育てて頂いている鷺草(さぎそう)が来ました。

レストランの玄関に飾ってくださいって毎年7-8蜂持ってきていただいております。

白く、きれいな花です。

鷺草の花言葉は、「清純」「繊細」「夢でもあなたを想う」という意味だそうです。

今、世嬉の一酒造は、様々な事に取り組みチャレンジしています。

そしてチャレンジしているので、様々な課題が出てきます。

いろいろな問題が起こるのは私が試されているからなのだろうなぁと思っています。

ちょっとくじけそうになりそうになりますね・・・

でも結構、スタッフが助けてくれます。嬉しいですね。

新しいチャレンジは誤解を生むときもありますが、

根幹にあるのは「家族や社員や街を想う気持ち」であり、

決して自利で動いていない事。

そんなことを悩みながら鷺草を見ました。

花言葉・・・「夢でもあなたを想う」という花言葉は素敵ですね。

鷺草の白い花を見ていると心が落ち着きます。

様々な問題を乗り越えようともがきながら、家族についても同じように想っています。

なかなか伝わらないのがもどかしいですが、お盆にそれをかみしめるのもいいと思いました。

お盆も初日、多くのお客様が世嬉の一に来ていただいています。

嬉しいですね。そして、スタッフは汗をかきながら「お客様を想う気持ちを大切に」頑張っています。

今日も世嬉の一は元気に営業しています。

森燃社長様、今年も素敵なお花ありがとうございます!

——-PR——–

 

ラインお友達申請で、その場で当たるスピードくじ行っています(7月31日まで!)

 

ご予約中受付中。

夏限定パッションフルーツのビール。パッションウィートエール 限定1000本。

ご予約はこちら

夏にスパークリング酒・・・限定数本になりました!

ご注文はこちら

 

お中元ただいま好評受付中

限定商品、送料無料商品もあります。

ご注文はこちら

友だち追加



Posted by sekinoichi at 06:15

2017年07月11日(火)

社長がいけなかったのだ・・・反省の1日

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日も真夏日の一関・・・

一般社団法人インバウンド&アウトバウンド協会(新しく一関で立ち上げた法人、詳細は後日・・・)の仲間と平泉の耕作放棄地に来ました。ここでホップ生産したいなぁと夢を見ながら、暑い一日を過ごしました。

さて、今日はずーっと社内におりましたので、ずーっとスタッフたちとミーティング、ミーティング、ミーティングの1日でした。

そしてその中で嬉しいことがたくさんありました。

まず朝のミーティングです。

スタッフ全員で来年の100周年記念事業を考える会です。

今までの世嬉の一では、トップダウンというか社長(現会長)・専務(女将)が決め、スタッフは実行するというのが主でした。

震災の時も一時期までは私がトップダウンでどんどん決定していったことが多いです。

しかし、100周年記念事業始め、今後はチームで決めていこうと思います。

どんな100周年事業が始まるか、不安・心配の方が大きいですが、スタッフたちと定期的に打ち合わせしながら実施しています。

コーディネーターに外部のスタッフをお願いして、毎回ミーティングを行っています。

そうすると・・・若いスタッフから驚きの意見や私が気づかなかった意見などたくさん出てきます。

いいですね・・・

もしかしたら、私がみんなの意見を聞く耳を持っていなかったのではと反省するくらいです。

一人ひとりがイキイキする100周年・・・そんなイメージが広がってきます。

当初は100周年記念誌つくろうかとか考えたのですが、もしかしたら経営者の自己満足になってしまうのでは・・・いろいろ相談していくうちに・・・

スタッフと作り上げる100周年記念事業に・・・

お客様もスタッフもみんな一緒に楽しむ会のような感じでしょうか?

とても楽しみです。

午後はレストランスタッフたちと打ち合わせ

新メニューの試食会を兼ねてです。

実はレストランのメニューは今までコンサルタントの先生やおかみの開発が主で、なかなかスタッフから上がってこない。

女将が引退してからは、ほぼ新商品が出てこない状態でした。

これからは自分たちの会社は自分たちで考えていく・・・・

そんなつもりで放置?していたのですが、時間がかかるかかる・・・

夏のメニューが本日試食って・・・と内心イライラしつつも・・・

地元の夏野菜たっぷりの冷製はっと!!!

美味しいじゃないか・・・しかも地元で有名な「あぶらふ」入り。

時間はかかるけど、でも自分たちで開発していく・・・これが大事。

ある先生から、魚を与えるより、魚の採り方を教えるほうが素晴らしいと聞いたことがあります。

私たちもスタッフ一人ひとりが苦悩し、考え、失敗し・・・そして成功をつかみに行く・・・これが大切なのかなぁ。

私もこのメニューを食べながらいろいろ意見を話させていただきました。

明日には改善されメニューに載るのでは・・・

そしてもう一つ嬉しかったのが・・・

かき氷の試作。実は酒粕を使用したかき氷・・・

これがめっぽう美味しい!!!

これを考えてくれたスタッフたちにも感謝。

みんないろいろ考えているんじゃないか・・・

なぜ行動しない???・・・・

あ!私がそれを阻害していたのかなぁ・・・・

今日はスタッフ一人一人のポテンシャルを感じた1日であり、私がそれを阻害していたのではと反省した1日でした。

今日も世嬉の一スタッフは社長の予想を超える活躍で元気に営業中です!

——-PR——–

ご予約中受付中。

夏限定パッションフルーツのビール。パッションウィートエール 限定1000本。

ご予約はこちら

夏にスパークリング酒・・・限定数本になりました!

ご注文はこちら

 

お中元ただいま好評受付中

限定商品、送料無料商品もあります。

ご注文はこちら

 



Posted by sekinoichi at 08:20

2017年07月09日(日)

久しぶりの投稿・・・スタッフと夢を語る時間

久しぶりの投稿になります。

一関は真夏の暑さ。雨も降らず、梅雨の感じがしません。

5月、6月はほとんど投稿していませんでしたね。申し訳ございません。

よく、世嬉の一の四代目は「飛んで歩ってる」と言われますが・・・

正にそんな感じの5-6月でした。

静岡、台湾、東京、大阪、京都、仙台、青森・・・なかなか会社にいなかったです。

その間に、さまざまな新しいことに取り組んだり、町おこしをしたりしていました。

そんな中でも世嬉の一で会社を支えてくれているスタッフに感謝です。

本日からまたブログを再開したいと思います。

一関の真夏日の今日。敷地の田んぼにはアマガエルが元気に泳いでいました。

そして、平泉に当社で行う新事業の物件を見学にスタッフをつれて行きました。

ここは新しい世嬉の一の場として平泉につくる施設です。

名前は「the Brewers of Hiraizumi」

平泉に観光してくださる方に地域の魅力と安らぎを与える場になるはずです。

今日はスタッフにここはこうなるよ、こういう店にしたいんだよ・・・と夢を語っていました。

そして僕らの夢を形にするのはあなたたちだよ・・・と

まぁスタッフもうざい社長と思っているかもしれません。

でも担当になるスタッフも目をキラキラして聞いててくれて、そしてワクワクすると言ってくれました。うれしい限りです。

詳細はこれからお伝えするとしてまだまだお楽しみにまっていてください。

私は、社長になったときに自分が辞める日を決めています。社長職を辞めるのが今日から7019日後、世嬉の一を引退するのが8845日後。約19年後と24年後ですね。

その時、うちのスタッフたちはどんな生活してどんな幸せな人生を送っているのか・・・

世嬉の一はその一人ひとりのスタッフにどう寄与しているか・・・と常に考えてしまいます。

当社の『幸せな人生』の定義は、『自分にかかわる人から1つでも多く「ありがとうと沢山言われる事」が幸せな人生』と思っています。

そのためにもこの平泉の場を活用していきたいのです。

様々な「出会い」や様々な「偶然」から、平泉で私たちも活動することになります。

そしてその取り組みはスタートしました。

私たちが参加することで、地域や携わる人が幸せになる事業にしたいものです。

今日はスタッフたちとそんな夢を見ながら過ごしました。

世嬉の一は地域とともに今日も元気に営業中です。

——-PR——–

ご予約中受付中。

夏限定パッションフルーツのビール。パッションウィートエール 限定1000本。

ご予約はこちら

夏にスパークリング酒・・・限定数本になりました!

ご注文はこちら

 

お中元ただいま好評受付中

限定商品、送料無料商品もあります。

ご注文はこちら



Posted by sekinoichi at 08:26

2017年05月31日(水)

愛心幼稚園の子供たちが田植えに来ました!

朝、10時30分。世嬉の一の通りの奥から元気な子供たちの声が聞こえてきます。

きれいに2列にならんで、幼稚園の先生に引率され、愛心幼稚園の園児たちが今年も田植えに来てくれました。

どろんこの中の田んぼに園児たちが並んでいます。

これから「ヒメノモチ」という品種のもち米の田植え開始です。

当社の吉田君が、田植えの仕方を小さい園児たちに教えてあげます。

 

さぁ田植えの開始です。

泥の中に足を入れ、手を入れ、どろの感触を楽しむ園児たち!

待っている子は「アメンボ」や「あり」、「だんぼ虫」などの小さい虫を見つけて喜んでいます。

いざ田植えをすると、小さい手で深く苗を植えていきます。

「大きく育つように!」子供たちの元気な声が世嬉の一にこだましました。

田植えが終わると子供たちは泥だらけの手や足に喜んでいました。

みんなで田植えも最後まで・・・

泥だらけの手足をきれいに洗ったら、一関の田植えの後は、もちろん「お餅」

きちんといただきますの手を合わせ・・・

あんこもちとお茶を楽しみました!お疲れ様です・・・

 

世嬉の一のスタッフは・・・稲を整頓・・・子供たちの苗が育つように整えます。

秋に子供たちが植えたもち米は収穫期になります。

みんなで今度は稲刈り体験です。

子供たちが田植え体験で自然の豊かさ、一関の餅文化の生産の部分にちょっとだけ自然とふれあうことができるよう・・・毎年愛心幼稚園様のご協力のもと開催しております。

今日も世嬉の一は地域の子供たちと一緒に元気に営業しています!

 



Posted by sekinoichi at 06:47