世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2016年06月19日(日)

フルーツビール誕生秘話・・・石垣と岩手のつながり、三代目のつながり

PSbana

なぜ「いわて蔵ビール」がパッションフルーツのビールを醸造しはじめたか!

いわて蔵ビールは、ビール醸造をはじめてから一貫して、地域のより良いものをビールに利用して醸造してきました。

それは、ビールを通じて岩手の良さを伝えていきたいからです。

だから、一関産のブルーベリー、三陸の牡蠣や、山椒の実、海鞘、かぼちゃ、ラズベリー、黒豆などのビールを醸造してきました。

そんな中、なぜパッションフルーツ!?

しかもこのパッションフルーツは上記のビールより歴史は古く、1998年より醸造しています。

そこには、岩手と石垣島の深い関係があります。

 

岩手県と石垣島の友情物語!かけはし交流

平成5年(1993年)岩手県は大冷害に見舞われました。そのため、種もみが造れず、米が作れないという危機的な状況にありました。

そんな中、岩手県オリジナル品種「かけはし」の種籾を、沖縄県石垣島で緊急増殖することになったのです。
岩手県としては、農業生産大国ですので、種もみがないと一大事、かなり逼迫した状態です。

岩手県としては、12月に石垣島に2トンの種もみを持っていき、半年(5月までに)72トンまで生育させ、岩手に持ってこないと米が作れない状態でした。

そんな中、石垣島の方々の協力により、種もみができなんとか岩手でも米の生産ができたのです。

これをきっかけに岩手と石垣島の交流が始まりました。

それは、農業分野だけでなく、様々な分野で交流を持つことになったのです。

 

世嬉の一三代目が沖縄での出会い!そして商品開発。

そんな中、世嬉の一酒造の三代目(現、会長)が商工会議所の関係で沖縄石垣島に行くことになりました。

かけはし交流事業の一環だったのでしょう。

そして、行の飛行機に乗って機内誌を見たときにビックリ!

その機内誌に三代目の幼少からの友人が掲載されていたのです。そう岩手県一ノ関出身の方が、脱サラして沖縄でパッションフルーツ農園をしていたのでした。

三代目は沖縄についた際に、彼に会いました。彼はまだ日本であまり知られていないパッションフルーツを世に広めたい。

当社はまだビールを立ち上げたばかり。そこで、夢のコラボレーションをしてビールを開発しようとなったわけです。

そして1999年に最初のパッションフルーツビールの販売開始を行いました。

あれから18年、いわて蔵ビールの醸造士も変わるにつれ、すこしづつ改良を加え、現在は「パッションウィートエール」として多くの人が喜ぶビールに成長しました。

様々な出会いが生んだフルーツビール。
パッションフルーツのビールはいわて蔵ビールの夏の限定商品として定着しました。

topbana

ご注文はこちら 
夏限定醸造のため、無くなり次第販売終了となります。ご了承ください



Posted by sekinoichi at 06:21

2016年06月19日(日)

フルーツビールとは・・・その2 パッションフルーツビールの楽しみ方

PSbana

パッションフルーツビールはデザートビールではないよ!?
食前酒や食中酒にどうぞ!

パッションフルーツビールは、確かに、パッションフルーツの香り豊かなビールですが、甘ったるい感じのビールではありません。

そのため、デザートビールとして利用するのもいいのですが、リキュールのように甘いわけではないので私がお勧めする飲み方は食前酒や食中酒です。

香りとちょっとした酸味が、胃を刺激して、より美味しく食事ができる、食前酒としての使い方や、

タイ料理やインドカレーなどちょっと香辛料の強い料理と一緒に食べる食中酒としても楽しめます。

お肉などにも合うビールだと思います。

様々なマリアージュをしてお楽しみください。

かなりすごい!パッションフルーツの効能

パッションフルーツは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB6、葉酸などが多く含まれる果物です。

そのため、ななんと、パッションションフルーツは二日酔いに利くと言われています。

パッションフルーツ含まれるナイアシンは皮膚を健康に保ち、脳神経の働きを良くすると言われます。

血行促進、コレステロールや中性脂肪の分解、糖質などの栄養素の分解にもかかわっていて、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解にも関与しているそうです。

だからと言って、二日酔いでパッションフルーツビールを飲むのは、単なる向かい酒であることは間違いありません(笑)

その他にも貧血の改善や、疲労回復、高血圧の予防などにも期待できるとのことです。

ビールにしたことでこれらの効果が期待できるかわかりませんが、パッションフルーツは味だけでなくすごい果物ですね。

そんなうんちくを話しながらこのビールを飲むのも楽しいですよ!

PSbana

夏期限定パッションフルーツビールのご注文はこちら!
(スミマセン。限定醸造ですので売切れ次第終了となります)



Posted by sekinoichi at 05:43

2016年06月19日(日)

フルーツビールとは・・・その1「パッションフルーツビール」

PSbana

フルーツビールは歴史が古い 一説によると6~7世紀!?

フルーツビールとは、文字通りフルーツを使用して醸造するビールのことです。

特に有名なフルーツビールは、ベルギービールに代表される種類が多いですね。

さくらんぼやベリー系のフルーツを使用したビールが多いです。
サクランボ、木イチゴ、イチゴ、桃、カシス、杏子、青リンゴ、ライム、レモン、ブドウなど・・・様々なフルーツを使用します。

そしてその起源は、16~17世紀(400年~500年前)には醸造されていたと記述に残っています。

さらに、6~7世紀には醸造されていたのではないか?などいう説もあります。

そんな歴史を持つフルーツビールなので、ベルギービールを飲むと、すごく甘いものだけでなく、非常にすっぱいもの、アルコール度数高いもの(7-9%)、低いもの(3-4%)などバラエティーに富んでいます。

また、果物と一緒に長期に熟成するビールもあります。

その起源も、最初はビールを貯蔵しているとき、腐敗を防ぐために果物を入れたとか、ちょっと酸っぱくなったビールを果物をいれてごまかしたなどの説もあります。

しかし、現在の世の中に出回っているフルーツビール特にベルギービールやアメリカのクラフトビールなどは非常に美味しいビールが多いですよ。

果物を入れることで香りが豊かに・・・

ビールの苦味、炭酸のきつさが苦手・・・そんな人も多いと思います。果物をビール醸造に使用することで、香りが豊かになり、口当たりも滑らかになります。

ビールとの相性のある果物を選定する必要がありますが、非常に飲みやすく新しい発見を見つけることができます。

 

いわて蔵ビールのフルーツビール「パッションフルーツビール」の製法

フルーツビールの醸造の方法は主に3つです。

1つ目は、ビールの醗酵前に果物を果汁やペースト状で加えることによって、ビール酵母と共に醗酵させて醸造するやり方。

2つ目は、ビールが熟成段階の際に、フルーツを漬け込むことで、ビールに香りと甘味を加えて醸造するやり方。

3つ目は、1つ目と2つ目を両方行う方法です。

実は、ベルギービール等で非常に甘いビールになるのは、2つ目の方法を使用しているからです。

酵母が果物の糖分を醗酵に使用しないので甘いビールが出来上がります。

いわて蔵ビールは、1つ目の方法を使用しています。

パッションフルーツ果汁を発酵前に麦汁を一緒にするため、ビール酵母がパッションフルーツの果汁を発酵させ、よりビールにいい香りを加えます。

さらに、パッションフルーツの酸味はそのまま残るので、ビールに適度なアクセントができます。

そして、甘味がそれほど残らないので、甘いビールが苦手な方にも人気のビールとなるのです。

パッションフルーツを使用した香り豊かなビールを一度お試ししてください。

毎年限定で醸造しているため、無くなるかもしれませんがよろしくお願いしますね。

より詳しくはこちらのサイトへ

PSbana

 



Posted by sekinoichi at 05:11

2016年05月24日(火)

幼稚園児が餅米の田植えに来てくれました。

 

本日、世嬉の一では毎年恒例の幼稚園児が田植をしにやってきました。

約200m先のご近所にある幼稚園から年長さんが更新して世嬉の一にやってきます。

今年ももち米の稲を植え付けます。

朝から元気な声がこだまして、なんともいい気持ちです。

幼稚園児の田植え

幼稚園児の田植え

幼稚園児の田植え[/caption]幼稚園児の田植え[/caption]

幼稚園児の田植え、行進と整列

幼稚園児の田植え、行進と整列

幼稚園児の田植え、行進と整列[/caption]幼稚園児の田植え、行進と整列[/caption]

年長さん約50名が整列してきました。きちっと整列してお行儀のいい姿に、私たちも見習わなければと思います。

田んぼは園児用に昨晩水を抜いていたので、それほど水を張っているわけではありません。

子どもたちがやりやすいようにしているんですね。

幼稚園児の餅米の田植えスタート

幼稚園児の餅米の田植えスタート

幼稚園児の餅米の田植えスタート[/caption]

足首まで泥につかって、ぬるぬるとした感触に子供たちは大喜び!

土の感触って大切ですよね。

幼稚園児の餅米の田植え、一生懸命泥の中に一本、一本植えていきます。

幼稚園児の餅米の田植え、一生懸命泥の中に一本、一本植えていきます。

幼稚園児の餅米の田植え、一生懸命泥の中に一本、一本植えていきます。[/caption]

当社のスタッフがまっすぐになるよう、紐を使用して手で植えています。

今日は暖かい日ですので、水も冷たくなく、絶好の田植え日和です。

幼稚園児の餅米田植え、真剣にやっています。

幼稚園児の餅米田植え、真剣にやっています。

幼稚園児の餅米田植え、順番待ちが待ち遠しい

幼稚園児の餅米田植え、順番待ちが待ち遠しい

みんなで、小さい田んぼに田植えが終わりました。

あとは世嬉の一スタッフが成長をチェックし、秋の稲刈り体験まで大切に育てます。

完全無農薬の餅米ができあがりますね!

みんな働いた後は、お餅を食べます。

中庭にブルーシートを敷いてお餅に楽しく食べます。

一ノ関のもち文化が浸透していきますね。

幼稚園児の田植えが終わったらお餅を食べます。美味しいですね~

幼稚園児の田植えが終わったらお餅を食べます。美味しいですね~

幼稚園児の餅米田植え~田植えが終わったらあんこ餅をたべます~

美味しいお餅になるよう、秋にむけて稲の成長が楽しみですね。

今日も世嬉の一は地域の園児たちとともに元気に営業中です!

■■■イベント情報■■■

6月の世嬉の一のイベント

【大阪出張イベント】城北公園フェスティバルでいわて蔵ビールが参加します!

【東京出張イベント】池袋フォーク&カントリーのイベントにいわて蔵ビールが参加します!

【仙台出張イベント】楽天球場でのセパ交流戦に東北地ビール祭りのイベントに参加します!

詳細はこちら

http://sekinoichi.co.jp/events/2016-06/

【世嬉の一内】大人の婚活イベント開催します!

詳細はこちら

http://sekinoichi.co.jp/event/20160612/​

■■■お得情報■■■

いわて蔵ビール、世界大会W受賞 祝お得なセール開催

WBCbana

http://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/Wprize

 



Posted by sekinoichi at 07:29

2016年05月07日(土)

本日は嬉しいこと目白押し!地ビールフェスティバルとオイスタースタウト

nikkei-plus1

今朝、東京のいつもご指導していただく先生からメールをいただきました。

「全国地ビールフェスティバルin一関」が1位ですよ!って。

ぼーと子供たちとあそんでいたら、びっくりしたニュースに、すぐさま見てみました。

日経プラス1に「全国地ビールフェスティバルin一関」がなんでもランキングで1位に!

すごい!!!

「150種以上のビールに地元の食材をつまみに」これが副題!

私たち地ビールフェスティバルのプロジェクト委員会では、常に一関らしいビールイベントをということで、

一関らしさを追及してきました。

食は地元のものを出そうとか、おしゃれなベンチはないけど、接客は笑顔でとか・・・

とにかく一関を満喫していただこうと思いやってきました。

それが・・・多くの都会のビールフェスを差し置いて、一位に選ばれるとは・・・嬉しい限りです。

ビールフェスというより、『地ビール祭り』がぴったりのイベントですが嬉しいですね。

昔、このイベントを手伝い始めのころ、10年以上前ですが・・・

なかなか盛り上がらない地ビール祭りに、どうしようと市役所の担当者、当時のプロジェクト委員の柳橋さん(当時、観光協会副会長、調理師組合会長)悩んでいた時期もありました。

みんなで大手さんがやっているビールイベントを見学しに行った時もありました。

あーでもない、こーでもないと悩む時期もありつつ、当時、ビールのイラストレーター藤原ヒロユキさんに(現、ビアジャーナリストリスト会長)に「航くん、世界のメジャーなビールイベントは田舎で行っているんだよ、一関が日本一になってもおかしくないよ」と言われ、みんなで頑張ろうと思ったことがあります。

また、地元の一関ミートの会長さんにドイツの視察に行こうといわれ、無理にお願いして、ミュンヘンのオクトーバーフェストの実行委員長にイベント友好都市になりましょうと言いに行ったこともあります。(先方は600万人集める国家イベントで、こちらは当時1万人あつまっているかどうかでしたので、玉砕しましたが・・・)

ちょっとづつの改善でちょっとづつ大きくなり、いつの間にか19年目。

今朝の新聞で今年にすごく弾みがつきました。

そして、一関から就職や進学で外に行ってしまった人もその時だけでも友人をつれて一関にきていただけるのではないかなぁ?そんな期待をしています。

いずれ、私は酒屋でありビール屋であるので、ビール屋ができる町おこし、一関の魅力発信をできればと思います。

 

 

さらに・・・本日嬉しいことがありました!

今日は2年に1度開催されるビールの世界大会。

ワールドビアカップ2016年の結果発表の日です。

今年は世界から出品国58カ国、ブルワー数1905、エントリー数6592で競い合いあました。

一気に増えていて、無理かなぁ・・・とも思っていました。

そうしたら・・・

WorldBeerCup

三陸広田湾産牡蠣のスタウトがなんとワールドビアカップでブロンズアワード受賞しました!

すごくうれしい。

今日はなんて日だ~という感じ!

この牡蠣のスタウトが受賞したことも嬉しいです。

OysterStout

このオイスタースタウトは、19世紀にイギリスで醸造したものが最初ですが、当時レシピもなにもなかったので、いわて蔵ビール独自に開発しました。

岩手のものを使用して、いわて蔵ビールらしい商品=地域の魅力を発信する商品にしたい!そんな思いでした。

今回の受賞が嬉しいというより、地元のもの(陸前高田の牡蠣)を使用した商品が受賞したという事が嬉しいです。

東京にでてしまった人たちが、ちょっと一関や岩手に帰ってきたときに私たちのビールをお土産で購入し、友達と飲んだときを常にイメージしいます。こんな感じです。

友人:「このビ―ル美味しい!」

岩手の人:「そうでしょう!岩手は、とても素晴らしいとことだよ人も自然も町も・・・だからこんな美味しいビールができるのだよ・・・」

友人:「こんど行ってみたいな~」

こんな会話されたら嬉しいなぁといつも想像しています。

そんな中での受賞でした。

本当にありがたいです。スタッフたちも嬉しがっていました。とくに工場長!

今日はとてもいい日です。

世嬉の一は今日も地域の魅力を発信し、元気に営業しています。

オイスタースタウトの購入はこちらから



Posted by sekinoichi at 08:17