もちつき体験

一関はもちの町

一ノ関はもちの町、昔はどの家でもうすと杵を持っていました。杵も千本杵(せんぼんぎね)といって、写真にあるような(兎が餅をつくような)杵を使います。子供用の杵もあるので子供会や地区のイベントなどでも人気のイベントです。もちを搗いた後は、5種の餅ダレと共に食べてください。(要予約)

料金 1升餅搗き(約100個餅+5種の餅ダレ)10,000円
2升餅(約200個+5種の餅ダレ)18,000円
所要時間  
内容  

>体験・見学のご予約はこちらから