世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:お酒

2016年12月17日(土)

諸々の商品のお知らせ頒布会とクリスマスビール!

20161217

朝から雪が積もっている一関。本格的な冬ですね。明日、座敷わらしちゃんをスキーに連れて行こうかなぁ?

yukidaruma

今朝、座敷わらしちゃんたちは、雪だるまをつくり店先に飾ってくれました。嬉しいですね。

また、今日は東京から一関を応援する団体が来てくれました。毎年、一関に数回きているそうです。

土岐さんが蔵を案内してくれました。皆さん、何回か当社に来ていただいているそうですが、土岐さんの案内の話がとてもよくいつもより楽しい世嬉の一だという感想でした。

PC182114 kominication

私達の地方の企業がこうやって様々な地域の方とつながるのはうれしいですね。

さて、さらにびっくりなのは、今年もクリスマスビールが売り切れました。1Lボトルがもうなくなってしまいました。

そのため、急きょ300本だけ500MLボトルのクリスマスビールも制作しました。こちらのボトルも使用後デカンタになると好評です。

XMAS1

こちらのボトルがなくなり、急きょ300本 500mlで追加です。

oufuu

けっこうこちらのボトルもかっこいいですよ。

詳細はこちら

さらに、今年は頒布会ないの?というお客様からお問合せいただき、急きょ、頒布会も開催します。

お送りは1月頃からですが・・・

sakehannpukai2

問い合わせはこちら

 

お客様と様々なかかわり方がありますが、商品を通してお客様に岩手の良さや素晴らしさが伝わればうれしく思います。

今日の世嬉の一は雪がふっているけど、心が温かく元気に営業しております。

———— P R —————

始まりました!お得な頒布会!普段流通しない生原酒の頒布会やお得なビール頒布会です!

hannpukai2016bana

詳細コチラ


新酒が出来上がります!

shiboribana1

しぼりたて純米生原酒が完成します。ご予約はこちら

アルコール度数14%国内最大アルコールのビール
バーレーワイン(麦のワイン)

現在予約受付中!600本限定

BARLEYbana2

BARLEY bana

ご注文はこちら

xmas_img_2014

限定300本欧風聖夜麦酒(クリスマスビール)予約開始しました!

こちら

■■■イベント開催します■■■

【仙台】初めての人のためのクラフトビール講座 1月15日

GoodbeermarketENN

詳細はこちら

【東京】ふるさと祭り参加します!1月7日~1月15日

main-e1481176159901

詳細はこちら

【一関】まさかの真冬のビール祭りを今年も開催します!2月25日~26日

mafuyunobeer

詳細はこちら

【一関】99周年 世嬉の一蔵祭り開催します!4月22-23日

346e9122e9356cda7427ce3f2b82569c-300x212

詳細はこちら

 



Posted by sekinoichi at 03:30

2016年11月27日(日)

今年の新酒が出来上がりました!事務所で試飲中~

雪山

一関の須川岳に雪が積もり始めました。

sukawa

祭畤(まつるべ)のあたりはうっすら雪が積もっています。同じ市内でも標高差があるのか、気温の差に驚きます。

さて、今日は新酒をしぼりました。

初しぼりです。

にごり酒1

今年のしぼりたて純米生原酒はどんな味に仕上がったか・・・

かおりはとてもいいです。

昨年は出荷を早まりすぎて、お客様のところで吹いてしまい、すべて一時回収したことを思い出します。

今年は・・・出来上がった後、一週間ねかせて、それから瓶詰です。

気温の高いせいか、開けるときに発砲ガスがでます。「シュー」という音に、今年の酵母も元気だなぁと思いつつ、香りを楽しみます。

米の香と発酵の香りが混ざり、とてもフルーティーな香りです。

にごり酒2

まさに生きているお酒ですね・・・・

そこで、試飲・・・

事務所で試飲しているのも酒蔵ならではの風景

社長

社長の試飲のあとは、1杯飲んでしまいました・・・アルコール度数18.5度!

結構ききますね~。これからの仕事が楽しくなります。

土岐

出荷担当の土岐さん、土岐さんは出荷するため、社長より真剣に利き酒しています。

土岐さん曰く、今年も香りがよく、ちょうどよいアルコール感と美味しさで、美味しい新酒が出来上がったとの事です。

これから出荷準備に入りますが、もろみの入った「にごり」やあらごしした「透明」は、冬のお鍋料理等にもあう、おいしいお酒になりそうです。

しぼりたて原酒bana

今日も世嬉の一は新酒の出荷準備をしつつ元気に営業中です!

———— P R —————
新酒が出来上がります!

shiboribana1

しぼりたて純米生原酒が完成します。ご予約はこちら

アルコール度数14%国内最大アルコールのビール
バーレーワイン(麦のワイン)

現在予約受付中!600本限定

BARLEYbana2

BARLEY bana

ご注文はこちら

xmas_img_2014

限定300本欧風聖夜麦酒(クリスマスビール)予約開始しました!

こちら

■■■■■■■イベントのお知らせ■■■■■■

11月25日~26日 池袋サンシャイン

nippon

ニッポン全国物産展に参加します。



Posted by sekinoichi at 01:06

2016年02月21日(日)

温かな春の風と共に嬉しいお便りがロンドンから届きました。

大蔵

残雪がすこし残る程度・・・・

P2210991

数日暖かく、渡り鳥が世嬉の一の上空を飛んでいっております。

昨日ご来店していただいた、小さいお客様が雪を楽しみにしていたのに・・・と言われて申し訳ないなぁ・・・と思うくらい雪が溶けました。

さて、そんな中、朝一通の嬉しいメールが届きました。

少し紹介したいと思います。

——————-

こんにちは。

お世話になっております、■■と申します。

そちらには▲▲▲▲先生企画の

ミュージックセキュリティーズ復興応援バスツアーで

二回伺わせていただきました。

ところが昨年9月より夫の転勤に伴ってロンドンに参りましたので

一関には行けなくなってしまいました。

 

昨日久しぶりに街中にあるジャパンセンターに行ったところ、

貴社のお酒があって大興奮しました!

あいにく夜まで用事がありお酒を持ってウロウロするわけには

いかなかったので買えませんでしたが、次はしっかりと買います!

そしてこれからこちらに住む皆さんに宣伝します!

あまりにも嬉しかったのでメールさせていただきました。

 

今後ともよろしく御願いいたします。

unnamed

———————

私もあまりにも嬉しくて朝礼でスタッフにこのメールを紹介しました。

皆も嬉しかったようです。

 

実は昨年イギリスに輸出したいのでという企業さんからお声がかかりました。

私たちから出荷するのは横浜の指定倉庫だったりするので、正直海外のどこで販売されているのかわからないときがあります。

「イギリスで本当に販売されているんだ!嬉しい!」

当たり前なんですが、お客様からメールをもらって初めて実感しました。

私たちが輸出する理由は3つあります。

 

【1つ目は社名の由来である「世嬉の一」の実践です】

「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを目指す」ということです。

まだまだ岩手県内で小さい酒蔵で、岩手でもまだ浸透していないのすが、

世の人々が嬉しくなるために世界の評価にさらされて改善していくのがいいのかと思いました。

 

【2つ目はスタッフや地域の人への自信になる】ということです。

岩手の小さい企業が世界に輸出することで、スタッフたちや地域の人への自信になると思っています。

「一ノ関?何もないよね~」ではなくて、

「一関のお酒(ビール)は世界で飲まれているんだよ~。だって一関って素晴らしい地域だから美味しいものが作れるんだよ~」

と言われるようになったら素敵なだなぁと思い輸出をしています。

(現実的にはまだまだ現地でどう売られているのか?またプロモーションかけるとかできていないですが・・・)

【3つ目は、未来のスタッフのためです。】

私たちの地域はご多分に漏れず過疎地域です。

12万人の街で年間1500人くらい人口減少しています。

どんなに人口減少しても世嬉の一は一関と共に生きていかなければなりません。

地域だけでなく、日本の人口も減っていくのは現実ですね。

私たちのスタッフは70歳まで元気で働いてもらいたいと思っています。

人口減っても元気で働ける場づくり・・・そのためには今から輸出していて将来会社が維持できるようにしたいと思い、

清酒・ビールを輸出し始めました。

 

そんな理由で輸出を開始したのですが、海外の反応って正直わからなかったのです。

本当に売られていたと思ってうれしくなりました。

イギリスで販売されているのは純米吟醸 世嬉の一(通称 吟ぎんが)です。

純米吟醸 世嬉の一(吟ぎんが)

純米吟醸 世嬉の一(吟ぎんが)

このお酒は、岩手の酒米、酵母、糀を使用して醸造した、業界で言う「オール岩手」のお酒です。

このお酒を通して、イギリスの方にも岩手に思いをはせてもらい、いつか来ていただければ嬉しいです。

味はサッパリ、フルーティーで、ちょっと辛口のお酒です。ワイン代わりにお魚料理にも合いますよ!

純米吟醸世嬉の一に関してはこちら

 

今日も世嬉の一は、世界に発信する事を夢見て元気に営業中です。


————————-PR————————

touhokubeer

東北の5社が集まり、醸造したビール「東北魂ビール プロジェクト」

詳細はこちら

 

世界に伝えたい日本のクラフトビールネットでの投票実施中です。
(いわて蔵ビールもエントリーされております)

投票はこちら

questionnaire2016-blue

ページの右上に上記のバナーがあります。

 

kiyoi

【参加費無料】建部清庵を顕彰するお祭り、清庵祭を開催します。ぜひお越しください。

2月28日開催!

詳細はこちら

karura

小学生参加無料 かるた大会!清庵を遊びながら学べます。

4月28日14時から ぜひご参加ください。

詳細はこちら



Posted by sekinoichi at 09:56

2016年02月06日(土)

様々な事がありました・・・ビールに「もち」にビール

aff3

農水省から出版されている冊子、「aff」。農業のことが結構興味深く記載されているので、楽しみにしている冊子の一つです。

定期的に送られてくるのですが、今回は2冊。

なんでかなぁ・・・と思っていたら、当社の地場産の小春二条大麦をしようした「こはるホワイトエール」が掲載されていました。

aff1

商品は当社ですが、上の工場写真はキリンさんのようです。うちはこんなに大きくないから(笑)

aff2

当社の取り組みを掲載していただき、うれしいですね。

そして、木曜日に出張から帰ると、当社のスタッフが緊張した~と話しています。

どうしたの?と聞くと、ガレッジセールさんがいきなりカメラもってきたんですよ。と言っています。

CIMG8206

★実は誰が来るかは教えていただいてなかったのですが、当社の専務に餅の取材がくることの連絡はきていたようです。

スタッフまで詳細な時間がきちんと伝わっていなかったので、びっくりだったそうです。

ガレッジセールさんたちが当社のもち料理を食べていただいたそうです。

とても素敵な方々で優しいテレビの通りだった・・・とスタッフが感心していました。

(決して、他の取材の人がそうではないということではありません)

スタッフとも快く写真を撮ってくれました。

CIMG8204

 

CIMG8205

沖縄から岩手に来たら寒いだろうな~。

この番組は「にじいろジーン」とういう番組で2月27日に放送される予定です。

http://www.ktv.jp/niji/index.html

 

本日、東京のクラフトビアマーケット神保町の店長と副店長が当社に来ていただきました。

当社で周年祭りのビールを醸造していただくとのことです。

嬉しいですね~

クラフトビアマーケット神保3

孝紀工場長と朝から仕込んでくれました。

クラフトビアマーケット神保

クラフトビアマーケット神保2

このビールの詳細は後日ですが・・・おそらく店舗で4月に提供されると思います。

よろしくお願いします。

今日も世嬉の一はさまざまな事を楽しみながら元気に営業中です。

 

 

    ————-PR——————  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら



Posted by sekinoichi at 06:44

2016年01月30日(土)

お客様と三陸ツアーを行いました。学ぶことが多々ありました。

三陸旅行4

今日は、東京からお世話になっている先生とご友人が来ました。

私達、震災後の勉強会 みやぎECの会で講師をしていただいた先生です。

みやぎECの会とは、南三陸町の山内鮮魚店の専務 山内さんが中心となり、震災後自分たちで東北を全国に輸出しようと勉強会を開催しています。

その先生方が東北の私たちの企業を見てみたいということで旅行を計画しました。

行程は 一ノ関(世嬉の一)→南三陸町(山内鮮魚店)→塩釜(間宮塩蔵商店)→懇親会→仙台周辺観光という流れでした。

私も山内さんや間宮さんの新工場を見たくて同行させていただきました。

まずは、世嬉の一からです。(三枚の写真は山内さん撮影です。プロですね・・・)

三陸旅行3

 

三陸旅行2

 

三陸旅行

珍しく、私が説明しました。

そして、写真にはないですが、蔵の二階や修復工事の現場など拝見していただきました。

あとは、郷土料理を体験していただき、南三陸町へ!

私も山内さんの工場楽しみです。山内さんとは、ホヤビールや牡蠣のビールでお世話になっております。

新工場の建屋です。すごいですね~

山内9

南三陸の津波被害はすごいものがあり、この土地も水害で住宅が流された後だそうです。

多々問題あるのだとは思いますが、震災から4年たった時に完成した新工場。力強さを感じました。

山内8

山内さんの屋号が飾られています。かっこいい!

山内7

そして経営理念。経営理念を忠実に行っているなぁ・・・と感動しました。

そして一番感動したのは、新工場の事務所!

山内13

山内12

山内11

すごい!東京のオフィス見たい・・・実際にこのオフィスが出来てから若い人が仕事したいという希望が増えたとか。

山内10

事務所内にキッチンもありました。実際に山内さんの商品の調理方法等を撮影したりもするそうです。

お洒落ですね~。

でももっとも驚いたのは、スタッフさんの休憩室やその他の部屋。

細かいところにスタッフへの配慮がある工場だと思いました。

一方、築97年の世嬉の一。不便なのが当たり前と思って負担掛けているなぁと反省です。

そして、いざ工場へ。現在、工場ではしっかり朝ごはんセットの出荷で大忙しだそうです。

山内6

今日はサンマの焼いたものをパックしていました。

山内5

山内4

山内3

スタッフの人たちも清潔感もあり、細かい骨までも丁寧にとったりと・・・すごい!

日本の食品工場は、気遣いの宝庫だと感じました。

そして技術の高さも感じます。詳しくは書きませんが、高い技術で美味しさと健康をそのまま家庭にお届けする方法を追及しているのだなぁと思いました。

商品開発もどんどん行っているし、山内鮮魚店様の力強さとすごさを感じたひと時でした。

山内さんのサイトはこちらです。

http://www.yamauchi-f.com/

山内1

その後、被災した庁舎のところに行きました。

ビックリしたのは、いつの間にかここでも大きな高台ができています。

全部かさ上げで地形が変わっていました。・・・まるでピラミッドの用ですね。

山内2

是非は別として、変わりゆく風景にただただ唖然とするばかりでした。

気を取り直して、ここから塩釜へ移動です。

高速道路も整備されとても快適に移動です。

次は間宮塩蔵商店様、社長の間宮さんは、みやぎECの副会長。とてもお忙しい方ですが、いつも本気でぶつかっていく方。

間宮商店様は、干物の会社ですが・・・間宮エイジングという新しい手法で、干物という長期保存のための手法から、

調理方法の一つとして、魚を美味しく調理する工場にしています。

間宮1

この方が社長さんです。お若いですよ。

間宮さんのところは、魚の処理の仕方、エイジング(熟成)の仕方がすごい!

何がすごいかって・・・あまり書くと企業秘密になるかもしれないので記載しませんが・・・

間宮5

 

間宮4

塩がなじんでより美味しくなっておさかな・・・

間宮2

ここでも感じたのが、素材をどのように品質向上させるか、小さい事まで気をつけて行っている事。

うちの工場長も連れて行けばよかったとすごく感じました。

間宮6

最後にいただいた、サバの粕漬け!ビックリしました。ここの商品は、干物というよりエイジング(熟成)

よりお魚が美味しくなるのですね~。

間宮塩蔵商店さんはこちら

http://www.mamiyaenzo.jp/

昔からの手法をより進化させ、お客様にあった商品づくり。

そして、それを達成するためのチームづくりや場づくり。すごいなぁと感動したツアーでした。

そして、こんなに素晴らしいものづくりをしている東北の素晴らしさに嬉しくなった一日でした。

この後は懇親会になだれ込むのですが・・・いい興奮と学びがあったので飲みすぎました(笑)

世嬉の一も見習って素晴らしいモノづくりをめざし、今日も元気に営業中です。

 

    ————-PR——————  

バレンタインギフト好評発売中!

VTbana400

ご注文はこちら

 

    2月13・14日の2日間いわて蔵ビール祭りを開催します。

    12366221_743138152484775_7623779472583123315_n

    いわて蔵ビール周年祭を開催します。

    現在、500円お得な前売り券発売中!

    詳細はこちら



Posted by sekinoichi at 10:29