世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2020年03月01日(日)

今日も良い天気の世嬉の一。TheBrewersの2号店のプレオープン中。

天気の良い世嬉の一です。写真アプリってすごいですね。私は子供の時から絵を描くのが好きですが、このようにAIで書かれるとちょっとびっくり。

こちらが元の画像。朝からいい天気で温かくてびっくりです。

さて、世嬉の一内のカフェ徳蔵をThe Brewers の2号店に改装しました。
現在、プレオープン中です。働き方改革の一環とスタッフ達と新しい店を創りました。こちらが軌道に乗れば、レストランで11時~21時までずっと運営をしていたのを、14時~17時はカフェで対応し、きちんと休める会社になります。

また、常に厨房だけで、お客様と接する機会がないスタッフもカフェですと厨房とホール一体なので、お客様の顔を見ることができてより接客力、商品開発力に力が入ります。

ランチ時間は、お餅やはっとの郷土料理ではなく、はっとを工夫したグローカル料理「はっとのラテゥーユ」や「平泉カレー」を食べたい方はこちらも利用できます。

それで4月まで、レストランスタッフもトレーニングを兼ねて、2か月間もプレオープンをすることにしました。

元帳場だった、このスペースは天井が高く、床は大理石の砥ぎ出しになっています。机椅子も古いものを引っ張り出して使っています。

カウンターテーブルは、うちの相談役が昔購入した古い家の部材。玄関の框(かまち)をテーブルにしました。大きな家だったのですね。

この框をきれいに砥いで漆を地元の近江銘木様にやっていただきました。近江さんはこの作業した後、漆にかぶれてしまって申し訳なかったです。

自慢のビールサーバーは、タップが一つだけこけしになっています。常時8種類の樽生クラフトビール「いわて蔵ビール」を楽しめます。

音楽は地元東山の方が手作りの波動スピーカーと真空管アンプで聞いてもらいます。

ソファー席もありますよ。

スタッフ達も新しい環境で働くことに意欲を見せてくれます。

現在、The Brewers Hiraizumiスタッフが交代で来て、本社のスタッフに指導しています。そのため、毎日はオープンしていませんが、実践しながら調整をしています。4月には本格オープン。
世嬉の一は、世の中が暗く不安がっていても、空気も綺麗で、素敵な生活を過ごしています。(※醸造会社だから、消毒用アルコールはしっかりあるし、一関は人口密度低いし、あまり気になっていないからかもしれません・・・)

今日も世嬉の一は、新たな挑戦で、明るい未来に向かって元気に営業中です。

——PR——-



桜嵐IPA(桜の香りのビール)只今予約受付中
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/SakuraBeer

詳細はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/tohokusoulbeer

https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd486


https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd489

シードルはこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd495

有機無農薬米のお酒はこちら
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/Februry/gd491

バーレーワインの販売開始しました。
https://www.sekinoichi.com/fs/sekinoichi/c/BEAREYWINE





Posted by sekinoichi at 11:13