世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

カテゴリー:東日本大震災

2017年05月08日(月)

GW最終日は、後藤工場長とホップの植え込みに石巻市北上町までお伺いしました。

今日はGWの最終日・・・今日は石巻市北上町にやってきました。

一関市から90分、道路も整備されとても近くなりました。

そして、穏やかな海。

震災の際にはここら辺は大波をかぶり大きな被害が出た場所です。

ここで、一般社団法人 イシノマキファームさんがホップの苗植えを開始します。

イシノマキファームさんは、​ソーシャル・ファーム(Social Firm)の概念に基づき多様な人びとが、対等な関係で、同一の労働条件のもと、仕事をする場をつくることを行っています。その中でビール作りのためのホップ栽培を通じて、農業の担い手育成に取り組んでいます。

http://www.ishinomaki-farm.com/

そして今回、ホップの苗植えをワークショップとして開催されました。

私たちも、後藤工場長と一緒に参加してきました。

海と山に挟まれ、心地よい風が通る場所です。

女性の方が、今一生懸命この北上地区の復興に努力している高橋さん。

すごく行動力のある女性です。わたしも知らない間に巻き込まれ、けっこう心地いいです。

そして今回隣の方が、佐藤さん。ホップを植える土地を貸してくれる方です。

もともと麦を育てていた土地だったそうです。東日本大震災では津波でこの畑も海水をかぶったそうですが、

今はすっかり塩を抜いて畑として育つように変えたそうです。

朝から耕運機で耕していました。

そのあと、みんなでホップの苗を植えます。

これがホップの苗・・・根っこですね。品種はカスケード種とマグナム種(アメリカのホップですね~)

実は私たちも、ホップの毬花やペレットは見たことがあるのですが、苗を植えるのは生まれて初めてです。

まずは説明を聞きつつ、実際にやってみます。

みんなで50cmの間隔で焼く120株植えました。

孝紀工場長も農作業着でホップの苗植えに参加しました。

ホップは水はけが大切だけど、水分も大切。そこで、植える時も水をたっぷりあげます。

やはり海辺なのか日差しが一関よりもずいぶん強いです。

きれいに植えつけました!

みんなで作業したら、BBQパーティーでほっこりしました。

今回東京から来た人や仙台から来た人、石巻市役所の方、議員の方、学校の先生など様々な人が参加していました。

青空の下で労働の後のお昼は本当に美味しいですね~

私たちからはもちろん、「お餅」の差し入れです。

昼食後、すぐ近くにある、通称「ビール神社」に向かいます。

津波でごそっと建物がなくなったのですが、祠は見つかってよかったですね。

ここでは、米が不作の際、麦がとれたので麦で造ったお酒(ビール?)を収めたところ、豊作になったということで、常にビールを奉納するようになったそうです。それ以来、ビール神社と呼ばれています。

この石巻のホップでさらにビールを醸造するので、いわて蔵ビールも奉納し、お参りしました。

その後、もう一度ホップ植を行い、今日の仕事は終了です。

素晴らしい土地の中、素敵なホップが成長するといいですね~

みんなで記念撮影もいいですね。

今日も世嬉の一は青空の下未来に向けて地道に元気に頑張っています。

今日も笑顔で営業中です。

 

———————

オリジナルビールに関してはこちら

オリジナルビールに関するこちら

※1か月以上前にご相談くださいね。ビールの仕込みは3週間最低かかりますよ~

※ゴールデンウィーク中は当社のレストラン大変込み合います。
ランチタイムは
時間をずらされるか(13時30分以降・・・)
事前にご予約いただければスムーズになります。
ただし、当日、並んでいるお客様がいらっしゃいますので1~2時間前のご予約は承っておりませんのでご注意ください。

蔵体験はこちら

レストランのご予約はこちら

ーーーー終売近くのお知らせーーーー

10年目になりました、地場産麦芽ビールプロジェクト「こはるホワイトエール」

のこり80本きりました!わずかになりました!

ご注文はこちら



Posted by sekinoichi at 04:37

2017年04月17日(月)

当店の店頭で集めた募金に関してのご報告

座敷わらしちゃんたちと会社を抜け出して花見にいきました。

一関にある、遊水地記念緑地は桜の開花が始まったところです。

春はいいですね~。今週末はちょうど蔵祭りそして花見が楽しめそうですよ~

さて、当社世嬉の一では東日本大震災の復興応援と熊本復興応援のため、店頭募金を行っています。

今年もその集まった募金を「いわて学び希望基金」と熊本の「スーパーウーマンプロジェクト」様へ寄付をしましたのでご報告いたします。

寄付金額は、店頭募金金額

東日本大震災の復興応援 30,121円

熊本震災の復興応援 16,965円

でした。

それぞれに、50,000円づつお振込みいたしましたのでご報告いたします。

「いわて学びの希望基金」の方は、今年で4年目の寄付になりますが、震災の遺児・孤児の教育・生活・就学支援のための基金です。

また、熊本のスーパーウーマンプロジェクト様は、昨年復興チャリティーイベントでご一緒させて頂いたことがきっかけで知った団体です。主に、震災で大変だったシングルマザーの生活向上の為に活動している団体です。

スーパーウーマンプロジェクトとは・・・

↓ ↓ ↓

http://s-woman-kumamoto.com/about

共に、震災後の地域を良くするための活動をされていると思いましたので寄付いたしました。

私たちができることは本当に微力ですが、今後とも続けていきたいと思います。

スーパーウーマンプロジェクト様への義援金の証明は下記です。

↓ ↓ ↓

http://s-woman-kumamoto.com/1173

 

微力ですが、これからも地域のために応援しようと思います。

今日も世嬉の一はちょっとだけ頑張って元気に営業中です。

 



Posted by sekinoichi at 07:26

2017年03月12日(日)

3.11は恒例の避難訓練を行いました。

昨日は震災から6年目の日です。あの日は寒く、小雪がまっていましたが、今年はとてもいい天気です。

当社では、毎年3月11日は避難訓練の日にしております。

6年前は、レストランで数十名の保育園の親子が送別会を楽しんでおり、カフェ徳蔵では2名のお客様がコーヒーを楽しんでおりました。

当時、お客様もパニックになり、スタッフも正しい誘導ができなかったことを覚えています。

世嬉の一ではその反省を活かし、毎年、この時間にいるお客様を巻き込んで避難訓練を行っています。

訓練は本気で行う。これが基本です。

世嬉の一として、お客様をおもてなしをするというのは当たり前ですが、もっと当たり前として、お客様の安全と命を守るという事も大切です。だから本気の避難訓練を行います。

この時間に来るお客様にはごめんなさい・・・

そして今年も開催しました。初めて参加したスタッフもいますが、事前に避難道路、どのようにしたらよいかをみんなで話し合っているのでスムーズです。

ベルが鳴っている間は、地震で動いていると仮定、ベルがなったらスムーズに移動です。

上から、瓦や梁が落ちてくるかもしれませんので、お客様の誘導も本気です。

昨年よりさらに短い時間で集合でき、全員無事。

その後、みんなで黙祷し、震災で亡くなった尊い命に冥福を捧げます。

東北にいる私たちが忘れないようにしようと思い、毎年開催している訓練です。

今日も世嬉の一は、お客様の安全を守り、元気に営業しています。

———— P R —————

 

6本セットで送料半額!12本セットで送料無料です。

新商品!いわて蔵ビール21周年記念ビール発売します!香り豊かなビールです!

 

キャラメルエール発売開始しました!


アルコール度数14%国内最大アルコールのビール
バーレーワイン(麦のワイン)

現在予約受付中!600本限定

BARLEY bana

ご注文はこちら

■■■イベント開催します■■■

【一関】一蔵祭り開催します!

世嬉の一99周年蔵祭り 世嬉の4月22-23日

346e9122e9356cda7427ce3f2b82569c-300x212

詳細はこちら

 



Posted by sekinoichi at 11:31

2017年03月11日(土)

震災から6年がたって ~感謝と決意~

 

震災6年目を迎えて ~感謝と決意~

 

東日本大震災から6年が経ちました。あっと言う間の6年間でもあり、つい先日ような気もします。

この6年間、世嬉の一は多くのお客様、お取引先様、世嬉の一に関係する皆様に支えられて過ごしてきました。おかげさまで世嬉の一酒造は、今日も元気に営業をつづけることができております。本当にありがとうございます。

震災時は、未来に対して不安と恐怖が大きく、心がちいさくなっていた時、故船井幸雄先生の言葉「過去オール善」という言葉を思い出しました。「過去に起こったことを肯定して生きなさい、未来の自分から見て現在が未来のために良かったと言えるように生きなさい」という意味です。

さらに、震災の際には多くの人たちのご支援を頂いたことで、私たちは人の心の温かさ、人のすばらしさを大きく感じることができました。それは、私たちに勇気を与え、生きていく力、すばらしい未来を想像できる力をいただきました。

おかげで、今もその言葉を心に留め、30年後の自分達が「あの震災のおかげで苦労したけど、今の素晴らしい地域や自分たちがある」と言えるよう前に進んでいます。

この6年間は私たち世嬉の一が、がむしゃらに未来に向かって走ることができるのも皆様のおかげです。世嬉の一は、「お客様の幸せのため」「スタッフとその家族の幸せのため」「この地域が豊かになるため」という3つの指針で今日も走っております。

時々、急ぎすぎて失敗したり後悔したり、迷惑かけたりとドタバタな会社は相変わらず変わりませんが、この6年間多くの出会いがより良い未来に導いていただいているように感じます。

震災当時から変わらず元気に頑張ってくれているスタッフが沢山おります。すでに65歳は超えていても社員として世嬉の一の大きな戦力として頑張ってくれております。また、一度別な道に行ったスタッフも戻ってきて、共に頑張ってくれます。さらに、震災時にはまだ中学生や高校生だったスタッフも今は立派な社会人としてがんばってくれております。

当時、多くの方々から励ましやご支援をいただたことスタッフ一同忘れたことがありません。また、新しいスタッフたちにも事あるごとに伝えていっています。

あの時私たちが感じた、「人の心の温かさ」「人のすばらしさ」は私たち世嬉の一の大きな財産になっております。

世嬉の一を応援していただけるお客様、お取引先様、ご指導をいただける先生方、素晴らしい未来を考え学ぶ仲間たち、そしてこの6年間を共に世嬉の一を支えてくれたスタッフとその家族の皆様。多くの出会いが世嬉の一を前に前に進させてくれます。本当にありがとうございます。

皆様から頂いている多くのご恩はお返しきれないくらい頂いております。全て恩返しができないかもしれませんが、井上ひさし先生に教えて頂いた「恩送り(頂いたご恩を別の誰かに送ること)」の精神でこれからも世嬉の一は活動していきます。

私の机の上には震災時に当社の復興のために尽力していただいた経営者の方からいただいた二宮尊徳先生の詩を置いております。

 

遠きをはかる者は富み

近くをはかる者は貧す

それ遠きをはかる者は百年の為に

杉苗を植う

まして春まきて秋実る物においてをや

故に富有り

近くをはかる者は

春植えて秋実る者を尚遠しとして植えず

唯眼前の利に迷うてまかずして取り

植えずして刈り取る事のみ眼につく

故に貧窮す

 

私たち世嬉の一は、経営を行っていますのでもちろん目の前の事も大切にしていきます。ただ、その一つ一つの活動が今だけではなく、未来の地域や子供たちにとって少しでもより良い世界になるよう微力ながら努力していきます。

孫の世代、ひ孫の世代にこの地域や日本が少しでもよくなるよう、世嬉の一として努力していきたいと思います。

このような気持ちで6年目を迎えた今年もまたちょっと無理して頑張ろうと思います。

多くの支えて頂く皆様に感謝しつつ、いまだ震災の影響で大変な思いをしている方々が少しでもよくなるようお祈りいたします。

 

最後に、この地域が世界の中で魅力ある地域になるよう、ここに住む一人として努力し続けたいと思います。皆様今後とも世嬉の一をよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございます。

 

平成29年3月11日

世嬉の一酒造株式会社 

代表取締役社長 佐藤 航



Posted by sekinoichi at 05:31

2016年11月21日(月)

熊本チャリティーイベントで学んだこと、スーパーウーマンプロジェクト

熊本の未来4

昨日、一緒に講演した代表 宮田様、副代表 田上様が始めたスーパーウーマンプロジェクトについてお伝えしたく、ブログにしました。

この活動がすばらしく、私の経営にもすごく参考になります。今回の熊本チャリティーイベントで一番の収穫が彼女たちの活動を知ったことでした。

宮田様は、シングルマザーのデザイナーです。お母様の介護とお子さんの学費など普通にしててもちょっと大変な時期に震災が起こったそうです。

震災がおこり、デザイナーの仕事がなくなり、頼る人もいなく、将来が本当に不安だと思っていたそうです。

その将来の不安をネットに書き込んだとき、すぐに共感したのが、副代表のキャリアコンサルタントの田上さん。

その後共感した人がどんどん現れ、立ち上がったのがスーパーウーマンプロジェクト。

それぞれ、自分の得意分野を活かして活動しようと起こったそうです。

「私はこれができる!何か協力できないかなぁ・・・」そんな気持ちの人たちが集まった夢のチーム!

そこでスタートしたスーパーウーマンプロジェクトは、主に3つ事業を行っているそうです。

シングルマザーの就労支援・・・これが発展して女性のためのスキルアップ教室

商品開発・・・女性目線で熊本から発信、様々な商品を開発しています。

コミュニティ事業・・・イベントやカウンセリング、など行っています。

震災を期にこの活動が発展すればと願います。そして世嬉の一も応援したいと思います。

というのは東北もシングルマザーが多く、みな一様に子どものためにがんばっています。

当社にも同様の境遇のスタッフが少なからずおります。

私なんか、家庭を顧みず仕事に没頭できるのに・・・・両方を一生懸命イキイキ行っているって心底尊敬しています。

そして、子どもたちのためにもお母さんがイキイキがんばる場作りって必要なのではないかと思います。

また、私たち世嬉の一でも取り入れねばと思うのが、スタッフの得意分野を伸ばす事業展開です。

スーパーウーマンプロジェクトは「私はこれが得意!」「私がこれができる」が集まり、事業が出来上がります。

だから一人一人がイキイキしていくのだろうと思いま。

先日のチャリティーイベントでも宮田さん、田上さん、他のスタッフの方もワークショップに参加していましたが、みな顔がイキイキし、さらに美しく見えました。(この表現でいいのでしょうか?)

うちのスタッフも得意分野になるとさらにイキイキした顔になります。美しい表情になります。

チャレンジしてても大変だけど楽しそうな表情になります。

きっとスーパーウーマンプロジェクトってそんな人達だらけだろうなぁと宮田さんと話していたら想像できました。

イキイキしたスタッフのいる会社・・・これが私の目標ですので、スーパーウーマンプロジェクトが一つのモデルになると思いました。

スーパーウーマンプロジェクト - コピー

代表の宮田幸子様

熊本文化財 (3)

副代表の田上寛美様

スーパーウーマンプロジェクトは震災前より素敵な熊本へ・・・というキャッチフレーズで活動しているようです。

下記にサイトがあるので、ぜひご覧ください!

http://s-woman-kumamoto.com/

当社として何ができるかわかりませんが、これからもスーパーウーマンプロジェクトに協力できればと思います。

世嬉の一はスーパーウーマンプロジェクトに教えていただき元気に営業中です!

この出会いに感謝です。

———— P R —————
 

アルコール度数14%国内最大アルコールのビール
バーレーワイン(麦のワイン)

現在予約受付中!600本限定

BARLEYbana2

BARLEY bana

ご注文はこちら

xmas_img_2014

限定300本欧風聖夜麦酒(クリスマスビール)予約開始しました!

こちら

■■■■■■■イベントのお知らせ■■■■■■

11月25日~26日 池袋サンシャイン

nippon

ニッポン全国物産展に参加します。



Posted by sekinoichi at 03:21