世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:世嬉の一スタッフ紹介

2022年06月05日(日)

経営理念から設定しなおし、前に進む世嬉の一

今日も天気のよい世嬉の一です。6月になりましたが、世嬉の一では今期から経営理念、経営ビジョンなどを変更してスタートしています。本当は3月決算、4月から新しい・・・という取り組みをしていたのですが、なかなか悩むもので・・・決まりませんでした。

そして、決定し、スタッフに説明できたのが5月末という時間のかかった結果です。

新しい経営理念等は下記のとおりです。

■経営理念■

「幸せの創造」

私達は仕事を通じて、お客様の笑顔を創り、その輪を少しづつ大きくしていきます。

 以前からの経営理念「幸せの創造」は変わらず、どのような形で幸せを造るかを明確にしました。また、私たちとお客様が繋がり笑顔の輪が大きくなることが私たちの使命と考えます。

※幸せの創造は、社名世嬉の一からきています。「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指しなさい」と閑院の宮様からいただいた名前ですが、現在は清酒だけでなく、その種類はレストランにも広がっていますので、幸せの創造と私が社長に就任した際に決めました。補足文章を今回は決定しました。

■経営ビジョン■

「地域食文化の継承と革新」

気持ちの良い仲間と共に、地域食文化の継承と革新を通じて、世界が喜ぶ商品を作ります。

今後、10年間各部門がどの方向に向かうかを明確にするため、スタッフと共に設定した経営ビジョンです。世嬉の一という会社が地域の食文化の発信を通じて、世の中の人に喜ばれる会社であることを再認識し、決定しました。世嬉の一の商品は独自性があるといわれますが、それは地域の文化や地域の食材を活用して作ってきました。今後も地域を盛り上げるためにも「地域食文化の継承と革新」という視点で今後10年進んでいきたいと思います。

世嬉の一の7VALUE

  1. どんな状況でもプラス発想でいよう
  2. 地域に触れ、共に学び、それぞれの道のプロを目指そう
  3. あきらめない、逃げ出さない、挑戦し続けよう
  4. 創造的に考え、実行しよう
  5. 仲間を認め、互いに協力しよう
  6. チャレンジしている人を応援しよう
  7. 今に感謝し、よりよい未来を創ろう

成長している企業のスタッフはやはり人間的に成長していきます。当社でも過去に10の行動指針をつくり、基本礼儀・作法の部分を決定していました。
今後10年は人間力がより大切になる時代になると思います。7VALUEは、世嬉の一のスタッフに実践してもらいたい、ルールになります。その根底には、世嬉の一スタッフ一人一人が幸せな人生を歩んでもらいたいとう思いから価値を設定しています。これからの世嬉の一のスタッフが、守るべき7つの価値、経営ビジョンを達成するために必要なことを再設定しました。

実はこれを決定するのに、他社さんの取り組みを見学に行ったり、ご指導いただいている先生に数か月相談したり、スタッフと何回も勉強会したりとちょっとハードでした。

このコロナ禍において2年間、当社は結構苦しい状況を見てきました。
昨年は私が経営者になって相当厳しい経営状況になりました。震災よりひどかったです。

そのため、スタッフと根幹から私たちは何者で、今後どこに向かっていくか・・・今の私達の言葉で決定した次第です。

これから入社してくるスタッフにもこの考えを徹底しようと思います。

各部門とヒアリングしたり、一緒にミーティングしたりちょっとしんどかったですが、今回決定出来てちょっとほっとしています。
あとは、ビジョンに向かって実践あるのみです。

これからもどんどんチャレンジし、競争しないで共創ですすんでいこうと思います。
ちなみに世嬉の一の企業DNA(変化することなく守るべきもの)は変更していません。

世嬉の一酒造 企業DNA

「私たちは感謝の心を大切にします」

「私たちは挑戦する心を大切にします」

「私たちはオンリーワンを目指します」

今回コロナでだいぶ縮小をしなくてはいけませんでしたが、その分整えてきたつもりです。今期は大きなチャレンジ「酒蔵復活プロジェクト」があります。

ぜひ今後ともよろしくお願いします。

世嬉の一は、理念ビジョンを明確にし、今日も元気に営業中です!

 

 

—–PR—-

こはるコーラ



Posted by sekinoichi at 10:33

2022年04月26日(火)

スタッフとの勉強会は徐々に深い内容になってきています。理念研修

今日はちょっと曇りの世嬉の一。夕方には雨でしょうか?畑に水やりしなくても大丈夫とちょっとほっとします。2年前から芝桜を通りに植えてちょっとづつ増やしておりますが、徐々に増えてきているようです。色はもっと淡いのをきたいしていましたが・・・濃いなぁ~

さて、昨日スタッフたちと勉強会を行いました。定期的な会議と理念勉強会と経営ビジョン策定です。

実はすごく悩むのが経営ビジョン。世嬉の一って明確なビジョンをもっていそうで、こっちに行きたいと思うとそっちにふらふら~、やっぱこっちにと思うとこっちにふらふら~として経営しています。

スタッフたちとちょっと目的はより明確にしないとと思い、ここ数か月悩んでいます。

毎月ご指導いただいている岩崎先生にも下記のような記事を教えていただきました。

会社の経営理念に「幸せの創造」というのがあります。これは3つに分解され、お客様の幸せ、社員の幸せ、地域の幸せを創造する会社を目指しています。

2つ目の社員の幸せを考えると・・・やっぱり夢をもって仕事をすることだと思います。

100年経営していても過去の継続ではいけないと・・・ここ数か月勉強会です。

スタッフたちも結構なやむのですが、各人の意見を聴くと面白いです。学びになります。

スタッフたちからもどんな会社になっていたいか?していきたいか?どんな自分になりたいかなど、色々意見がでました。参考になります。

最終的に私がまとめますが・・・きっとコロナ禍の厳しい経営のおかげで世嬉の一はどんどん強くなると思います。そしてお客様に、地域に、スタッフや家族にとって必要な会社にさらに生まれ変わると思います。期待していてください。

ぜんぜん関係ないようですが、保育園の子供たちがお散歩に来てくれました。時々来てくれます。子供のにこやかな声はとても癒されます。いい空間にしていきたいものです。

今日も世嬉の一は学びながら元気に営業中です!

——PR———–
三浦杜氏W受賞

受賞酒はこちらからご注文できます。
家飲み応援セット



Posted by sekinoichi at 06:08

2022年03月31日(木)

年度末は理念勉強会、先代から学ぶ

朝は雨模様でした。雨の中、梅の花はきれいに咲いています。 春ですね・・・

ちょっとつくしも出てきたようです。

さて、3月31日年度末。酒造業、観光業、飲食業だった私たちには、様々なチャレンジとハードルが次々きた時期だったなぁと思いました。

特に3月の地震は、これから春休み、マンボウ明け、レストラン売店部門のスタッフにはショックだったようです。 そんなかでも前を向いて日々過ごせるのは、スタッフに恵まれていたからだと思います。

年度末の今日は、毎月の全体会議と勉強会を行いました。
コロナ禍になり、時間ができその時間で行っているのが、掃除、新商品開発、勉強会です。

このコロナショックが終わったらスタッフと共に世嬉の一は生まれ変わっている!そんな会社になってくれればと思います。

さて、年度末の今日勉強したのは、第二創業者の妻(元 専務)の話です。
100周年記念で作った冊子を基に勉強しました。

はずかしながら、当社のスタッフは本を読む習慣がない子もいるので、100周年記念紙を造るとき、だれでも読めるカフェにおける冊子のようなものを造ってほしいとお願いして作りました。

こんな感じです。

この12pくらいの冊子を読んで、感想と自分の仕事にどう落とし込めるかということを話し合っただけの勉強会です。

ただ、その中に、世嬉の一酒造がこれまでどうやって生きてきたかなどがわかるような内容です。

部門違う人も一緒に話あい、今回はパートさんも入ってもらいました。今後、社員パートさん関係なくオープンな会社にしようと思っています。

いろんな話が出ました。とても参考になりました。

ただ、その中で元専務がすごい!という話で終わらないようにとも終わっていました。 当社は一代目が創業し(徳蔵さん)二代目が戦争や水害に立ち向かって経営し、ちょっと没落し、三代目が第二創業のように業態を開発し今の世嬉の一の基礎を作ってくれました。

そのため、感想が先代がすごいとなりがちなんですが・・・それだと自分たちに落とし込めない。

でもスタッフたちといろいろ話しているうちに、元専務の「気づく力」「学ぶ姿勢、探求心」「人との縁を大切にすること」この3つが素晴らしいという結論になりました。

「気づく力」元専務は、自然、季節、地域の力など様々なきづき、そして、観光客がよろこぶこと(その当時にはなかった郷土料理レストランという業態の開発、もち料理(もちをレストランで提供すること)など行いました。これはすべてお客様がどうやったら喜ぶかという気づきや地域がこうなったらよくなるという気づきからではないかと・・・

「学ぶ、探求心」は、わからないことはどんどん会いにいって学び、その方を巻き込み、そして疑問に思う、その繰り返しで新しいものを生み出していったということです。

「人との縁を大切にすること」様々な縁を大切にし、人との繋がりをよくしていく、その人々から気づきを得て、学びまた実行するということでした。

私達はまだまだですが、先代にすこしでも近づけるよう、そして世嬉の一らしさを大切にしながら、たらしいものを生み出せるように頑張りたいと思いました。

いい時間を年度末に過ごすことができました。

今日も世嬉の一は理念を学び元気に営業中です。

—PR— 恩送りプロジェクトを始めました。4つの商品が対象となっています。 https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ukraine https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/buying_club https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer10year クラフトジン清庵  https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021



Posted by sekinoichi at 06:51

2022年01月22日(土)

島谷ひとみさんが世嬉の一に来ていただきました~ありがとうございます!

出張に出かけました。この雪の風景が1時間後にはまったく道端にも雪がなくちょっと春めいていることにびっくりしています。 さて、僕は出張で仕事で会社を不在にしている中、スタッフが興奮して連絡がきました。 事前に連絡はいただいていたので知っていたのですが・・・ そう、芸能人が会社に来たと若いこと達が言い始めました。 島谷ひとみさんが、当社に取材のためご来社していただいたのです。 旅番組で2月中旬頃東京で放送されるようです。 嬉しいですし、ありがたいです。本来ならGOTOトラベルも始まっていい宣伝効果になるとは思うのですが、まだまだ旅行を楽しむ時期には難しそうですね。 私が出張の予定があり、先日まで酒税調査対応に追われていた、案内のプロの土岐さんもお休みなので、先代の相談役に敷地内の説明と案内をお願いしました。 博物館をご案内し、直売所でお酒の試飲等をしていただきました。 純米吟醸や吟醸酒を楽しんでもらいました。   スタッフから話を聞くと、島谷様は気さくな方で説明しやすいし、丁寧だったそうです。写真も快く引き受けてくれてサインもOK、そしてブログに掲載してもいいとのことで、掲載してます。 時々、NGの方もいらっしゃいますね。一回、一緒に写真をとお願いしたら、怖いマネージャーさんだったなぁというときがありました(笑) テレビのイメージと一緒の芸能人の方も多いのでびっくりしたことがあります。 島谷さんありがとうございます。 はりきってサインももらっちゃいました。多分スタッフたちもしばらく亜麻色の~♪と頭に浮かんでいるんでしょうね~ 今日も世嬉の一は、応援されて元気に営業中です!

—–PR—–

ご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola  

 



Posted by sekinoichi at 04:04

2022年01月16日(日)

ご苦労様です。ありがとうございます。先代の表彰式

雪も落ち着き、圧雪され氷になって道路にくっついている氷板をつるはしで毎日砕いておりました。滑って転ぶと大変ですからね。結構骨が折れます。
さて、お正月も終わり、コロナでちょっと暇になった世嬉の一。今日は社長は、施設のメンテナンス?雪かきをしていました。

しかし、一方で相談役と先代の女将は清掃して、市役所や商工会議所の新年交賀会に・・・

市政功労者の表彰式のために参加しました。
私が参加しなかったのは、コロナ禍において、受賞者ともう一人ということで、最近、一気に疲れがでて出不精の母に出るようにお願いしたからです。

やはり夫婦2名での受賞は当たり前かなぁ・・・私は父母のすねかじりでしたが、母は父を支えてきていましたので、父が受賞していますが、二人で受賞したようなものです・・・と私は思います。
スタッフたちは、先代がいなくても世嬉の一を支えていますので、いままでできなかった二人の自由な時間を謳歌してほしいのですが、長らく二人とも仕事に従事していたせいか、先代は相変わらず〇〇委員会、理事会などに呼ばれて仕事しています。

しかし、先代たちのおかげで世嬉の一が伸びてきましたので、本当に感謝です。
おめでとうございます。

新年の最初の祝辞でした。

世嬉の一スタッフは、先代の功を喜び、今日も元気に営業中です。

—–PR—–

ご注文はこちら

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

バーレーワインも残り僅かになってしまいました・・・・


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE

今年の新酒は残りわずかです。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 02:53