世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2021年12月27日(月)

一関産りんご「ふじ」3tをひたすら絞っています

美しく積もった白銀の世界。

久しぶりにできたつららに当たる朝日。美しい世界だなぁと思ったのは・・・18秒でした。その後は、せっせと雪かきです。スタッフ全員で雪ですが大汗かいて雪かきしました。
そして、今日は最後の仕込みになるでしょうか・・・
ビールではなくシードルを仕込んでいました。
一関産ふじりんごを3t持ってきて朝から一日中搾っています。

一日がかりの作業です。来年はもう少し処理能力のある機会がほしいなぁ・・・3tやるのはかなりの時間がかかります。もう一台あればいいのか?
ジョナゴールドの時と異なり、すごく甘い香りがします。

このりんごを全部搾るとなると相当時間がかかるなぁ・・・

1個1個はきれいでスーパーで売っているようなリンゴです。農協さんが加工用だといいますが、どこが規格外品が全く素人にはわかりません。小さい傷があるそうです。

でも味も香りもすごくいい感じです。これが発酵し、来年1月に発売できるようになると思います。

シードルも年々人気になり、皆さんが楽しんでくれています。

地域から東京にもっていく場合、よくない(熟しすぎている、みえない傷がある、etc.)ものでも、地元で加工するとすごくいい品質の材料になります。

こういう仕事は田舎ではないとできませんね。
たぶん来年も胸張ってシードルを販売できると思います。

今日も世嬉の一は地域の良い産品を使用し元気に営業中です。

—–PR—–

現在、残りわずかです!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 03:19

2021年12月26日(日)

ちょっとしたクリスマスプレゼントいただきました。日本経済新聞なんでもランキング9位いわて蔵ビールIPA

昨晩から降り続いた雪の世嬉の一、久しぶりに朝スタッフみんなで雪かきを行いました。朝夕の空を見上げると渡り鳥が鳴いております。裏手の磐井川では白鳥が休んでいます。いい冬ですね。

写真ではわかりにくいのですが、鳥の群れがたくさん飛んでいますよ

さて、クリスマス25日の朝刊にちょっとしたプレゼントがありました。
日本経済新聞のNIKKEIプラス1の何でもランキングです。
クラフトビールのIPA特集のようでした。

ななんと・・・いわて蔵ビール9位に入っていました!

僕らのIPAは、正直今流行りのホップの香りバンバンの柑橘系の香りのIPAではないです。昔から醸造しているイングリッシュスタイルのオールドスタイルのIPA。これを飲むお客様も若いクラフトビール好きというより、通の渋いお客様、東京のオーセンティックなバーなんかで人気です。

え!!!これが入ったの?と思いました。私達 こビールというウエストコーストIPAという香り重視のIPAも醸造していますが、1999年から醸造しているこちらが入ったんだ!と驚き。

世の中にまだIPAを醸造するブルワリーがなく、当社でも季節限定商品として醸造していました。だんだん人気が出て定番に。

IPAと記載してアイ・ピー・エーと呼ぶのですが、2000年頃はイパ下さいとか言われていました。ちなみにIPAの名前の由来はインディアペールエールです。イギリスからインドに輸出していたことでこの名前が付けられました。

IPAにはこんな思い出があります。
このビールを2000年に巣鴨の地蔵通り商店街で販売していた時のことです。まだ地ビールが認知されず、美味しいと思われていないとき・・・ある酔ったおじいちゃんが来て、急にキレ始めました・・・
「岩手ではこんな苦いもの飲むんか!」といきなり飲んでいたプラスチックカップを投げつけられ、周りには人だかりが・・・おじいちゃんが去った後、私がかたずけをしていたら、周りの人が、「にいちゃんこれ美味しいよ、もう一杯頂戴」「パンチがあるビールだね~」「キレとかさっぱりのビールが増えているから懐かしいよ」といってくれました。結局その日のIPAの樽は完売して嬉しかったことを覚えています。

あれから、流行りのヘイジーIPAやウエストコーストIPAなど限定商品で醸造しますが、モルティーな東北人らしいIPAとしてこのいわて蔵ビールIPAを造り続けています。

今後もたぶん、ひっそりと造り続けるのだと思います。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/BT-S06

ちょっと嬉しい記事でした。飲んだ感想も嬉しいですね。

今日も世嬉の一は目立たないけどしっかり醸造して元気に営業中です。

—–PR—–

現在、残りわずかです!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 03:33

2021年12月25日(土)

ふるさと納税で町おこし・・・世界遺産平泉・一関DMO

小雪が舞う世嬉の一。静かなクリスマスを迎えました。昨晩は実家でクリスマス会、座敷童ちゃんたちが喜び、おじいちゃんが用意したケーキを喜んでいました。

さて、世嬉の一では常に町おこしの協力を行っています。私も理事になっているのですが、一関をPする観光地域づくり法人のDMOの理事もやらせてもらっています。その名も 世界遺産平泉・一関 DMO 国の重点DMOに認定されています。

DMOは観光だけでなく、ふるさと納税も運営しています。
一ノ関は人口10万人都市の中で全国で2番目に消滅危機都市なので、かなりの過疎地域で、ひとがどんどんいなくなっている街ですが、そこを何とかしようと立ち上がったのがDMOでした。

DMOがふるさと納税に取り組む前は、一関市のふるさと納税額は年間300万円ほど、うち1名が200万円寄付していたので、ほとんどなかったような状態です。

これを打破しようと、DMOと市で協力してふるさと納税を強化しています。

強化した財源は、もちろん街づくりに活用されるのですが、今後さらに税の目的を具体的にしようとDMOも市と交渉しています。

さて、ふるさと納税もあと1週間が勝負・・・
もし、一関にご寄付いただけるのであればぜひご協力ください。

もちろんいわて蔵ビールや、清酒世嬉の一、ノンアルビール、クラフトコーラなど様々な商品をふるさと納税でお得にいただくこともできます。

いわて蔵ビールのふるさと納税はこちら・・・

https://item.rakuten.co.jp/f032093-ichinoseki/c/0000000124/

さらに・・・一関のふるさと納税で最も寄付の多い商品が、なんと上山製紙のトイレットペーパー!古紙を活用したトイレットペーパーですね。千厩にあります。そして2位が室根村が誇るいわいどりの唐揚げ!3位がいわて蔵ビールになっています。

よかったら、ふるさと納税のサイトもご覧ください。

(一関ふるさと納税)ふるさとチョイス

(一関ふるさと納税)楽天サイト

今後小さい田舎町ですが、どんどん元気を注入していい町にさらにしていきたいと思います。

今日も世嬉の一は地域に貢献して元気に営業中です。

—–PR—–

現在、予約受付中!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola





Posted by sekinoichi at 04:02

2021年12月24日(金)

クリスマスイブの世嬉の一は社長以外みんな頑張っています。

天気の良いクリスマスイブ、世嬉の一の裏手に流れる磐井川では白鳥が休んでいます。毎年一関には白鳥が飛来するのですが、優雅に見えますね。
さらに奥に見える山が須川岳。標高1626m(栗駒山)とそれほど高くないのですが、この山々のおかげで一関の平地はそれほど雪が多くなく、快適な冬を過ごしています。

門松もいい感じで太陽に当たっていました。
さて、今日もスタッフは大忙しで飲食店様にビール樽や清酒の出荷や、個人のお客様のお歳暮ギフトやお年始ギフト、自家用のお正月のお酒、鍋セットなど発送作業に大忙しです。

さらに、レストランスタッフは閑散期に入り、お客様が少ないので、ビール部門のお手伝い。一生懸命大量の生姜を皮向いて摺りおろしています。ジンジャーエールが欠品して醸造を開始しているようです。

ノンアルコールも欠品中・・・すみません。

通販用の果報餅は再開し、日本酒も出荷し続けています。

そんな中、座敷童ちゃん妹が公園で走りたいと言ったので、久しぶりに公園に連れていきました。寒いせいか、ほとんど子供が遊んでおらず、貸し切り状態。スタッフに仕事を任せて子供と公園にいくとは本当に申し訳ない・・・

ただ、私も寒いので、すぐに車で待機・・・ある方に推薦された本を読んでいました。

HumanKind~希望の歴史~という本です。面白いですね。人間の本姓は善であるということを書いている本でしょうか。まだ最初の方しか読んでいないのですが・・・面白い、下巻もさっそく注文しました。

人間は災害や様々な危機的状況になってもパニックや野蛮(略奪や犯罪行為)など行わず、協力し良い方向に向かうという事実を記載しています。その根幹には、人間の本性は善であるからということです。

前職の創業者 舩井幸雄会長も性善説で組織を見るということを話されていたのを思い出します。

確かに、東日本大震災でほとんどが協力体制で過ごしていたと思います。知らない人にも手を差し伸べている光景を思い出します。

なかなか面白いです。

ただ、すみません、スタッフが一生懸命働いているのに・・・私は本読んでゆっくりしてました。会社にもどって頑張ります。

ちょっと世嬉の一と関係ない本の紹介でした。

世嬉の一は、社長以外、まじめにお客様のために元気に営業中です。

—–PR—–

現在、予約受付中!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 05:01

2021年12月22日(水)

先代の功績 地域と共に・・・

冬の寒い日が続いていますが、明るい日差しがさしています。冷気で凍った水たまりが光に反射してとてもきれいな朝です。
さて、先日の岩手日日(地元の新聞)を見てびっくりしました。

先代がトップで掲載されてました。

市勢功労賞に当社の先代が選出されました。

確かに、先代や先代の女将はずっともちで町おこしをやろうとか、地ビールフェスティバルやろうとか、その前は地域の企業と町おこしのため地ビールやろうとか・・・さらに前は、地域のために蔵を残すとか・・・

常に地域のために・・・と二人三脚で動いていました。正直30になり、私が家業にもどったとき、会社がこんなに大変(経営的にも資金繰り的にも危機的状況ででした。)なのに常に町おこしや人のためと言っているのがちょっと腹正しく思っていた時期がありました。順番が違うのでは・・・と

先代や先代の女将はそういうときでもまわりまわってよくなっていくからとか、地域と共に生きていくのが世嬉の一だからと言ってあまり変わらない活動をしていました。

私が経営に携わるようになると、ますます仕事以外の事が多くなり、ほとんど会社にいない人だなぁという感覚です。

ただ、先代がこのような賞をいただき周りの人に祝ってもらっている先代をみると地域で生きるため徳積みしていたのかなぁと思ってしまいます。

私は先代と同じようにはできませんが、尊敬と感謝の念をもって先代を誇りに思いたいと思います。

現在は、相談役になってほとんど会社にタッチしておりませんが、今でも地域の様々な会に参加しているようです。80歳過ぎて、商工会議所はさすがに引退しましたが、小学校のために・・・とかなんかやっているようです。

身体だけは無理しないでほしいとは思います。

世嬉の一のスタッフも私も相談役の1/10くらいですが、地域に貢献できるよう日々努力していこうと思います。

今日も世嬉の一は、地域と共に元気に営業中です。

—–PR—–

現在、予約受付中!
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fukubukuro

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

先代と先代の奥様


Posted by sekinoichi at 03:00