世嬉の一酒造

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2018年08月10日(金)

ニュージーランド3日目~BEERVANA1日目~

ニュージーランド3日目、朝から大使館のお迎えでBEERVANAに参加しています。

スタジアムの外では、朝から晩まで木材輸出の積み込みときれいな海が広がっています。

それほど寒くないニュージーランドも3日目になりました。

今日からクラフトビール最大のイベントBEERVANAのスタートです。

このイベントは、4000人分のチケットを計4クール販売しているそうです。

準備をしていると・・・・

 

スタート10分前にはすごい人だかりが・・・

写真は1クール目で比較的人が少ないそうですが・・・

スタートしたら、ビールのサービング・・・・

当社は、JapaneseHerbAle山椒、桜嵐IPA、たかたのゆめを持ってきました。

3種類ともユニークビール(ニュージーランドみはないフレーバーだ・・・)とサービングスタッフが忙しそう。

僕は一人一人にビールの説明に追われるという感じでした。

当社は基本的に競争しない、オンリーワンで挑戦するという考えなので、ニュージーランドの人々にもビールの評判はいいようです。

とにかくも人が多く時間の長いイベントです。

第一クールは朝10時半から16時まで

第二クールは5時半~23時まで・・・

長い・・・ビール持つかなぁ・・・足りなさそう。

様々な人に桜の説明、山椒の説明、柚子とコメの説明など結構面白いですね~

途中でこんなイベントもありました。

ニュージーランド人で日本で太鼓にはまってしまい、太鼓のチームをつくったそうです。

「鳴神」というそうです。いくつかは日本の太鼓だそうですが、いくつかはワイン樽を加工してつくったそうです。

迫力の太鼓演奏でした。

そのほか仮装している人、演奏する人、まぁすごいお祭りです。

海外にいくと個性を発揮しないと埋もれてしまうなぁとよく感じますが、このイベントもそうでした。

実は今、ボランティアさんにうちのブースを任せ、ブログ書いています。

彼らは何時間おきに交代ですが、私たちはずーっと夜23時までなのでちょっと休憩。

いや南の国ちすごいイベントがあるのだなぁと感心しました。

ただ、確かに私たちのビールがニュージーランドでも受け入れられるという確信は持てました。

今日も世嬉の一は、「世の人々がうれしくなる一番の酒造りを目指して」元気に営業中です!

おまけ

今回ニュージーランドに呼ばれたのは、来年ワールドラグビーが日本であるからです。

大使館でこんなPRもしていました。

面白いですね~

さらに、ごみ箱にびっくりしました。

でかいでしょう!日本の女の子だったら、ごみ入れに届かないと思いました。

 



Posted by sekinoichi at 05:26