世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2017年03月11日(土)

震災から6年がたって ~感謝と決意~

 

震災6年目を迎えて ~感謝と決意~

 

東日本大震災から6年が経ちました。あっと言う間の6年間でもあり、つい先日ような気もします。

この6年間、世嬉の一は多くのお客様、お取引先様、世嬉の一に関係する皆様に支えられて過ごしてきました。おかげさまで世嬉の一酒造は、今日も元気に営業をつづけることができております。本当にありがとうございます。

震災時は、未来に対して不安と恐怖が大きく、心がちいさくなっていた時、故船井幸雄先生の言葉「過去オール善」という言葉を思い出しました。「過去に起こったことを肯定して生きなさい、未来の自分から見て現在が未来のために良かったと言えるように生きなさい」という意味です。

さらに、震災の際には多くの人たちのご支援を頂いたことで、私たちは人の心の温かさ、人のすばらしさを大きく感じることができました。それは、私たちに勇気を与え、生きていく力、すばらしい未来を想像できる力をいただきました。

おかげで、今もその言葉を心に留め、30年後の自分達が「あの震災のおかげで苦労したけど、今の素晴らしい地域や自分たちがある」と言えるよう前に進んでいます。

この6年間は私たち世嬉の一が、がむしゃらに未来に向かって走ることができるのも皆様のおかげです。世嬉の一は、「お客様の幸せのため」「スタッフとその家族の幸せのため」「この地域が豊かになるため」という3つの指針で今日も走っております。

時々、急ぎすぎて失敗したり後悔したり、迷惑かけたりとドタバタな会社は相変わらず変わりませんが、この6年間多くの出会いがより良い未来に導いていただいているように感じます。

震災当時から変わらず元気に頑張ってくれているスタッフが沢山おります。すでに65歳は超えていても社員として世嬉の一の大きな戦力として頑張ってくれております。また、一度別な道に行ったスタッフも戻ってきて、共に頑張ってくれます。さらに、震災時にはまだ中学生や高校生だったスタッフも今は立派な社会人としてがんばってくれております。

当時、多くの方々から励ましやご支援をいただたことスタッフ一同忘れたことがありません。また、新しいスタッフたちにも事あるごとに伝えていっています。

あの時私たちが感じた、「人の心の温かさ」「人のすばらしさ」は私たち世嬉の一の大きな財産になっております。

世嬉の一を応援していただけるお客様、お取引先様、ご指導をいただける先生方、素晴らしい未来を考え学ぶ仲間たち、そしてこの6年間を共に世嬉の一を支えてくれたスタッフとその家族の皆様。多くの出会いが世嬉の一を前に前に進させてくれます。本当にありがとうございます。

皆様から頂いている多くのご恩はお返しきれないくらい頂いております。全て恩返しができないかもしれませんが、井上ひさし先生に教えて頂いた「恩送り(頂いたご恩を別の誰かに送ること)」の精神でこれからも世嬉の一は活動していきます。

私の机の上には震災時に当社の復興のために尽力していただいた経営者の方からいただいた二宮尊徳先生の詩を置いております。

 

遠きをはかる者は富み

近くをはかる者は貧す

それ遠きをはかる者は百年の為に

杉苗を植う

まして春まきて秋実る物においてをや

故に富有り

近くをはかる者は

春植えて秋実る者を尚遠しとして植えず

唯眼前の利に迷うてまかずして取り

植えずして刈り取る事のみ眼につく

故に貧窮す

 

私たち世嬉の一は、経営を行っていますのでもちろん目の前の事も大切にしていきます。ただ、その一つ一つの活動が今だけではなく、未来の地域や子供たちにとって少しでもより良い世界になるよう微力ながら努力していきます。

孫の世代、ひ孫の世代にこの地域や日本が少しでもよくなるよう、世嬉の一として努力していきたいと思います。

このような気持ちで6年目を迎えた今年もまたちょっと無理して頑張ろうと思います。

多くの支えて頂く皆様に感謝しつつ、いまだ震災の影響で大変な思いをしている方々が少しでもよくなるようお祈りいたします。

 

最後に、この地域が世界の中で魅力ある地域になるよう、ここに住む一人として努力し続けたいと思います。皆様今後とも世嬉の一をよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございます。

 

平成29年3月11日

世嬉の一酒造株式会社 

代表取締役社長 佐藤 航



Posted by sekinoichi at 05:31

2017年03月08日(水)

FOODEXJAPAN 2日目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フーデックス1日目が始まりました。会場が広いので、開始すぐにはなかなかお客様奥まで来ないですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うちのブース、手作り感満載ですね~。

他社さんのデザイナーさんが入っているので、ちょっと見劣りします。

やっぱりこういうことも学ばないと・・・

スタッフもビールや酒の試飲と勝手が違うのでちょっと悩んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちも並びました!!!

ブースに人が来るかなぁ・・・とすごく心配でしたが・・・

ふたを開けてみると・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結構人が来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外国の方も多く、おせちみたいだ・・・美味しい・・などと好評!

特にアジア圏の方々に人気でした。

結局試食は400人~500人でした。すごい人だなぁとびっくりです。

スタッフたちは足が棒になってしまったようですが、充実した疲れでした。

明日も一ノ関のもちをPRしていきます!

 

追伸:ふすべ餅の説明で、ごぼう、だいこん、を摺ったものに、鶏肉と南蛮を入れて・・・とお伝えしました。

南蛮って何?と聞かれ、南蛮は標準語でないと初めてしりました。

南蛮って唐辛子のことですが、標準語ではないのでしょうか?



Posted by sekinoichi at 08:36

2017年03月06日(月)

今日はFOODEXJAPAN2017に来ています。

今日から千葉に来ています。

FOODEXJAPAN2017に参加するためです。

今日は日本酒のPRやいわて蔵ビールのPRのためではありません。

一ノ関の餅文化を商品化しPRするためです。

会場にきました!でかい!!!!私たちはホール9ですが一番奥になります。

新商品コーナーにも展示させてもらいます。

今回、一ノ関・平泉の伝統餅として、果報餅(9種類のつきたて餅を瞬間冷凍した商品)とふすべ餅(一ノ関地区に古くから伝わるご馳走餅のレトルト版)を紹介します。

私たちは、当社のレストランで一ノ関の餅食文化を30年以上伝えてまいりました。

さらに、もちサミットや餅食推進会議を通して、町おこしを行ってきました。

でもやればやるほど何か足りない。

そう、町おこしには産業化しないといけないと常に考えています。

もちの産業ができて初めて町おこしになるのでは、イベントやPR活動だけだとちょっと足りない・・・

そこで、商品化しようと数年前から行っていました。

ただ、商品化にはリスクがあるし、どこがリスクをとるのか・・・そんな問題も出てきます。

だから私たちがやろうとなりました。

では、なんでfoodex?というと・・・

実は締め切りの関係でこの展示会にしか参加できなかったということもありますが、

将来的にもちを世界に輸出していきたいと思っているからです。

もちという素材は、世界に通用する文化かなぁと・・・そこでFOODEXです。

もちでの展示会は生まれて初めてですが、明日から、スタッフと一緒にPRしてきます。

今日も世嬉の一は新しい試みで元気に営業中です。



Posted by sekinoichi at 06:16

2017年03月01日(水)

新潟視察研修(2日目)本番

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新潟視察研修2日目は、佐渡島に来ていました。

佐渡島は生まれて初めて!金山のイメージしかないので、どんなところだろうと思ってきました。

実は今回の新潟はこの2日目が本当の目的で来ました。

この佐渡島の尾畑酒造(真野鶴)さんが取り組んでいる「学校蔵」の見学です。

学校蔵とは、廃校になった蔵を夏に酒造りとワークショップなどに活用する場を作ったとお聞きしてお伺いしました。

この学校は、日本一きれいな夕日が見える学校として有名だったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丘の上に立つ木造校舎は眼前に日本海が広がり、とても美しい風景でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIG

ITAL CAMERA

ワークショップをしている様子です。幸醸心(こうじょうしん)という書がありますが、とてもいいですね。

毎年、テーマを決めて100人くらいワークショップに訪れるそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、大学生とのコラボレーションも行っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん、酒蔵なので校舎を酒の工場に変えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

教室が糀室になっていたり、仕込み蔵になっていたり、とても勉強になりました。

太陽光発電も行っており、エネルギーも含めて全て「すべてを佐渡産のもので造る」という考えで醸造しているそうです。

廃校が地域の産業と交流の場に生まれ変わっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この風景と社長のお話が素敵な蔵でした。

また、もうひとつ蔵を見学しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐渡島の金鶴さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素敵な糀室と精米所でした。

ここは水がいいので、数年前に引っ越した蔵だそうです。

井戸の水がきれいですね~

この日は新潟にもどって。カーブドッチさんの直営レストランを見て、眠りにつきました。

佐渡島、また行きたいですね~

様々な考え方で蔵を運営しており、すごく勉強になりました。



Posted by sekinoichi at 06:02

2017年03月01日(水)

新潟に視察に来ております。(1日目)

天気のよい1日。

新潟に来ております。

今日から3日間おります。

今日は、スワンレイクビールさんを見学しました。

文化の香る古民家と新しいビール工場が融合した素敵な場所です。

こちらのビールは本当に美味しい。私はまだ工場に行ったことがなかったので、来てみました。

敷地内でランチをとっていると、きちっとしたスーツで登場した古田社長。

様々な経営の話をしました。

平日にもかかわらず、ランチタイムは多くの人でにぎわっていました。

因みにスワンレイクビールは、新潟から車で30分くらいでふらっと立ち寄るという場所ではありません。

きっとスワンレイクの雰囲気やスタッフさんの温かい接客にひかれて集まるのでしょう。

その後、ビール工場をスタッフの方に案内してもらいましたが、きれいで学ぶこと多いです。

きれいに磨かれたタンク、清掃が行き届いている工場。

すばらしいと思いました。

成功している企業は5Sもすばらしいのだとわかりました。

月末で忙しい中、出張させてもらえる世嬉の一にスタッフに感謝しつつ、

学んでこようと思いました。

今日も世嬉の一スタッフは元気に営業中です。



Posted by sekinoichi at 06:43