世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:新事業

2021年12月08日(水)

今回の新しいチャレンジは、新しい販売の仕方、有楽町のb8taにコーナー作ってもらいます!(新しいつながり)

雨があがって、曇り空の世嬉の一。冬の世嬉の一ですが、なんとなくあたたかな日の一関です。さて、コロナ禍になり、世嬉の一酒造は、商品開発、ブランド開発、働き方の改革などを行い、withコロナ、afterコロナの後の世嬉の一の生き方を模索してきましたが・・・今度は、お客様と新しいつながりを持つために、ご紹介をいただき、b8taという仕組みに参画しようと思います。

b8ta(ベータ)とはシリコンバレーで生まれ、昨年から日本でも活動し始めている組織です。 スタートアップ企業の商品紹介や体験をメーカーに代わってやってくれる会社です。日本版b8taは、渋谷、新宿、有楽町にあるので、地方のメーカーの商品を都会でPRしてくれる形です。

つまり、田舎にいながら、都会にPOPupショップを造ってしまうようなものです。ただし、商品だけをお送りし、接客などはb8ta職員にお伝えし、お願いする形になります。

https://b8ta.jp/

私たちは、ご縁がありb8ta有楽町店に12月10日から約1か月コーナーを持つことになりました。b8ta有楽町は有楽町の駅前、電気ビルの中にあります。

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階
営業時間: 11:00 – 19:30
定休日: 不定休

ここで、いわて蔵ビールのバーレーワインや季節限定ビール3本セットをPR販売しようと思います。

急なご紹介だったので、ドタバタと準備をし、お客様に説明する資料、動画データ、画像データをつくり電送終了、そして、サンプルビールと展示ビールを郵送!ドタバタしましたが、新しいお客様とまた繋がるのではと思い、ワクワクと準備しました。

正直、世嬉の一スタッフでもなく、私たちを知らないスタッフの方々がどんな接客をしてどのようにするか気になりますが、実際に期間中、上京してみてみようと思います。

12月10日~1月10日まで、有楽町の電力ビル1階で開催しています。その場で購入もできますので、よかったら遊びに行ってみてください。

今日も世嬉の一は新たなチャレンジで元気に営業しています。

—–PR—–

クリスマスビール予約残り僅かになりました!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/xmas_limited_beer

おせちの早割予約は本日までとなります!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

今年の新酒は順調です。お早めにご予約ください。

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu


ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop



Posted by sekinoichi at 06:54

2021年10月28日(木)

わくわくする清酒新工場計画!

秋の日差しが温かくなっていました。紅葉がもう少しですね。

ふと足元をみると銀杏がおちておりました。

さて、今日は胸がぽどるような仕事をしていました。
そう、酒蔵再開プロジェクト・・・糀室設計の打ち合わせです。倉庫の申請許可のハンコも押してきました。
新洋技研工業の成田さんと工業技術センター米倉先生にお願いして、現場をみていただきアドバイスを頂いております。これからどんどん進んでいきそうです。
楽しみです。

DSC_1439

今は倉庫としての活用ですが、ここで、米を蒸し、糀をつくり酒を醸す・・・想像しただけでワクワクします。

まだまだクリアしないといけないことは多々あるのですが、コロナの大変な状況を経て、ぼくらがやりたいことにより突き進んでいる感じがします。

酒造りの最重要な場、糀室の設計がもう少しでできると思うと嬉しいです。

来年の8月には工場が完成する予定です。

ぜひ楽しみにしていてください。

今日も世嬉の一は未来に向かって元気に営業中です。

—–PR—–

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/pumpkin_ale

WBA2021受賞記念セットを販売します。

ご注文はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/WBA2021

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/fresh_hop





Posted by sekinoichi at 05:14

2021年09月04日(土)

アメリカに支店を出す!?

最近あまっている世嬉の一ファーム。耕運機の力をかりて、畝をつくることに成功。水はけもよくなるように、計4回耕運機で深く耕しました。もみ殻の代わりに、ビール醸造の麦芽粕をすきこみ、土壌改良もしています。いい感じです。

さて、コロナになり酒造業、飲食業、観光業をおこなっている私たちは影響を直撃したわけですが・・・業績はダダ下がりですが、意外と元気な世嬉の一のスタッフです。

そのわけは・・・・常に新しいことにチャレンジしているからです。
2019年2月末に最後の海外団体が帰った後、みんなにこれからはモノづくり会社になる、たぶん1年間は飲食も旅行もきびしいと思っていると伝えました。
おかげで、今まで時間がなくできなかったことが沢山できました。
例をあげると
・クラフトジンの製造(もちろん消毒液からスタートですが)
・ジンソーダの製造
・クラフトコーラの製造
・クラフトジンジャーエールの製造
・スパークリング日本酒の製造
・ノンアルコールビールの製造
・おせちの通販
・鍋の通販
・お餅の持ち帰り
・あまったお餅でおかきをつくる
・駐車場の一部を農場にする
そのほか・・・
・会社の仕組みの変更
・週休2日制の導入(なんと・・・4週6休でした)
・レストランの昼のみ営業
・レストランのホールと厨房の一体化
・酒・ビールの受発注システムの改善、見える化
・請求業務の改善
・ネット販売の強化
・社員教育・・・
なんか・・・やりたかったことをどんどんやってきました。
今度は、敷地内に四季醸造の日本酒工場を建てます。
これもやりたかったこと・・・これは現在進行中で来年の8月までにつくらないといけません(補助事業なので・・・)

この時期に本当にやりたかったことをどんどンできるようになりました。
コロナで業績大変ですが、10年後、コロナのおかげで生まれ変われた・・・といえるように今楽しんでいます。

そして、これもやりたかったこと。
輸出の強化・・・「アメリカに支店」を出す、またはそれに近いことをやる。実はこれが水面下で進んでいたのですが、できそうです。

サンフランシスコに拠点ができそうです!

全体ミーティングで全社員に伝えたら、みんなぽかんとしていました。
たぶん、スタッフの大半は「むりじゃない~」と思っているかもしれません。

実は、当社のスタッフが家庭の事情でアメリカに渡らなければいけないとされ、会社を辞めたくないけど辞めなくてはいけないと相談を受けました。
相談を受けた時に、前からやりたかったアメリカでの本格販売を強化したいからこれをきっかけに・・・そうすれば、彼ともお互いによいのではとおもったのがきっかけです。

まだまだ未定な部分が多いですが、彼と私の中ではできそうだ・・となりました。そこから、昔お会いしたアメリカにいる知人、盛岡のJETOROさん、など様々な人と相談したら、なんかできそうな感じです。

先代や家族にも伝えましたが・・・まだ本気にしていないようです。

でも自分の中では「できる」気しかしません。
2年後に、現地法人になるのか、出張所になるのか、提携会社になるのか形はわかりませんが、うちの酒とビールを広めてくれる仲間とお客様ができると思います。

様々な人に手助けされていますが、思い描いていることがだんだん形になってきました。彼が海の向こうで、私どもの酒やビールを通じて岩手の魅力を伝え、1/1000くらいの人でも岩手に来たいとなってくれればうれしいです。大きな輪の経済循環ができればと夢想しています。

その第一歩の手前ですが、アメリカに本格的に足を踏み出せそうです。

世嬉の一は今日も夢を見ながら、語りながら、元気に営業しています。

—–PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

今年もできました!一関産トマトを使用したトメイトエール!

詳しくはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/osechi

まさかのホヤのビール、「ホヤール」みやて蔵ビールから登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hoyal


ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake







Posted by sekinoichi at 05:48

2021年08月23日(月)

しょうがないから作っています!(ジンジャーエール)

今日はいい天気。サルスベリの花が綺麗に咲いています。サルスベリの花言葉は「あなたを信じます」だそうです。素敵ですね。今日もスタッフを信じ、いい感じで一日が過ぎ去っています。

・・・と思っていたら、ビール醸造スタッフが全員でレストラン厨房で作業しています。コロナ禍だけど、一気にレストランが混みだしたか!?

彼らは、ひたすら生姜の皮をむき、すりおろしています。その量100kg
春のエイプリールフール企画で醸造したジンジャーエール(生姜のビールALC5%)の時は、1500L醸造で10kgしか使用していないのですが・・・
今回はその10倍!

もしや生姜のビールが大量発注か・・・・

いえいえ、このアルコール提供禁止令が日本の60%以上で出ているのにそんなに注文は来ません。

実は、新商品 クラフトジンジャーエールの製造に入ったのです(発酵していないので、醸造とは言わないですね。)。

このコロナ禍で実はずーっと商品開発、研究を行っていました。今年クラフトコーラ「こはるコーラ」を醸造しはじめたと同時に、クラフトジンジャーエールも商品開発を始めていました。
どんな香辛料を入れればいいか、
生姜の割合をどうしたらよいか・・・
やっぱり自然のものだけでつくりたい・・・
やっぱり砂糖は入れないでつくりたい・・・

そんなことを考えて試作をずっと作っていました。
今回、本製造にむけて生姜を仕込んでいたのです。
そして、デザインもすすんでいました。

こはるコーラは東北らしくこけしシリーズでしたが・・・
クラフトジンジャーエール「こはるジンジャー」は、神様・妖怪シリーズです。
岩手は遠野物語でも有名ですが、座敷わらしや天狗、河童、鬼などの話がいっぱいです。
この自然派炭酸ジュースで岩手の創造性豊かな気風を感じていただければと思います。

世嬉の一は今日もチャレンジして元気に営業中です。

—–PR—–

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/craftginger

クラフトジンジャエール「こはるジンジャー」はこちら!9月1日から

今年もできました!一関産トマトを使用したトメイトエール!

詳しくはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tomato

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sakesyabu

まさかのホヤのビール、「ホヤール」みやて蔵ビールから登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/hoyal


ノンアルコール クラフトビール「禁酒時代のヒール」が二種類で登場!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/nonalcohol

夏限定のフルーツビール「パッションエール!」発売開始

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/passion


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sekinoichisake



Posted by sekinoichi at 06:41

2021年01月17日(日)

とうとう発売!岩手初の地コーラ 天然素材のクラフトコーラ「こはるコーラ」

世嬉の一は、雪がだんだん溶けてきました。今のうちに道路で圧雪されて凍ってしまった氷を砕く作業です。斧やスキを使って氷を砕いておりました。結構な力仕事ですが、いい運動です。

さて、とうとう発売になります。こはるコーラ!
岩手初のクラフトコーラです。通常コラの実を使用するのですが、当社は国産の天然素材だけで醸造したかったので、麦芽や香辛料がメインになります。

こはるコーラの発売開始は、1月18日(月)大安の日になります。
実はこのこはるコーラは、開発は2012年にスタートしてました。その時点はほぼ商品の形はできておりました。

当時のサンプル商品

当社の地ビールブランド「いわて蔵ビール」において、震災後の2009年から地場産麦芽でビールづくりの研究を行っておりました。その過程で清涼飲料水も開発しようと2010年ビール醸造技術を応用して実は地コーラの研究は行っておりました。商品開発はある程度完成し、展示会などで評判もよかったのですが、コーラの開発の途中から既存商品である地ビールがクラフトビールブームもあり、ビール醸造(既存商品の生産)することで手一杯になり一時中断しました。

2020年コロナウイルスにより緊急事態宣言が発令、全国の飲食店への出荷も止まり、工場の余力ができました。特に、夜の飲食店へのアルコール需要が減り、当社も大変な時期を迎えました。時間と工場の余力もあることから、2020年4月頃から商品開発を工場長の後藤とプロジェクトを再開させ、「こはるコーラ」が完成いたしました。

このコーラの開発コンセプトはミロと同じ、麦芽をメインに考え、砂糖や香料・着色料を一切使用しないで作り上げることです。

それは、当時子供が生まれたばかりだったので、子供でも安心して飲めて体にいい商品にしかたったからです。

当時、2歳だった娘・・・来年中学生になります(笑)

●「こはるコーラ」の特徴

こはるコーラは、自然原料だけを使用し、また砂糖も一切使用せず醸造した炭酸飲料です。

こはるコーラの主原料は地元で育つ「小春二条大麦」です。小春二条大麦を糖化し、甘みをだします。これはビール醸造や水あめを作る過程と一緒になります。

また、こはるコーラには様々な香辛料を使用します、ナツメグ、コリアンダー、ショウガなど、これもビール醸造の手法を活用しています。これが飲料の香りになります。

液体の色は、黒ビールや赤い色のビールをつくる過程と一緒で、焙煎温度の異なる麦芽を使用することで色を創ります。だから着色料は必要がないのです。

結果として、砂糖や香料を一切使用せず、天然素材だけを使用した炭酸飲料になります。

老舗酒屋が対象としていなかったお子様にも安心してご提供できる商品です。

写真左が小春二条大麦。

ボトルデザインは上記のような感じですが・・・少し、オリンピックやインバウンド意識して地域の伝統玩具?であるこけしをモチーフにしています。

より、東北らしい地コーラであるためにです。

工場長の孝紀さんも一生懸命醸造しております。
販売はこちら

↓ ↓ ↓

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola

今、コロナ禍にあり、当社の飲食部門や飲食に卸している酒ビール部門、そして、イベント部門はほぼ売上80%減だったりします。

でももがきながら、楽しみながらチャレンジする集団になるためにも、どんどん新しいことをやっていきます。

今日も世嬉の一は新しいことにチャレンジし、元気に営業中です。

—–PR—–


今年も開催します!「まさかの恵方巻ビール!」
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/ehoumaki

料理王国100選でまさかの優等賞受賞!上位10商品に、クラフトジン清庵

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/GIN

一関産ジョナゴールド使用、大人のサイダー発売中!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/cider

今年の新酒もいい出来です!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/sake_freshly_squeezed

まさかの国税庁主催のクラフトビールオンラインイベント!

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/gd595

岩手初の地コーラ(クラフトコーラ)こはるコーラ

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/koharucola



Posted by sekinoichi at 02:14